C言語 Linux

vimユーザー向けGDBフロントエンド「CGDB」が便利だった

C言語のprintfデバッグから卒業しようと思い、本格的にデバッグツールの使い方を勉強し始めました。デバッグツールと言えばGDBが代表的ですが、GDBそのままではソース中の実行箇所がわかりにくく、なんか使いにくい…。

ということで、何か良いフロントエンドはないものかと探してみたところ、「CGDB」なるフロントエンドを見つけたので使ってみることにしました。

CGDBをインストール

CGDBのインストール自体は、yumとかapt-getなどのパッケージ管理ツールを使えば簡単です。CentOSの場合、yumを使って以下のコマンドでインストールできます。

# yum install -y cgdb

使ってみる

起動する

CGDBを使ってデバッグするときには、cgdbの引数として実行ファイルを指定します。もちろん、実行ファイルには「-g」を付けてデバッグ情報を埋め込んでおきましょう。

$ cgdb <実行ファイル名>

起動すると以下のように、上半分にソースコード、下半分にGDBのコマンド入力画面が表示されます。以降、上下の画面を行ったり来たりしながらデバッグ作業を進めていきます。

vimライクな操作が快適

CGDBの便利なところは、ソースコードを見ながらvimライクなコマンド体系でデバッグができる点です。例えば、上下の画面の移動は「ESC」と「i」、vimでいうところの入力モード切替と同じ操作で可能です。

ソースコード画面では「カーソル移動」や「文字列の検索」など、vimと同じコマンドを使ってソースを探索できます。また、スペースキーを押すと、カーソル位置でブレークポイントをON/OFFしてくれるので、GDBのコマンドよりもサクサクと設定できて便利です。

ブレークポイントの設定ができたら、GDBコマンドの画面に戻って「run」を叩けばプログラムが実行されます。ブレークポイントにかかったときはソースコード画面でもその箇所を表示してくれるので、どの箇所が実行されているのか視覚的に把握できるのでデバッグも捗ります。

もちろん、GDBのコマンドもそのまま使えるので、変数の表示やセットも可能です。

まとめ

GDBのフロントエンドとしては「DDD」なども有名ですが、あちらはGUI環境が前提となっているので、CUI派の私としてはちょっと不満がありました。

その点、CGDBはCUI環境でも問題なく動作しますし、何よりvimライクな操作ができることが便利でした。GDBのために思わずemacsに乗り換えようとするところでしたが、まだまだvimユーザーとしてやっていけそうです笑。

あとはちゃんとGDBのコマンド覚えなきゃですが、それについては近いうちにWikiにまとめようと思います。

ではではノシ

関連記事

日記 自作物

2020/5/14

GitHubのコントリビューション数をグラフ化してみた

先日、ブログのトップページにGitHubの草を表示してみたという記事をあげました。 Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~ブログ内にGithubの草を生やしてみた今回はちょっとした小ネタです。お気づきの方もいるかもしれませんが、PC限定でブログのページ上部にGithubのコントリビューションを表示してみました。俗にいう「草を生やす」というやつです。特に深い意図はありませんが、これがあるだけでぐっと技術系ブログ色が... GitHubの草(コントリビューション)は日々の活動が可視化されるので、個 ...

この記事を読む

RaspberryPi

2020/5/6

Raspberry Pi4上のUbuntu ServerでCPUクロックを制限する方法

Raspberry Pi4は消費電力が大きく発熱がちょっと心配です。そのため、用途によっては意図的にCPUの動作クロックを絞って消費電力と発熱を抑えるという運用もアリかと思います。 CPUクロックの設定方法の多くはRaspbianを例に挙げていますが、Ubuntu Serverでも同じ方法で設定できたので、備忘録として残しておきたいと思います。 動作環境は、 ・Raspberry Pi4本体:モデルB(メモリ4GB) ・OS:Ubuntu Server 20.04 です。 目次CPU状態のチェッククロック ...

この記事を読む

RaspberryPi Linux

2020/5/2

RaspberryPi4でUbuntu Server 20.04を動かしてみた

新しい遊び道具として、RaspberryPi4(ModelB 4GBメモリ)を買いました。 前モデルと比べて大幅に性能アップしているということで、学習用のLinux環境としても実用的なものになりそうです。ということで、今回はRaspbian(ラズパイの標準OS)ではなく、Ubuntu Serverをインストールして使ってみたいと思います(・∀・) 目次OSイメージのダウンロードSDカードにイメージを書き込む初期起動+設定固定IPアドレスを設定する OSイメージのダウンロード まずはUbuntu Serve ...

この記事を読む

日記

2020/5/14

ブログ内にGithubの草を生やしてみた

今回はちょっとした小ネタです。 お気づきの方もいるかもしれませんが、PC限定でブログのページ上部にGithubのコントリビューションを表示してみました。俗にいう「草を生やす」というやつです。 特に深い意図はありませんが、これがあるだけでぐっと技術系ブログ色が強まるので、遊び半分で組み込んでみました。そこまで難しくないので、その方法を紹介しようと思います。 目次生やすだけなら簡単ちょっとひと工夫画像の取得はwget+Cronであとはブログ内に貼るだけ後日談:自分でグラフをつくってみました 生やすだけなら簡単 ...

この記事を読む

Flutter

2020/4/12

【Flutter】リリースチャンネルについて調べてみた

この記事を書いている2020/04/12時点で、FlutterのiOS実機ビルドが以下のようなエラーで通らなくなっています(´・ω・) Building for iOS, but the linked and embedded framework 'App.framework' was built for iOS Simulator. どうやら、最新のXcode11.4とstableチャンネルの組み合わせが原因らしく、Flutterのチャンネルを切り替えてあげればOKとのことでした。 とりあえず、stab ...

この記事を読む

-C言語, Linux

© 2020 Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~