RaspberryPi

RaspberryPi3でマイクとスピーカーを使えるようにする

RaspberryPi3で音声入出力を動かしたかったのですが、まともに動くようになるまで意外と苦労したので、その備忘録です。

今回は音声の出力/入力それぞれ以下の構成で動かせるようにします。

  • 音声出力:アナログ出力(ミニジャック)経由でスピーカーに接続
  • 音声入力:USBマイクロフォンを接続

音声入力の設定

まずは音声入力の設定をしていきます。今回はUSBマイクロフォンを使うので、「lsusb」コマンドでUSBデバイスとして認識されているかを確認します。

Bus 001 Device 004: ID 0d8c:0134 C-Media Electronics, Inc.
Bus 001 Device 003: ID 0424:ec00 Standard Microsystems Corp. SMSC9512/9514 Fast Ethernet Adapter
Bus 001 Device 002: ID 0424:9514 Standard Microsystems Corp.
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub

私の環境では4つほど表示されましたが、この内の「C-Media Electronics, Inc.」がマイクのようです。

次に、以下のコマンドを実行してALSAのデバイスの優先度を確認します。

0 snd_bcm2835
1 snd_usb_audio

どうやら、デフォルトではsnd_bcm2835(オンボードのデバイス?)が優先されているようです。今回はUSBオーディオ(snd_usb_audio)を優先させたいので、優先度の設定を変更します。

それには「/etc/modprobe.d/alsa-base.conf」を以下のように書き換えます。私の場合はこのファイル自体がそもそもなかったので、新規に作成しました。

options snd slots=snd_usb_audio,snd_bcm2835
options snd_usb_audio index=0
options snd_bcm2835 index=1

これでラズパイ本体を再起動した後、再び優先度を確認してUSBオーディオの優先度が上に来ていればOKです。

音声出力の設定

続いて音声出力です。ラズパイの音声出力には、アナログ端子経由とHDMI端子経由の2系統があるので、今回はアナログ端子経由で音声が出力されるように設定します。

コンソール上で以下のコマンドを実行し、設定画面を開きます。

設定画面中、Advanced Options > Audioと辿っていけば、音声出力の設定が現れます。ここで、以下のように「Force 3.5mm ('headphone') jack」を選択すればアナログ端子から出力されるようになります。

また、上記の方法の代わりに以下のコマンドでも設定変更が可能です。

ALSAの内部設定ファイルの作成

最後に、ALSAの内部設定ファイルを作成する必要があるのですが、事前にデバイスのカード番号とデバイス番号を確認しておきます。それぞれ、音声入力は「arecord -l」、出力は「aplay -l」で確認できます。

まずは音声入力。USBオーディオの割り当てはカード0/デバイス0のようです。

**** List of CAPTURE Hardware Devices ****
card 0: Device [USB PnP Audio Device], device 0: USB Audio [USB Audio]
Subdevices: 1/1
Subdevice #0: subdevice #0

続いて音声出力。アナログ端子の割り当てはカード1/デバイス0のようです。

**** List of PLAYBACK Hardware Devices ****
card 1: ALSA [bcm2835 ALSA], device 0: bcm2835 ALSA [bcm2835 ALSA]
Subdevices: 8/8
Subdevice #0: subdevice #0
Subdevice #1: subdevice #1
Subdevice #2: subdevice #2
Subdevice #3: subdevice #3
Subdevice #4: subdevice #4
Subdevice #5: subdevice #5
Subdevice #6: subdevice #6
Subdevice #7: subdevice #7
card 1: ALSA [bcm2835 ALSA], device 1: bcm2835 ALSA [bcm2835 IEC958/HDMI]
Subdevices: 1/1
Subdevice #0: subdevice #0

カード番号とデバイス番号の確認ができたら、ホームディレクトリ直下に「.asoundrc」の名前でファイルを作ります。

ファイルの中身はこんな感じ。hwの後ろに続く数字は先ほど調べたカード番号とデバイス番号です。ちなみに「pcm.mic」が音声入力、「pcm.speaker」が音声出力になります。

