日記

CEATEC JAPAN 2017を見学してきました

2017/10/03~06の4日間、千葉県の幕張メッセで開催されていた「CEATEC JAPAN 2017」を見学してきました。以前から気になってはいたのですが、なかなか仕事の都合などで行くことができなかったので今年が初見学になります。

このように広い会場内は各社のブースで埋め尽くされています。展示の内容自体は商談や企業間交流などBtoB色が濃いですが、一般の人でも見学OKです。私もプライベートでの参加だったので私服で行きましたが、何の問題もありませんでした。

以下、私が見学していて気になった or 驚いた展示物をいくつか紹介します。

Origin Wireless Japan(株)- センサーレスIoT

Origin Wireless Japan(株)さんから展示されていたのは、特別なセンサーを使わずに空間検知や人の呼吸検知を行うというデモでした。

通常の空間検知では専用の人感センサーなどを用いるのですが、この技術ではそれらを使わずにWi-Fiの電波をセンサーとして利用しているようです。

人が動いたときに生じる電波の反射経路の変化から空間検知を行っているらしいのですが、そのアイデア自体がすごいなぁと感心してしまいました。今年の「コミュニティ・イノベーション部門」のグランプリを受賞したのも納得です。

株式会社アスカネット - 空中ディスプレイ

会場内でも特に人だかりができていたのが、株式会社アスカネットさんから出展されていた「空中ディスプレイ」です。こちらの展示は簡単に言えば、SF映画によくあるような空間上に映像を表示する技術になります。

展示の中では等身大の人の映像を空中に表示していたのですが、これがものすごくリアルで遠目には本物にしか見えませんでした。近づいてようやく映像だと分かったのですが、とても未来を感じる展示で面白かったです。(すみません。うまく写真撮れてませんでした…)

また、空中ディスプレイの長所を生かした展示として、非接触で画面を操作するデモ(マイノリティリポートみたいなやつ)もありました。こちらはかなり実用的な感じがしてわくわくしました。

シャープ株式会社 - 8Kテレビ

最後はベタですがシャープさんの8Kテレビです。4Kですら一般家庭に普及しきっていない内にもう8Kとは時代の流れは恐ろしいです。

私自身、FullHD(1K)で何の不満もない人間だったのですが、8Kを目の当たりにするとその繊細さに驚きました。なんというかもう実物が目の前にあるような繊細さで、2Dでも3Dに見えてしまうくらいでした。

説明によると8Kあたりが人間の目で判別できる荒さの限界値らしく、このラインを超えると実物と遜色ないように見えるようです。

解像度が上がってくるとそれに対応したコンテンツの問題もでてきますが、こちらも将来的には一般的になっていくのでしょうか。この先、16Kという世界も控えているようなので、期待して待ちたいと思います。

まとめ

ソフトウェア的な展示ではAIを利用したソリューション系が多くある印象でしたが、やはりそこは時代の流れを反映していますね。個人的には、そうしたAI系よりも先に紹介した尖った展示物の方が面白かったのですが、ソフトウェア業界にいる立場としてはAIの勉強もちゃんとした方が良いのかなと感じました。

余談ですが、意外と学生さんの見学者が多かったことに驚きました。自分より若い人たちがこうした技術に興味を持って足を運んできているということ自体が刺激になりますし、嬉しいものです。

また来年もチャンスがあれば行こうと思います!

ではではノシ

関連記事

Linux

2020/3/28

SSHで公開鍵認証を設定する方法

これまでに何度かLinuxでサーバーを立てて遊んだりしていますが、毎回忘れてしまうのがSSHの公開鍵認証の設定方法です。一度設定してしまえば頻繁に触るものでもないので、ついつい忘却の彼方へ消えてしまいます(´・ω・`) この先、毎回調べなおすのも面倒なので、これを機に手順をまとめておくことにしました。ちなみに、サーバー(接続される側)がLinuxの想定です。 目次手順1:クライアント側で鍵ペアを作る手順2:サーバーに公開鍵を設定する手順3:SSHサーバーの設定 手順1:クライアント側で鍵ペアを作る まずは ...

この記事を読む

Flutter

2020/3/10

【Flutter】FutureBuilderで非同期にWidgetを生成する

ここ最近、Flutterでアプリを作ってきてある程度の知識がたまってきたので、徐々にこちらでもアウトプットしていこうと思います。 アプリの機能が複雑になってくると、外部との通信や重たい処理の終了を待ってからWidgetを生成したいときがあります。そんなときはFutureBuilderという仕組みを使うと簡単に非同期でWidgetが生成できます。 目次FutureBuilderの使い方builderについて非同期処理の状態を見る非同期処理の結果を取り出すまとめ参考 FutureBuilderの使い方 Fut ...

この記事を読む

日記 自作物

2020/3/7

FlutterでToDoアプリをつくってみた

最近、Flutterを使ったモバイルアプリの開発にハマっているのですが、前回このブログでも紹介した「SaltyStock」というアプリに続き、新しいアプリをリリースしました(・∀・) App Store‎CotoMemo‎CotoMemoはタブ型のToDoアプリです。仕事からプライベートまで、日々のやるべきこと(Coto)を気軽にメモ(Memo)する感覚で整理することができます。【主な機能】・タブによるタスク管理タブ毎にタスク整理ができるので、このアプリ1つで仕事もプライベートもあら... リリースしたの ...

この記事を読む

日記 自作物

2019/12/22

FlutterでiOS/Androidアプリを作ってみた

2019年の密かな目標の1つとして「スマホアプリを作ってリリースする」というのを掲げていたのですが、なんとか年内に達成することができました(・∀・) どうせ作るならiOS/Android両対応がいい!ということで、FlutterというGoogle製のフレームワークを使いました。開発したのは「SaltyStock」というアプリです。長期保有して塩漬け状態になっている株式銘柄を管理するというかなりニッチなアプリです笑。 「個人的にこういうのあったらいいな」というものを作ることができたので、概ね満足です。もし興 ...

この記事を読む

Linux

2020/3/10

Docker + Growiでイントラ向けWikiを立ち上げる

チーム開発をしていくうえで、課題の1つになるのが情報共有です。チームの歴史が長いと経験値は溜まっていきますが、それらが情報として整理されていないとメンバー交代時などに大きなコストが発生します。 そこで、イントラ向けのナレッジベース(Wiki)を探していたところ、Growiという良さげなOSSを見つけたので、お試し環境を立ち上げてみることにしました。手元の環境はUbuntu18.04ですが、Linuxであれば大体同じような手順になると思います。 目次DockerのインストールGrowiの準備接続ポートの変更 ...

この記事を読む

-日記

Copyright© Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~ , 2020 All Rights Reserved.