RaspberryPi

RaspberryPi2をマウス・キーボード・HDMIなしでセットアップしてみた

久しぶりにラズパイで遊ぼうと思ったら全く起動しなくなってました(´・ω・)

SDカードを調べたらなんだか壊れていそうだったので、あらためてセットアップすることに。とはいえキーボードとかマウスとかHDMIをラズパイ本体につないでやるのは面倒だったので、これらを使わずにセットアップしてみました。

OSのイメージをSDカードに書き込む

まずはOSのイメージをSDカードに書き込みます。GUIは不要なので、OSは「Raspbian Jessie Lite」を使います。

イメージのダウンロードは以下から。
Download Raspbian for Raspberry Pi

ダウンロードしたイメージを展開したら、「Etcher」というツールでSDカードにイメージを書き込みます。イメージと書き込むデバイスを指定するだけなので簡単です。

イメージの書き込みが完了したら、SDカードの直下に「ssh」という名前の空ファイルを置いておきます。こうすると、sshが使える状態でラズパイが起動するようになります。

ラズパイを起動+sshで接続

最初は有線LANにつないだ状態でラズパイを起動します。起動したらSSHクライアントでラズパイに接続するのですが、この時点では接続するIPアドレスが分かりません。このとき、

・Bonjour Print Services for Windows
・iTunes

のどちらかをインストールすれば、Bonjourが使って以下の情報でラズパイにアクセスできるようになります。

ホスト名 raspberrypi.local
ユーザー名 pi
パスワード raspberry

無線LANを有効にする

これでセットアップ自体は完了ですが、有線LANだと取り回しが不便なので無線LANで接続できるように設定します。

ラズパイで使える無線LANドングルはいくつかありますが、今回はBuffaloの「WLI-UC-GNM」を使うことにしました。

まずはUSBに無線LANドングルを接続した後、「lsusb」コマンドで認識されているかを確認します。以下の赤字部分のように、ドングルのデバイス名が表示されていればOKです。

pi@raspberrypi:~ $ lsusb
Bus 001 Device 004: ID 0411:01a2 BUFFALO INC. (formerly MelCo., Inc.) WLI-UC-GNM Wireless LAN Adapter [Ralink RT8070]
Bus 001 Device 003: ID 0424:ec00 Standard Microsystems Corp. SMSC9512/9514 Fast Ethernet Adapter
Bus 001 Device 002: ID 0424:9514 Standard Microsystems Corp.
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub

次に、無線LANで接続するためのWPAの設定をします。設定のためのコマンドが用意されているので、以下のコマンドで設定ファイルに設定値を書き込みます。

pi@raspberrypi:~ $ sudo sh -c "wpa_passphrase [SSID] [password] >> /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf"

※[SSID]と[password]の部分はお使いの無線LANルーターの情報に置き換えてください

あとは再起動すれば無線LANで接続ができるはず。

これでセットアップは完了です。ラズパイ本体にキーボード/マウス/HDMIを接続することなく最後まで作業することができました(・∀・)

ではではノシ

参考

以下の記事を参考にさせていただきました。
Qiita:Raspberry Pi をディスプレイ/キーボードなしで初期設定する
22時に寝ようと思って2時に寝る。:RaspberryPi2をWLI-UC-GNM2で無線LAN接続する

広告の表示がブロックされています。
広告の表示がブロックされています。

関連記事

C++ 自作物

2020/8/14

言語処理系をつくろう(第7回):比較演算子を実装する

自作の言語処理系開発日記の第7回です。前回までで変数の実装が終わったので、ここからはいよいよ制御構文を実装…と思ったのですが、制御のためには比較演算子を実装する必要がありました。 ということで、今回は比較演算子を実装していきます。基本的には四則演算と変わりないのであまり難しくはありません。 目次1 比較演算子の仕様2 実装してみる2.1 トークナイザ2.2 構文解析器2.3 コード生成器2.4 実行系(仮想マシン) 比較演算子の仕様 比較演算子を実装する前に、その仕様について少し考えておきます。 比較演算 ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/14

言語処理系をつくろう(第6回):変数を実装する

自作の言語処理系開発日記、第6回です。 これまでは四則演算など、電卓レベルの機能実装に取り組んでいましたが、いよいよ変数を扱えるようにしていきたいと思います。これでかなりプログラミング言語っぽくなるかも(・∀・) 今回は新しい仕組みを入れたりと、割と修正がごちゃごちゃしてしまったので、うまくまとめきれていません。ごめんなさい…。 目次1 変数の実装について2 実装してみる2.1 トークナイザ2.2 構文解析器2.3 コード生成器2.4 実行系(仮想マシン) 変数の実装について これまでは即値しか扱っていな ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/14

言語処理系をつくろう(第5回):連続した式の実行

自作の言語処理系開発日記の第5回です。 前回までで括弧を含んだ四則演算ができるようになりましたが、このままでは単なる電卓止まりです。ということで、今回は複数の式を連続して実行できる仕組みを実装していきたいと思います。 目次1 生成規則を考える2 実装してみる2.1 構文解析器2.2 コード生成 生成規則を考える これまでは入力全体を1つの式として解釈していましたが、今回は式の区切りを定義して複数の式として解釈できるようにします。 C言語だと「;」や「,」が区切り文字として使われますが、開発中の言語(roo ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/14

言語処理系をつくろう(第4回):括弧付き計算と単項演算子

自作の言語処理系開発日記の第4回です。前回までで乗除算を実装できたので、この調子でもう少し複雑な計算に対応したいと思います。今回はそれぞれの実装が少ないので、一気に2つのステップを進めます。 目次1 括弧を含む計算1.1 生成規則をいじる2 単項演算子(+と-)2.1 生成規則をいじる 括弧を含む計算 これまでの実装では、乗除算は必ず加減算に先立って実行されます。しかし、それでは不十分なので、括弧を含む計算(例:(1+2)*3)を実行できるようにします。 生成規則をいじる 今回も構文解析器の生成規則を修正 ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/14

言語処理系をつくろう(第3回):乗除算を実装する

自作の言語処理系開発日記の第3回です。前回は加減算を実装したので、今回は乗除算の実装にチャレンジしていきます。 目次1 実装してみる1.1 構文解析器 実装してみる 今回の実装において、トークナイザ・コード生成器・実行系(仮想マシン)については加減算のときと変わりません。単純に各種定義を追加して、それを扱えるようにしてあげるだけです。 一方、構文解析器についてはちょっとややこしいので、そこだけ解説します。 構文解析器 加減算では演算の優先順位がなかったので、単純に左結合(=左から順に計算していく)で処理し ...

この記事を読む

-RaspberryPi

© 2020 Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~