日記

ブログ内にPukiWikiを設置してみた

元々、個人的な備忘録としてはじめたこのブログですが、ブログ形式だと過去の投稿が流れてしまうので、どうにも検索性が悪いと感じていました。

やはり備忘録的な内容はブログよりもWikiにまとめた方が良さそうということで、ドメイン内にPukiWikiを設置してみることにしました。PukiWikiはPHPで動作するWikiでデータベースとの接続を必要としないので、導入の敷居も低そうです。

設置準備

PukiWiki本体をダウンロード

まずは、公式ページからPukiwiki一式をダウンロードします。この記事を書いている時点では1.5.1が最新版のようです。

設定ファイルの編集

ダウンロードしたファイルを解凍したら、PukiWikiの設定ファイルである「pukiwiki.ini.php」を編集します。ここで編集したのは以下の項目です。これらの編集は後でもできるので、必須ではありません。

  • 122行目:modifierを管理者の名前(自分)に変更
  • 125行目:modifierlinkをここのサイト名に変更

設置してみる

サーバーにアップロード+権限変更

サーバーにPukiWiki本体を転送します。レンタルサーバーをお使いの場合は、FTPを使って簡単に転送できると思います。FFFTPなどのクライアントがあればもっと楽です。

今回は「corgi-lab.com」のドメインで運用したいので、同ドメインの「public_html」下に転送すればOKでした。

転送が済んだら、転送したファイルの権限を確認しておきます。ここで適切な権限を設定しないと、正しく表示されなかったり、セキュリティ的に危なくなったりします。推奨される権限はPukiWikiのインストールページにまとめられているので、それらに合わせます。

表示確認

設置ができたら、正しくPukiWikiが表示されるかを確認します。今回は同ドメイン内での設置なので、以下のURLでアクセスできれば成功です。

https://corgi-lab.com/pukiwiki

恐る恐る表示してみると...


無事に表示されました!これでWiki自体のセットアップは完了です(・∀・)
ちなみに、上の画像は少し改造した後のもので、初期状態のものではありません。初期画面のスクショを撮り忘れました...。

アクセス権を設定する

Wikiの設置は完了しましたが、この状態では誰もが好き勝手に編集し放題です。あくまでも私個人の備忘録をまとめておくページにしたいので、権限の設定をします。

今回は、以下のような方針でアクセス権を設定します。

  • 閲覧/検索:全ページで誰でも可能
  • 新規作成/編集:全ページで自分だけ可能

これらの設定はすべて「pukiwiki.ini.php」を編集することで設定します。編集が必要な項目は以下の通りです。特にパスワードは平文ではなくMD5で符号化されたものを使います。

  • 179行目付近:adminpassに管理者パスワードを設定
  • 242行目付近:auth_usersにユーザー名:パスワードを追加
  • 270行目付近:edit_auth=1に設定し、対象ページとユーザー名を設定

設定ができたら、適当なページを編集してみましょう。このときに以下のようなユーザー認証処理が走り、設定したユーザーで認証が通れば設定完了です。

サーバー環境によっては上手く動作しない場合もあるので、必ず動作確認をするようにしましょう。

これで基本的な設定はすべて整いました。あとは少しずつ自分好みに設定や外観をカスタマイズしていきたいと思います。立ち上げたWikiはメニューバーからアクセスできるので、よかったら覗いてみてくださいm(_ _)m

ではではノシ

参考

PukiWiki公式サイト:PukiWiki/Install/インストール方法
PukiWiki公式サイト:PukiWiki/Install/ユーザ認証

関連記事

日記 自作物

2020/5/14

GitHubのコントリビューション数をグラフ化してみた

先日、ブログのトップページにGitHubの草を表示してみたという記事をあげました。 Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~ブログ内にGithubの草を生やしてみた今回はちょっとした小ネタです。お気づきの方もいるかもしれませんが、PC限定でブログのページ上部にGithubのコントリビューションを表示してみました。俗にいう「草を生やす」というやつです。特に深い意図はありませんが、これがあるだけでぐっと技術系ブログ色が... GitHubの草(コントリビューション)は日々の活動が可視化されるので、個 ...

この記事を読む

RaspberryPi

2020/5/6

Raspberry Pi4上のUbuntu ServerでCPUクロックを制限する方法

Raspberry Pi4は消費電力が大きく発熱がちょっと心配です。そのため、用途によっては意図的にCPUの動作クロックを絞って消費電力と発熱を抑えるという運用もアリかと思います。 CPUクロックの設定方法の多くはRaspbianを例に挙げていますが、Ubuntu Serverでも同じ方法で設定できたので、備忘録として残しておきたいと思います。 動作環境は、 ・Raspberry Pi4本体:モデルB(メモリ4GB) ・OS:Ubuntu Server 20.04 です。 目次CPU状態のチェッククロック ...

この記事を読む

RaspberryPi Linux

2020/5/2

RaspberryPi4でUbuntu Server 20.04を動かしてみた

新しい遊び道具として、RaspberryPi4(ModelB 4GBメモリ)を買いました。 前モデルと比べて大幅に性能アップしているということで、学習用のLinux環境としても実用的なものになりそうです。ということで、今回はRaspbian(ラズパイの標準OS)ではなく、Ubuntu Serverをインストールして使ってみたいと思います(・∀・) 目次OSイメージのダウンロードSDカードにイメージを書き込む初期起動+設定固定IPアドレスを設定する OSイメージのダウンロード まずはUbuntu Serve ...

この記事を読む

日記

2020/5/14

ブログ内にGithubの草を生やしてみた

今回はちょっとした小ネタです。 お気づきの方もいるかもしれませんが、PC限定でブログのページ上部にGithubのコントリビューションを表示してみました。俗にいう「草を生やす」というやつです。 特に深い意図はありませんが、これがあるだけでぐっと技術系ブログ色が強まるので、遊び半分で組み込んでみました。そこまで難しくないので、その方法を紹介しようと思います。 目次生やすだけなら簡単ちょっとひと工夫画像の取得はwget+Cronであとはブログ内に貼るだけ後日談:自分でグラフをつくってみました 生やすだけなら簡単 ...

この記事を読む

Flutter

2020/4/12

【Flutter】リリースチャンネルについて調べてみた

この記事を書いている2020/04/12時点で、FlutterのiOS実機ビルドが以下のようなエラーで通らなくなっています(´・ω・) Building for iOS, but the linked and embedded framework 'App.framework' was built for iOS Simulator. どうやら、最新のXcode11.4とstableチャンネルの組み合わせが原因らしく、Flutterのチャンネルを切り替えてあげればOKとのことでした。 とりあえず、stab ...

この記事を読む

-日記

© 2020 Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~