Linux

Docker + Growiでイントラ向けWikiを立ち上げる

チーム開発をしていくうえで、課題の1つになるのが情報共有です。チームの歴史が長いと経験値は溜まっていきますが、それらが情報として整理されていないとメンバー交代時などに大きなコストが発生します。

そこで、イントラ向けのナレッジベース(Wiki)を探していたところ、Growiという良さげなOSSを見つけたので、お試し環境を立ち上げてみることにしました。手元の環境はUbuntu18.04ですが、Linuxであれば大体同じような手順になると思います。

Dockerのインストール

今回はテスト環境なので、お手軽に環境を作ったり壊したりできるDockerを使います。こういうときにコンテナ技術のありがたみを感じます。

まずはDocker本体とDocker-Composeのインストールです。

$ sudo apt install docker
$ sudo apt install docker-compose

Docker-Composeというのは、複数のコンテナの連携などを簡単に行うための仕組みです。Growi公式でDocker-Compose向けの設定ファイルを用意してくれているので、その仕組みに乗っかる方が楽でオススメです。

Growiの準備

Growi本体の準備です。まずはGitHubからGrowiのリポジトリをダウンロード。

$ git clone https://github.com/weseek/growi-docker-compose.git growi

続いて、必要に応じてGrowiの設定を変えておきます。デフォルトのままコンテナを立ち上げると、

  • localhostからの接続しかできない
  • ローカルのファイルシステムに対するファイルアップロードができない

などの制約があるので、これらを解除しておきます。編集するのはdocker-compose.ymlというファイルになります。

$ cd growi
$ vi docker-compose.yml

接続ポートの変更

デフォルトのポート設定はlocalhost(127.0.0.1)の3000番になっているため、他PCからのアクセスが受け付けられません。そこで、localhostの指定を削除します。もしポート番号も変えたければ一緒に変えておきます。

ports:
-         - 127.0.0.1:3000:3000 # localhost only by default
+        - 3000:3000 # localhost only by default

ファイルアップロード先をローカルにする

続いて、ファイルアップロードの設定です。デフォルトではAWS(S3準拠のサーバー)にアップロードするようになっていますが、イントラ環境だとローカルのファイルシステムに保存したくなります。ここは「FILE_UPLOAD=local」のコメントを外してあげればOK。

-        # - FILE_UPLOAD=local # activate this line if you use local storage of server rather than AWS
+       - FILE_UPLOAD=local # activate this line if you use local storage of server rather than AWS

データをホスト環境に置くようにする

お試しで動かすだけならこの設定は不要ですが、実運用も考えるとデータの永続化も必要になります。デフォルトでは、データ置き場にDocker内のVolumeコンテナをマウントしていますが、これをホスト環境の場所に置き換えます。(これでよいのかな…?)

置き換えたいVolumeは、growi_data・mongo_configdb・mongo_db・es_dataの4つです。それぞれ適当な場所を指定してあげましょう。以下はGrowi本体のデータの例です。

-        - growi_data:/data
+       - /home/corgi0901/workspace/growi/data/growi_data:/data

コンテナを立ち上げる

最後にコンテナを起動します。こちらもコマンド1つ叩くだけです。コンテナ技術の便利さにあらためて感動します。

$ sudo docker-compose up -d

Dockerのコンテナを確認し、以下の3つが立ち上がっていればOKです。

あとはブラウザでサーバーの3000番ポートにアクセスし、Growiのトップ画面が出てくればOKです。(以下のキャプチャは初期設定を済ませた後のものです)

これで無事にお試し環境を立ち上げることができました。少し触ってみた感じでは、Wikiとしての完成度はとても高いように感じます。これなら本運用しても良いかも(・∀・)

直に立ち上げるとなかなかに面倒でも、Dockerを使うと簡単に立ち上げることができるので、興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。

ではでは

関連記事

Linux

2019/10/6

Docker + Growiでイントラ向けWikiを立ち上げる

チーム開発をしていくうえで、課題の1つになるのが情報共有です。チームの歴史が長いと経験値は溜まっていきますが、それらが情報として整理されていないとメンバー交代時などに大きなコストが発生します。 そこで、イントラ向けのナレッジベース(Wiki)を探していたところ、Growiという良さげなOSSを見つけたので、お試し環境を立ち上げてみることにしました。手元の環境はUbuntu18.04ですが、Linuxであれば大体同じような手順になると思います。 目次1 Dockerのインストール2 Growiの準備2.1 ...

この記事を読む

Linux

2019/8/14

カゴヤVPSで自分専用の開発環境を立ち上げてみた

どこからでもアクセスできる自分専用の開発環境が欲しい…。 そんな願いを叶えるべく、VPSのことを調べていたのですが、いままで「なんか難しそう…」と尻込みしていました。しかし、最近は値段も安くて扱いやすいVPSも増えてきたので、この機会に試してみることにしました。 ということで、今回はVPSを契約して最低限の環境を立ち上げるまでの備忘録です。 目次1 VPSについて1.1 VPSって何?1.2 カゴヤのVPSを契約してみた2 手順1:インスタンスを立ち上げる3 手順2:インスタンスにSSH接続する4 手順3 ...

この記事を読む

Windows

2019/5/5

Windows10で不要なブートエントリを削除する

Windowsのブートまわりで少しハマったので覚え書きです。 私のメインPCはWindows10とUbuntuのデュアルブートだったのですが、とある事情でUbuntuを削除しWindowsのみの構成に戻すことにしました。ちなみに、デュアルブート時の環境はこんな感じ(だったはず)。 元に戻したくなったときのことを考え、別HDD(ドライブB)にUbuntuとGRUBを入れ、GRUB経由でWindowsとUbuntuを立ち上げる形にしていました。 そのため、起動ドライブをWindowsのドライブ(ドライブA)に ...

この記事を読む

C言語 プログラミング

2018/12/25

mmapの下処理にftruncate関数を利用する

以前このブログで公開した記事の中に、C言語のmmap関数の使い方についてまとめた記事がありました。 Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~  3 shares 3 users 4 pocketsファイルの読み書きにmmapを使ってみるプログラムのループ中でファイルに何かしらのデータを書き込むとき、そのたびにwriteをしていたのではディスクへのI/Oが頻発してしまい、パフォーマンスに影響することがあります。「C言語だとそんなときはmmapを使うと良い」と ...

この記事を読む

Mac Linux

2018/12/2

Mac mini (2012) にUbuntu18.04をインストールしてみた

今年のアップデートにより、ついに旧型となってしまったMac mini(2012年モデル)。私の自宅にも箱に収められたままひっそりと眠るMac miniがありました。 約6年前のモデルと言うことで、最近のマシンから見ればスペック的に見劣りするPCになってしまいましたが、Linux機として運用するならまだまだ輝けるはず! ということで、今回はMac miniをUbuntu専用マシンとして復活させてみたので、その備忘録です。 目次1 用意するもの2 Ubuntuのインストール3 インストール後のセットアップ3. ...

この記事を読む

-Linux

Copyright© Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~ , 2019 All Rights Reserved.