Flutter

【Flutter】リリースチャンネルについて調べてみた

この記事を書いている2020/04/12時点で、FlutterのiOS実機ビルドが以下のようなエラーで通らなくなっています(´・ω・)

Building for iOS, but the linked and embedded framework 'App.framework' was built for iOS Simulator.

どうやら、最新のXcode11.4とstableチャンネルの組み合わせが原因らしく、Flutterのチャンネルを切り替えてあげればOKとのことでした。

とりあえず、stable→beta→stableとすることで回避はできましたが、チャンネル毎の違いをイマイチ理解していないので調べてみました。

チャンネルは全部で4種類

公式のドキュメントによると、リリースチャンネルは全部で以下の4種類があるようです。

  • master
  • dev
  • beta
  • stable

開発フェーズによって分かれているらしいのですが、それぞれのチャンネルは後述のような位置づけとなっています。個人的には、実際にリリースするアプリに適用するならstableかbetaが良いような気がします。

masterチャンネル

現在の最新ソースがコミットされる開発ブランチ(gitのmasterブランチ)です。上記4つのチャンネル内で一番最新の機能が取り込まれる反面、もっとも不安定ともいえるチャンネルです。

devチャンネル

masterの次フェーズに相当する最新のテスト済みブランチです。masterのビルドの内、テストを通過したものがdevへと昇格します。一定の品質は保たれているので、masterよりは安心して使えるチャンネルといえますね。

betaチャンネル

devの次フェーズに相当するブランチです。月に1回、前月で最も品質の良かったdevチャンネルのビルドがbetaチャンネルへと昇格します。月1回のリリースなので、devチャンネルよりも更新は遅いですが、品質的にはより安定したチャンネルといえます。

stableチャンネル

利用が推奨される安定版ブランチです。Flutterをインストールしたときにデフォルトで適用されるチャンネルもこのstableになります。特に理由がなければ、このチャンネルを使って開発するのが良いでしょう。ただし開発のペースは遅く、目標とされていた四半期に一度のアップデートも最近は守られていないような気がします…。

チャンネルの確認と切り替え方法

実際に適用されているチャンネルの確認とその切り替えは、それぞれコマンド1つで簡単にできます。

チャンネルの確認には以下のコマンドを実行すればOKです。

$ flutter channel

適用されているチャンネルの横に*が付いていますね。

Flutter channels:
beta
dev
master
* stable

チャンネルの切り替えもコンソールから以下のように実行すればOKです。

$ flutter channel <チャンネル名>

まとめ

本来であればstableの使用が望ましいですが、当初は四半期毎のリリースが目標となっていたstableブランチも、最近はhotfixばかりでなかなか順調に開発が進んでいない印象です。

開発する上で特に問題がなければ良いのですが、stableに取り込まれていない不具合修正もあるようです。必要に応じてbetaなどの他ブランチの使用も検討するのが良いと思います。

まだまだ発展途上のフレームワークであることは間違いないので、常に動向を見守りながらになりそうですね。

ではでは

関連記事

C++ 自作物

2020/8/11

言語処理系をつくろう(第6回):変数を実装する

自作の言語処理系開発日記、第6回です。 これまでは四則演算など、電卓レベルの機能実装に取り組んでいましたが、いよいよ変数を扱えるようにしていきたいと思います。これでかなりプログラミング言語っぽくなるかも(・∀・) 今回は新しい仕組みを入れたりと、割と修正がごちゃごちゃしてしまったので、うまくまとめきれていません。ごめんなさい…。 目次変数の実装について実装してみるトークナイザ構文解析器コード生成器実行系(仮想マシン) 変数の実装について これまでは即値しか扱っていなかったので、「値が登場すればそれをスタッ ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/10

言語処理系をつくろう(第5回):連続した式の実行

自作の言語処理系開発日記の第5回です。 前回までで括弧を含んだ四則演算ができるようになりましたが、このままでは単なる電卓止まりです。ということで、今回は複数の式を連続して実行できる仕組みを実装していきたいと思います。 目次生成規則を考える実装してみる構文解析器コード生成 生成規則を考える これまでは入力全体を1つの式として解釈していましたが、今回は式の区切りを定義して複数の式として解釈できるようにします。 C言語だと「;」や「,」が区切り文字として使われますが、開発中の言語(rook)では「,」と「\n( ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/4

言語処理系をつくろう(第4回):括弧付き計算と単項演算子

自作の言語処理系開発日記の第4回です。前回までで乗除算を実装できたので、この調子でもう少し複雑な計算に対応したいと思います。今回はそれぞれの実装が少ないので、一気に2つのステップを進めます。 目次括弧を含む計算生成規則をいじる単項演算子(+と-)生成規則をいじる 括弧を含む計算 これまでの実装では、乗除算は必ず加減算に先立って実行されます。しかし、それでは不十分なので、括弧を含む計算(例:(1+2)*3)を実行できるようにします。 生成規則をいじる 今回も構文解析器の生成規則を修正することで、括弧付きの計 ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/4

言語処理系をつくろう(第3回):乗除算を実装する

自作の言語処理系開発日記の第3回です。前回は加減算を実装したので、今回は乗除算の実装にチャレンジしていきます。 目次実装してみる構文解析器 実装してみる 今回の実装において、トークナイザ・コード生成器・実行系(仮想マシン)については加減算のときと変わりません。単純に各種定義を追加して、それを扱えるようにしてあげるだけです。 一方、構文解析器についてはちょっとややこしいので、そこだけ解説します。 構文解析器 加減算では演算の優先順位がなかったので、単純に左結合(=左から順に計算していく)で処理していけばOK ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/2

言語処理系をつくろう(第2回):加減算を実装する

自作の言語処理系開発日記の第2回です。前回は処理系全体の骨格と、数値の読み込みを実装しました。今回は次のステップとして、加減算を扱えるようにしたいと思います。 目次実装してみるトークナイザ構文解析器コード生成器+実行系(仮想マシン) 実装してみる トークナイザ 前回までのトークナイザでは数値しか扱うことができないので、「+」や「-」などの記号をトークン化できるようにします。 まずは、トークン定義を追加します。加算と減算それぞれで追加しても良いのですが、後段の構文解析で特に区別する必要がないので、演算子とい ...

この記事を読む

-Flutter

© 2020 Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~