動作確認

最後に、音声入出力の動作確認をします。ラズパイには音声の録音/再生コマンドが用意されているので、それらを実行してみます。

まずは録音。arecordコマンドでマイクから入力された音声をファイルに保存します。

録音ファイルができたら、aplayコマンドでファイルを再生します。これでスピーカーから音声が流れればOKです。

もし再生される音声が小さい場合は、「alsamixer」コマンドで入出力レベルの設定を変更してあげればOKです。私の環境の場合、デフォルトでは小さすぎたので、各レベルを最大にしました。

まとめ

ALSA周りで色々と設定が必要ではありましたが、なんとか動かすことができました。ラズパイで音声を扱えるようになるとIoTデバイスとしての使い道も広がるので面白いですね。

私はある目的のために音声入出力を動かしてみたのですが、それはまた別の記事でご紹介したいと思います(・∀・)

ではではノシ

広告の表示がブロックされています。
広告の表示がブロックされています。

関連記事

C++ 自作物

2020/8/14

言語処理系をつくろう(第7回):比較演算子を実装する

自作の言語処理系開発日記の第7回です。前回までで変数の実装が終わったので、ここからはいよいよ制御構文を実装…と思ったのですが、制御のためには比較演算子を実装する必要がありました。 ということで、今回は比較演算子を実装していきます。基本的には四則演算と変わりないのであまり難しくはありません。 目次1 比較演算子の仕様2 実装してみる2.1 トークナイザ2.2 構文解析器2.3 コード生成器2.4 実行系(仮想マシン) 比較演算子の仕様 比較演算子を実装する前に、その仕様について少し考えておきます。 比較演算 ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/14

言語処理系をつくろう(第6回):変数を実装する

自作の言語処理系開発日記、第6回です。 これまでは四則演算など、電卓レベルの機能実装に取り組んでいましたが、いよいよ変数を扱えるようにしていきたいと思います。これでかなりプログラミング言語っぽくなるかも(・∀・) 今回は新しい仕組みを入れたりと、割と修正がごちゃごちゃしてしまったので、うまくまとめきれていません。ごめんなさい…。 目次1 変数の実装について2 実装してみる2.1 トークナイザ2.2 構文解析器2.3 コード生成器2.4 実行系(仮想マシン) 変数の実装について これまでは即値しか扱っていな ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/14

言語処理系をつくろう(第5回):連続した式の実行

自作の言語処理系開発日記の第5回です。 前回までで括弧を含んだ四則演算ができるようになりましたが、このままでは単なる電卓止まりです。ということで、今回は複数の式を連続して実行できる仕組みを実装していきたいと思います。 目次1 生成規則を考える2 実装してみる2.1 構文解析器2.2 コード生成 生成規則を考える これまでは入力全体を1つの式として解釈していましたが、今回は式の区切りを定義して複数の式として解釈できるようにします。 C言語だと「;」や「,」が区切り文字として使われますが、開発中の言語(roo ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/14

言語処理系をつくろう(第4回):括弧付き計算と単項演算子

自作の言語処理系開発日記の第4回です。前回までで乗除算を実装できたので、この調子でもう少し複雑な計算に対応したいと思います。今回はそれぞれの実装が少ないので、一気に2つのステップを進めます。 目次1 括弧を含む計算1.1 生成規則をいじる2 単項演算子(+と-)2.1 生成規則をいじる 括弧を含む計算 これまでの実装では、乗除算は必ず加減算に先立って実行されます。しかし、それでは不十分なので、括弧を含む計算(例:(1+2)*3)を実行できるようにします。 生成規則をいじる 今回も構文解析器の生成規則を修正 ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/14

言語処理系をつくろう(第3回):乗除算を実装する

自作の言語処理系開発日記の第3回です。前回は加減算を実装したので、今回は乗除算の実装にチャレンジしていきます。 目次1 実装してみる1.1 構文解析器 実装してみる 今回の実装において、トークナイザ・コード生成器・実行系(仮想マシン)については加減算のときと変わりません。単純に各種定義を追加して、それを扱えるようにしてあげるだけです。 一方、構文解析器についてはちょっとややこしいので、そこだけ解説します。 構文解析器 加減算では演算の優先順位がなかったので、単純に左結合(=左から順に計算していく)で処理し ...

この記事を読む

-RaspberryPi

© 2020 Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~