日記

きれいなコードを書きたくて「リーダブルコード」を読んでみることにした

ソフトウェアエンジニアの端くれをしている以上、できる限りきれいなソースコードを書きたいものです。

もちろん、「きれいなコードが書ける = 優れたエンジニア」というわけではありません。でも、包丁さばきの下手な料理人はいないし、ボールの投げ方を知らないプロ野球選手はいないのと同じで、コードの書き方を知らないソフトウェアエンジニアはダメなんじゃないかと思うわけです。

readable-code

というわけで、社内でもおすすめされることが多かった「リーダブルコード」という本を買ってみました。

この本は「良いソースコードとは?」という点に絞って書かれた参考書です。ある特定の言語に特化した話でもないので、何かしらのコードを書いている人には、多かれ少なかれ参考になるのではないかと思います。

まだ読みはじめたばかりですが、これでちょっとは良いコードが書けるようになればイイなぁ(・∀・)

-日記