Linux

Docker + Growiでイントラ向けWikiを立ち上げる

チーム開発をしていくうえで、課題の1つになるのが情報共有です。チームの歴史が長いと経験値は溜まっていきますが、それらが情報として整理されていないとメンバー交代時などに大きなコストが発生します。

そこで、イントラ向けのナレッジベース(Wiki)を探していたところ、Growiという良さげなOSSを見つけたので、お試し環境を立ち上げてみることにしました。手元の環境はUbuntu18.04ですが、Linuxであれば大体同じような手順になると思います。

Dockerのインストール

今回はテスト環境なので、お手軽に環境を作ったり壊したりできるDockerを使います。こういうときにコンテナ技術のありがたみを感じます。

まずはDocker本体とDocker-Composeのインストールです。

$ sudo apt install docker
$ sudo apt install docker-compose

Docker-Composeというのは、複数のコンテナの連携などを簡単に行うための仕組みです。Growi公式でDocker-Compose向けの設定ファイルを用意してくれているので、その仕組みに乗っかる方が楽でオススメです。

Growiの準備

Growi本体の準備です。まずはGitHubからGrowiのリポジトリをダウンロード。

$ git clone https://github.com/weseek/growi-docker-compose.git growi

続いて、必要に応じてGrowiの設定を変えておきます。デフォルトのままコンテナを立ち上げると、

  • localhostからの接続しかできない
  • ローカルのファイルシステムに対するファイルアップロードができない

などの制約があるので、これらを解除しておきます。編集するのはdocker-compose.ymlというファイルになります。

$ cd growi
$ vi docker-compose.yml

接続ポートの変更

デフォルトのポート設定はlocalhost(127.0.0.1)の3000番になっているため、他PCからのアクセスが受け付けられません。そこで、localhostの指定を削除します。もしポート番号も変えたければ一緒に変えておきます。

ports:
-         - 127.0.0.1:3000:3000 # localhost only by default
+        - 3000:3000 # localhost only by default

ファイルアップロード先をローカルにする

続いて、ファイルアップロードの設定です。デフォルトではAWS(S3準拠のサーバー)にアップロードするようになっていますが、イントラ環境だとローカルのファイルシステムに保存したくなります。ここは「FILE_UPLOAD=local」のコメントを外してあげればOK。

-        # - FILE_UPLOAD=local # activate this line if you use local storage of server rather than AWS
+       - FILE_UPLOAD=local # activate this line if you use local storage of server rather than AWS

データをホスト環境に置くようにする

お試しで動かすだけならこの設定は不要ですが、実運用も考えるとデータの永続化も必要になります。デフォルトでは、データ置き場にDocker内のVolumeコンテナをマウントしていますが、これをホスト環境の場所に置き換えます。(これでよいのかな…?)

置き換えたいVolumeは、growi_data・mongo_configdb・mongo_db・es_dataの4つです。それぞれ適当な場所を指定してあげましょう。以下はGrowi本体のデータの例です。

-        - growi_data:/data
+       - /home/corgi0901/workspace/growi/data/growi_data:/data

コンテナを立ち上げる

最後にコンテナを起動します。こちらもコマンド1つ叩くだけです。コンテナ技術の便利さにあらためて感動します。

$ sudo docker-compose up -d

Dockerのコンテナを確認し、以下の3つが立ち上がっていればOKです。

あとはブラウザでサーバーの3000番ポートにアクセスし、Growiのトップ画面が出てくればOKです。(以下のキャプチャは初期設定を済ませた後のものです)

これで無事にお試し環境を立ち上げることができました。少し触ってみた感じでは、Wikiとしての完成度はとても高いように感じます。これなら本運用しても良いかも(・∀・)

直に立ち上げるとなかなかに面倒でも、Dockerを使うと簡単に立ち上げることができるので、興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。

ではでは

関連記事

C++ 自作物

2020/8/4

言語処理系をつくろう(第4回):括弧付き計算と単項演算子

自作の言語処理系開発日記の第4回です。前回までで乗除算を実装できたので、この調子でもう少し複雑な計算に対応したいと思います。今回はそれぞれの実装が少ないので、一気に2つのステップを進めます。 目次括弧を含む計算生成規則をいじる単項演算子(+と-)生成規則をいじる 括弧を含む計算 これまでの実装では、乗除算は必ず加減算に先立って実行されます。しかし、それでは不十分なので、括弧を含む計算(例:(1+2)*3)を実行できるようにします。 生成規則をいじる 今回も構文解析器の生成規則を修正することで、括弧付きの計 ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/4

言語処理系をつくろう(第3回):乗除算を実装する

自作の言語処理系開発日記の第3回です。前回は加減算を実装したので、今回は乗除算の実装にチャレンジしていきます。 目次実装してみる構文解析器 実装してみる 今回の実装において、トークナイザ・コード生成器・実行系(仮想マシン)については加減算のときと変わりません。単純に各種定義を追加して、それを扱えるようにしてあげるだけです。 一方、構文解析器についてはちょっとややこしいので、そこだけ解説します。 構文解析器 加減算では演算の優先順位がなかったので、単純に左結合(=左から順に計算していく)で処理していけばOK ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/2

言語処理系をつくろう(第2回):加減算を実装する

自作の言語処理系開発日記の第2回です。前回は処理系全体の骨格と、数値の読み込みを実装しました。今回は次のステップとして、加減算を扱えるようにしたいと思います。 目次実装してみるトークナイザ構文解析器コード生成器+実行系(仮想マシン) 実装してみる トークナイザ 前回までのトークナイザでは数値しか扱うことができないので、「+」や「-」などの記号をトークン化できるようにします。 まずは、トークン定義を追加します。加算と減算それぞれで追加しても良いのですが、後段の構文解析で特に区別する必要がないので、演算子とい ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/2

言語処理系をつくろう(第1回):数値を読み込む

前回からはじめた自作の言語処理系開発日記の第1回目です。今回から実際のコードを書いていきたいと思います。 前回の記事でも紹介したとおり、全体の構成は以下のような感じです。 今回は、それぞれの仕組みの骨格と簡単な機能の実装を進めていくことにします。 目次今回の目標実装してみるトークナイザ構文解析器コード生成器仮想マシン(実行系)実装コード全体 今回の目標 はじめの1歩として実装するのは、数値の読み込みです。1つの数字を読み込んでそれを実行結果とするだけの機能を実装します。機能としてはシンプルですが、中身自体 ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/1

言語処理系をつくろう(第0回):イントロ編

今回から連載企画として、自作の言語処理系の開発日記を書いていこうと思います。 以前、プログラミング言語もどきとして「particle」というものを作ったのですが、進めていく内に手詰まりになって頓挫してしまいました。 しかし、最近「低レイヤを知りたい人のためのCコンパイラ作成入門」というオンラインブックを見て「作りたい欲」が高まってきたので、あらためて挑戦してみることにしました。 開発過程のコードはGithubでオープンにしていくつもりです。モチベーション維持のためにも、その詳細をこのブログで紹介しながら進 ...

この記事を読む

-Linux

© 2020 Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~