日記

CEATEC JAPAN 2017を見学してきました

2017/10/03~06の4日間、千葉県の幕張メッセで開催されていた「CEATEC JAPAN 2017」を見学してきました。以前から気になってはいたのですが、なかなか仕事の都合などで行くことができなかったので今年が初見学になります。

このように広い会場内は各社のブースで埋め尽くされています。展示の内容自体は商談や企業間交流などBtoB色が濃いですが、一般の人でも見学OKです。私もプライベートでの参加だったので私服で行きましたが、何の問題もありませんでした。

以下、私が見学していて気になった or 驚いた展示物をいくつか紹介します。

Origin Wireless Japan(株)- センサーレスIoT

Origin Wireless Japan(株)さんから展示されていたのは、特別なセンサーを使わずに空間検知や人の呼吸検知を行うというデモでした。

通常の空間検知では専用の人感センサーなどを用いるのですが、この技術ではそれらを使わずにWi-Fiの電波をセンサーとして利用しているようです。

人が動いたときに生じる電波の反射経路の変化から空間検知を行っているらしいのですが、そのアイデア自体がすごいなぁと感心してしまいました。今年の「コミュニティ・イノベーション部門」のグランプリを受賞したのも納得です。

株式会社アスカネット - 空中ディスプレイ

会場内でも特に人だかりができていたのが、株式会社アスカネットさんから出展されていた「空中ディスプレイ」です。こちらの展示は簡単に言えば、SF映画によくあるような空間上に映像を表示する技術になります。

展示の中では等身大の人の映像を空中に表示していたのですが、これがものすごくリアルで遠目には本物にしか見えませんでした。近づいてようやく映像だと分かったのですが、とても未来を感じる展示で面白かったです。(すみません。うまく写真撮れてませんでした…)

また、空中ディスプレイの長所を生かした展示として、非接触で画面を操作するデモ(マイノリティリポートみたいなやつ)もありました。こちらはかなり実用的な感じがしてわくわくしました。

シャープ株式会社 - 8Kテレビ

最後はベタですがシャープさんの8Kテレビです。4Kですら一般家庭に普及しきっていない内にもう8Kとは時代の流れは恐ろしいです。

私自身、FullHD(1K)で何の不満もない人間だったのですが、8Kを目の当たりにするとその繊細さに驚きました。なんというかもう実物が目の前にあるような繊細さで、2Dでも3Dに見えてしまうくらいでした。

説明によると8Kあたりが人間の目で判別できる荒さの限界値らしく、このラインを超えると実物と遜色ないように見えるようです。

解像度が上がってくるとそれに対応したコンテンツの問題もでてきますが、こちらも将来的には一般的になっていくのでしょうか。この先、16Kという世界も控えているようなので、期待して待ちたいと思います。

まとめ

ソフトウェア的な展示ではAIを利用したソリューション系が多くある印象でしたが、やはりそこは時代の流れを反映していますね。個人的には、そうしたAI系よりも先に紹介した尖った展示物の方が面白かったのですが、ソフトウェア業界にいる立場としてはAIの勉強もちゃんとした方が良いのかなと感じました。

余談ですが、意外と学生さんの見学者が多かったことに驚きました。自分より若い人たちがこうした技術に興味を持って足を運んできているということ自体が刺激になりますし、嬉しいものです。

また来年もチャンスがあれば行こうと思います!

ではではノシ

広告の表示がブロックされています。
広告の表示がブロックされています。

関連記事

C++ 自作物

2020/8/14

言語処理系をつくろう(第7回):比較演算子を実装する

自作の言語処理系開発日記の第7回です。前回までで変数の実装が終わったので、ここからはいよいよ制御構文を実装…と思ったのですが、制御のためには比較演算子を実装する必要がありました。 ということで、今回は比較演算子を実装していきます。基本的には四則演算と変わりないのであまり難しくはありません。 目次1 比較演算子の仕様2 実装してみる2.1 トークナイザ2.2 構文解析器2.3 コード生成器2.4 実行系(仮想マシン) 比較演算子の仕様 比較演算子を実装する前に、その仕様について少し考えておきます。 比較演算 ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/14

言語処理系をつくろう(第6回):変数を実装する

自作の言語処理系開発日記、第6回です。 これまでは四則演算など、電卓レベルの機能実装に取り組んでいましたが、いよいよ変数を扱えるようにしていきたいと思います。これでかなりプログラミング言語っぽくなるかも(・∀・) 今回は新しい仕組みを入れたりと、割と修正がごちゃごちゃしてしまったので、うまくまとめきれていません。ごめんなさい…。 目次1 変数の実装について2 実装してみる2.1 トークナイザ2.2 構文解析器2.3 コード生成器2.4 実行系(仮想マシン) 変数の実装について これまでは即値しか扱っていな ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/14

言語処理系をつくろう(第5回):連続した式の実行

自作の言語処理系開発日記の第5回です。 前回までで括弧を含んだ四則演算ができるようになりましたが、このままでは単なる電卓止まりです。ということで、今回は複数の式を連続して実行できる仕組みを実装していきたいと思います。 目次1 生成規則を考える2 実装してみる2.1 構文解析器2.2 コード生成 生成規則を考える これまでは入力全体を1つの式として解釈していましたが、今回は式の区切りを定義して複数の式として解釈できるようにします。 C言語だと「;」や「,」が区切り文字として使われますが、開発中の言語(roo ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/14

言語処理系をつくろう(第4回):括弧付き計算と単項演算子

自作の言語処理系開発日記の第4回です。前回までで乗除算を実装できたので、この調子でもう少し複雑な計算に対応したいと思います。今回はそれぞれの実装が少ないので、一気に2つのステップを進めます。 目次1 括弧を含む計算1.1 生成規則をいじる2 単項演算子(+と-)2.1 生成規則をいじる 括弧を含む計算 これまでの実装では、乗除算は必ず加減算に先立って実行されます。しかし、それでは不十分なので、括弧を含む計算(例:(1+2)*3)を実行できるようにします。 生成規則をいじる 今回も構文解析器の生成規則を修正 ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/14

言語処理系をつくろう(第3回):乗除算を実装する

自作の言語処理系開発日記の第3回です。前回は加減算を実装したので、今回は乗除算の実装にチャレンジしていきます。 目次1 実装してみる1.1 構文解析器 実装してみる 今回の実装において、トークナイザ・コード生成器・実行系(仮想マシン)については加減算のときと変わりません。単純に各種定義を追加して、それを扱えるようにしてあげるだけです。 一方、構文解析器についてはちょっとややこしいので、そこだけ解説します。 構文解析器 加減算では演算の優先順位がなかったので、単純に左結合(=左から順に計算していく)で処理し ...

この記事を読む

-日記

© 2020 Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~