日記

「【まつもとゆきひろ氏特別講演】若手エンジニアの生存戦略」に参加してきました

先日、株式会社サポーターズさん主催で開催された「【まつもとゆきひろ氏特別講演】若手エンジニアの生存戦略」に聴講者として参加してきました。

今後のキャリアに漠然とした不安があったのに加え、エンジニアとして雲の上の存在であるMatzさんに会えるということで「これは行くしかない!」という思いからの参加でした。

Matzさんからは色々なお話がありましたが、その中でも印象に残った話を備忘録として残したいと思います。ここに書く内容はMatzさんのお話を私なりに解釈したものなので、Matzさんの意図していることが正しく汲み取れているかは分かりません。あくまでも、私はこう思ったという話です。

「理不尽」からは逃げてもいい

最初に印象に残った話は「理不尽」に対するお話です。

日本全体に「我慢することが美徳である」という思い込みがあり、そのせいで「目的のない我慢」が蔓延している。目的のない我慢は「理不尽」として自分を苦しめるだけなので、そんな理不尽からは逃げても良いというお話でした。

私自身も大学時代の経験として、理不尽に耐えかねて所属していた組織からリタイアしたことがあるので、この話にはとても共感できました。

そのときは、自分の中でどうにも納得できないことがあり、理由を聞いても「これまでずっとそうだったから」という返事しかもらえず、それを我慢することに価値があるという空気を感じたので、私には合わないと思い離れることにしました。

しかし、いざ離れてみると「私の判断は正しかったのか?」という思いがずっと消えずにモヤモヤしていましたが、今回のMatzさんのお話しを聴いて「あれはあれで判断としては良かったのかもしれない」と思うようになりました。

「目的のない我慢」は徹底して排除していきたいですね。

とりあえずアウトプットしてみる

次に印象に残ったのは、エンジニアとして生き残っていくためにはインプットだけでなくアウトプットも重要だが、「アウトプットする」という行為は意外と難しいというお話しでした。

いざアウトプットを出そうとしても、「こんなものを出したら叩かれるのでは…」「誰も相手にしてくれないに決まってる」という「思い込み」=「心理的な障壁」があり邪魔をする。そんな思い込みは捨てて、とりあえずアウトプットしてみようという趣旨でした。

アウトプットを継続していけば、あとは人間の持つ可塑性がどうにかしてくれるから大丈夫ということで、しがないブログを書いている身としてはありがたいお話でした。

私自身、物事を少し考えすぎるクセがあるので、もっと気軽にアウトプットしてみようと思えるようになりました。

まとめ

今回のMatzさんのお話しでは「思い込み」というフレーズが多く出てきました。

人は思い込みによって自ら行動やの選択肢を狭めてしまい、そのせいで本来しなくて良い苦労や我慢をしていることが多い。だからこそ、その思い込みを自覚し対処することで、エンジニアとして生き残っていくための道を切り開くことができる、ということだと思います。

考えてみれば私自身、思い込みに縛られて行動していることが多くあるような気がしています。これからは思い込みの気配に敏感になりながら、エンジニアとして思い込みに縛られない生き方をしていきたいものです。

ではではノシ

関連記事

Linux

2020/3/28

SSHで公開鍵認証を設定する方法

これまでに何度かLinuxでサーバーを立てて遊んだりしていますが、毎回忘れてしまうのがSSHの公開鍵認証の設定方法です。一度設定してしまえば頻繁に触るものでもないので、ついつい忘却の彼方へ消えてしまいます(´・ω・`) この先、毎回調べなおすのも面倒なので、これを機に手順をまとめておくことにしました。ちなみに、サーバー(接続される側)がLinuxの想定です。 目次手順1:クライアント側で鍵ペアを作る手順2:サーバーに公開鍵を設定する手順3:SSHサーバーの設定 手順1:クライアント側で鍵ペアを作る まずは ...

この記事を読む

Flutter

2020/3/10

【Flutter】FutureBuilderで非同期にWidgetを生成する

ここ最近、Flutterでアプリを作ってきてある程度の知識がたまってきたので、徐々にこちらでもアウトプットしていこうと思います。 アプリの機能が複雑になってくると、外部との通信や重たい処理の終了を待ってからWidgetを生成したいときがあります。そんなときはFutureBuilderという仕組みを使うと簡単に非同期でWidgetが生成できます。 目次FutureBuilderの使い方builderについて非同期処理の状態を見る非同期処理の結果を取り出すまとめ参考 FutureBuilderの使い方 Fut ...

この記事を読む

日記 自作物

2020/3/7

FlutterでToDoアプリをつくってみた

最近、Flutterを使ったモバイルアプリの開発にハマっているのですが、前回このブログでも紹介した「SaltyStock」というアプリに続き、新しいアプリをリリースしました(・∀・) App Store‎CotoMemo‎CotoMemoはタブ型のToDoアプリです。仕事からプライベートまで、日々のやるべきこと(Coto)を気軽にメモ(Memo)する感覚で整理することができます。【主な機能】・タブによるタスク管理タブ毎にタスク整理ができるので、このアプリ1つで仕事もプライベートもあら... リリースしたの ...

この記事を読む

日記 自作物

2019/12/22

FlutterでiOS/Androidアプリを作ってみた

2019年の密かな目標の1つとして「スマホアプリを作ってリリースする」というのを掲げていたのですが、なんとか年内に達成することができました(・∀・) どうせ作るならiOS/Android両対応がいい!ということで、FlutterというGoogle製のフレームワークを使いました。開発したのは「SaltyStock」というアプリです。長期保有して塩漬け状態になっている株式銘柄を管理するというかなりニッチなアプリです笑。 「個人的にこういうのあったらいいな」というものを作ることができたので、概ね満足です。もし興 ...

この記事を読む

Linux

2020/3/10

Docker + Growiでイントラ向けWikiを立ち上げる

チーム開発をしていくうえで、課題の1つになるのが情報共有です。チームの歴史が長いと経験値は溜まっていきますが、それらが情報として整理されていないとメンバー交代時などに大きなコストが発生します。 そこで、イントラ向けのナレッジベース(Wiki)を探していたところ、Growiという良さげなOSSを見つけたので、お試し環境を立ち上げてみることにしました。手元の環境はUbuntu18.04ですが、Linuxであれば大体同じような手順になると思います。 目次DockerのインストールGrowiの準備接続ポートの変更 ...

この記事を読む

-日記

Copyright© Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~ , 2020 All Rights Reserved.