RaspberryPi

RaspberryPi2をマウス・キーボード・HDMIなしでセットアップしてみた

久しぶりにラズパイで遊ぼうと思ったら全く起動しなくなってました(´・ω・)

SDカードを調べたらなんだか壊れていそうだったので、あらためてセットアップすることに。とはいえキーボードとかマウスとかHDMIをラズパイ本体につないでやるのは面倒だったので、これらを使わずにセットアップしてみました。

OSのイメージをSDカードに書き込む

まずはOSのイメージをSDカードに書き込みます。GUIは不要なので、OSは「Raspbian Jessie Lite」を使います。

イメージのダウンロードは以下から。
Download Raspbian for Raspberry Pi

ダウンロードしたイメージを展開したら、「Etcher」というツールでSDカードにイメージを書き込みます。イメージと書き込むデバイスを指定するだけなので簡単です。

イメージの書き込みが完了したら、SDカードの直下に「ssh」という名前の空ファイルを置いておきます。こうすると、sshが使える状態でラズパイが起動するようになります。

ラズパイを起動+sshで接続

最初は有線LANにつないだ状態でラズパイを起動します。起動したらSSHクライアントでラズパイに接続するのですが、この時点では接続するIPアドレスが分かりません。このとき、

・Bonjour Print Services for Windows
・iTunes

のどちらかをインストールすれば、Bonjourが使って以下の情報でラズパイにアクセスできるようになります。

ホスト名 raspberrypi.local
ユーザー名 pi
パスワード raspberry

無線LANを有効にする

これでセットアップ自体は完了ですが、有線LANだと取り回しが不便なので無線LANで接続できるように設定します。

ラズパイで使える無線LANドングルはいくつかありますが、今回はBuffaloの「WLI-UC-GNM」を使うことにしました。

まずはUSBに無線LANドングルを接続した後、「lsusb」コマンドで認識されているかを確認します。以下の赤字部分のように、ドングルのデバイス名が表示されていればOKです。

pi@raspberrypi:~ $ lsusb
Bus 001 Device 004: ID 0411:01a2 BUFFALO INC. (formerly MelCo., Inc.) WLI-UC-GNM Wireless LAN Adapter [Ralink RT8070]
Bus 001 Device 003: ID 0424:ec00 Standard Microsystems Corp. SMSC9512/9514 Fast Ethernet Adapter
Bus 001 Device 002: ID 0424:9514 Standard Microsystems Corp.
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub

次に、無線LANで接続するためのWPAの設定をします。設定のためのコマンドが用意されているので、以下のコマンドで設定ファイルに設定値を書き込みます。

pi@raspberrypi:~ $ sudo sh -c "wpa_passphrase [SSID] [password] >> /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf"

※[SSID]と[password]の部分はお使いの無線LANルーターの情報に置き換えてください

あとは再起動すれば無線LANで接続ができるはず。

これでセットアップは完了です。ラズパイ本体にキーボード/マウス/HDMIを接続することなく最後まで作業することができました(・∀・)

ではではノシ

参考

以下の記事を参考にさせていただきました。
Qiita:Raspberry Pi をディスプレイ/キーボードなしで初期設定する
22時に寝ようと思って2時に寝る。:RaspberryPi2をWLI-UC-GNM2で無線LAN接続する

関連記事

日記 自作物

2020/5/14

GitHubのコントリビューション数をグラフ化してみた

先日、ブログのトップページにGitHubの草を表示してみたという記事をあげました。 Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~ブログ内にGithubの草を生やしてみた今回はちょっとした小ネタです。お気づきの方もいるかもしれませんが、PC限定でブログのページ上部にGithubのコントリビューションを表示してみました。俗にいう「草を生やす」というやつです。特に深い意図はありませんが、これがあるだけでぐっと技術系ブログ色が... GitHubの草(コントリビューション)は日々の活動が可視化されるので、個 ...

この記事を読む

RaspberryPi

2020/5/6

Raspberry Pi4上のUbuntu ServerでCPUクロックを制限する方法

Raspberry Pi4は消費電力が大きく発熱がちょっと心配です。そのため、用途によっては意図的にCPUの動作クロックを絞って消費電力と発熱を抑えるという運用もアリかと思います。 CPUクロックの設定方法の多くはRaspbianを例に挙げていますが、Ubuntu Serverでも同じ方法で設定できたので、備忘録として残しておきたいと思います。 動作環境は、 ・Raspberry Pi4本体:モデルB(メモリ4GB) ・OS:Ubuntu Server 20.04 です。 目次CPU状態のチェッククロック ...

この記事を読む

RaspberryPi Linux

2020/5/2

RaspberryPi4でUbuntu Server 20.04を動かしてみた

新しい遊び道具として、RaspberryPi4(ModelB 4GBメモリ)を買いました。 前モデルと比べて大幅に性能アップしているということで、学習用のLinux環境としても実用的なものになりそうです。ということで、今回はRaspbian(ラズパイの標準OS)ではなく、Ubuntu Serverをインストールして使ってみたいと思います(・∀・) 目次OSイメージのダウンロードSDカードにイメージを書き込む初期起動+設定固定IPアドレスを設定する OSイメージのダウンロード まずはUbuntu Serve ...

この記事を読む

日記

2020/5/14

ブログ内にGithubの草を生やしてみた

今回はちょっとした小ネタです。 お気づきの方もいるかもしれませんが、PC限定でブログのページ上部にGithubのコントリビューションを表示してみました。俗にいう「草を生やす」というやつです。 特に深い意図はありませんが、これがあるだけでぐっと技術系ブログ色が強まるので、遊び半分で組み込んでみました。そこまで難しくないので、その方法を紹介しようと思います。 目次生やすだけなら簡単ちょっとひと工夫画像の取得はwget+Cronであとはブログ内に貼るだけ後日談:自分でグラフをつくってみました 生やすだけなら簡単 ...

この記事を読む

Flutter

2020/4/12

【Flutter】リリースチャンネルについて調べてみた

この記事を書いている2020/04/12時点で、FlutterのiOS実機ビルドが以下のようなエラーで通らなくなっています(´・ω・) Building for iOS, but the linked and embedded framework 'App.framework' was built for iOS Simulator. どうやら、最新のXcode11.4とstableチャンネルの組み合わせが原因らしく、Flutterのチャンネルを切り替えてあげればOKとのことでした。 とりあえず、stab ...

この記事を読む

-RaspberryPi

© 2020 Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~