日記

AMDの「Ryzen」でPCを組んでみたら普通に快適だった

最近、機械学習に興味が出てきたのですが、それをするためにはそれなりのスペックのPCが必要になります。しかし、私の普段使いのデスクトップは約6年前に組んだモノで、Corei5-2500K+4GBメモリ+グラボなしという機械学習には物足りない感じでした。

そこで、新規にPCを組み直すことにしたのですが、せっかくなので今話題の「Ryzen」を使って組んでみることにしました(・∀・)

パーツ構成

今回選択したパーツたちは以下の通りです。

  • OS:Windows10 Home
  • マザーボード:ASUSTeK AMD B350搭載 マザーボード PRIME B350-PLUS
  • CPU:AMD CPU Ryzen5 1600 with Wraith Spire 65W cooler AM4
  • メモリ:CORSAIR DDR4 VENGEANCE LPX Series 8GB×2枚組
  • GPU:MSI GeForce GTX 1060 AERO ITX 6G OC グラフィックスボード VD6307
  • ストレージ:SSD(256GB)+HDD(500GB)(旧PCからの使い回し)
  • 電源:550W(旧PCから使い回し)

機械学習にもそこそこ耐えうるようにGPUはGTX1060の6GBメモリ版を選択しました。また、メモリは多いにこしたことはないので16GB積んでいます。

肝心のCPUですが、こちらは6コア12スレッドのモデルを選択しました。これまでに使っていたCorei5-2500Kが4コア4スレッドなのでスレッド数だけ見れば一気に3倍のパワーアップです。

ベンチマークとってみた

ということで、性能の差を比較するためにベンチマークを取ってみました。使用したソフトはCrystalMarkです。

まず組み直し前はこんな感じ。正直、これまでベンチを取ったことがないので、このスコアがどの程度のモノなのかはわかりません…。

そして、新PCはこんな感じ。総合点だけを見ても旧PCの約2倍の結果が出ています。グラフィック周りのスコアは特に顕著ですが、これまでの内蔵GPUと比べれば性能が良いのは当然ですね。

普通に快適

新PCを組んだ後、しばらく使ってみましたが普通に快適です。AMDといえば安かろう悪かろうのイメージが先行していたのですが、安定して動作して何の不満もなく使えています。

比較元が6年前のCPUというせいもあるかもしれませんが、この値段でこの性能は前評判通り、かなりコスパが良いかも。あとは機械学習ができるようにLinuxとのデュアルブートを組んだりしなきゃいけませんが、それはまた別の記事にでもまとめたいと思います。

結論としては、Ryzenめっちゃいいです!コスパ重視でそれなりのスペックのPCを組みたい方は是非試してみてはいかがでしょうか?

ではではノシ

関連記事

Linux

2019/10/6

Docker + Growiでイントラ向けWikiを立ち上げる

チーム開発をしていくうえで、課題の1つになるのが情報共有です。チームの歴史が長いと経験値は溜まっていきますが、それらが情報として整理されていないとメンバー交代時などに大きなコストが発生します。 そこで、イントラ向けのナレッジベース(Wiki)を探していたところ、Growiという良さげなOSSを見つけたので、お試し環境を立ち上げてみることにしました。手元の環境はUbuntu18.04ですが、Linuxであれば大体同じような手順になると思います。 目次1 Dockerのインストール2 Growiの準備2.1 ...

この記事を読む

Linux

2019/8/14

カゴヤVPSで自分専用の開発環境を立ち上げてみた

どこからでもアクセスできる自分専用の開発環境が欲しい…。 そんな願いを叶えるべく、VPSのことを調べていたのですが、いままで「なんか難しそう…」と尻込みしていました。しかし、最近は値段も安くて扱いやすいVPSも増えてきたので、この機会に試してみることにしました。 ということで、今回はVPSを契約して最低限の環境を立ち上げるまでの備忘録です。 目次1 VPSについて1.1 VPSって何?1.2 カゴヤのVPSを契約してみた2 手順1:インスタンスを立ち上げる3 手順2:インスタンスにSSH接続する4 手順3 ...

この記事を読む

Windows

2019/5/5

Windows10で不要なブートエントリを削除する

Windowsのブートまわりで少しハマったので覚え書きです。 私のメインPCはWindows10とUbuntuのデュアルブートだったのですが、とある事情でUbuntuを削除しWindowsのみの構成に戻すことにしました。ちなみに、デュアルブート時の環境はこんな感じ(だったはず)。 元に戻したくなったときのことを考え、別HDD(ドライブB)にUbuntuとGRUBを入れ、GRUB経由でWindowsとUbuntuを立ち上げる形にしていました。 そのため、起動ドライブをWindowsのドライブ(ドライブA)に ...

この記事を読む

C言語 プログラミング

2018/12/25

mmapの下処理にftruncate関数を利用する

以前このブログで公開した記事の中に、C言語のmmap関数の使い方についてまとめた記事がありました。 Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~  3 shares 3 users 4 pocketsファイルの読み書きにmmapを使ってみるプログラムのループ中でファイルに何かしらのデータを書き込むとき、そのたびにwriteをしていたのではディスクへのI/Oが頻発してしまい、パフォーマンスに影響することがあります。「C言語だとそんなときはmmapを使うと良い」と ...

この記事を読む

Mac Linux

2018/12/2

Mac mini (2012) にUbuntu18.04をインストールしてみた

今年のアップデートにより、ついに旧型となってしまったMac mini(2012年モデル)。私の自宅にも箱に収められたままひっそりと眠るMac miniがありました。 約6年前のモデルと言うことで、最近のマシンから見ればスペック的に見劣りするPCになってしまいましたが、Linux機として運用するならまだまだ輝けるはず! ということで、今回はMac miniをUbuntu専用マシンとして復活させてみたので、その備忘録です。 目次1 用意するもの2 Ubuntuのインストール3 インストール後のセットアップ3. ...

この記事を読む

-日記

Copyright© Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~ , 2019 All Rights Reserved.