日記

自分のコードが北極で1000年の眠りについたらしい

今日はただの日記です。記事タイトルのとおり、私の書いたコードが北極の地で1000年の眠りにつくことになりました。文字にすると大層な感じがしますが、実際にはGitHubの「Arctic Code Vault」にソースコードがアーカイブされたというお話しです。

最近、Twitter界隈が北極うんぬんで盛り上がってるなと思ったら、GitHubが発表していた「Arctic Code Vault」というプロジェクトのことでした。

このプロジェクトは「GitHubの全パブリックリポジトリを人類の資産として北極の地下に1000年保存する」という何ともエモい計画なのですが、その第一弾が先日実行されたようです。

そこで、ふと自分のGitHubのプロフィールを開いてみると、「Arctic Code Vault Contributor」というバッジとともに以下のポップアップが!

なんと、私の書いたコードがその第一弾の対象として選ばれたそうです。選ばれたのは、particleという自作言語もどきのリポジトリでした。

今回アーカイブされたリポジトリの選定基準はいまいち謎ですが、ある程度の規模やスターの有無など様々な要素で複合的には選ばれているとのこと。

パブリックリポジトリさえ持っていればいずれはアーカイブされるのですが、その第一弾に選ばれたというのは素直に嬉しいですね。私自身がこの世からいなくなったあとも、コードという形で自分の生きた証が1000年間も残されるというのもぐっとくるものがあります。

今後もどんどん対象のリポジトリが増えていくと思われるので、もし北極に生きた証を残したい方はパブリックリポジトリを作っておくとよいと思います笑。

ではでは

関連記事

C++ 自作物

2020/8/11

言語処理系をつくろう(第6回):変数を実装する

自作の言語処理系開発日記、第6回です。 これまでは四則演算など、電卓レベルの機能実装に取り組んでいましたが、いよいよ変数を扱えるようにしていきたいと思います。これでかなりプログラミング言語っぽくなるかも(・∀・) 今回は新しい仕組みを入れたりと、割と修正がごちゃごちゃしてしまったので、うまくまとめきれていません。ごめんなさい…。 目次変数の実装について実装してみるトークナイザ構文解析器コード生成器実行系(仮想マシン) 変数の実装について これまでは即値しか扱っていなかったので、「値が登場すればそれをスタッ ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/10

言語処理系をつくろう(第5回):連続した式の実行

自作の言語処理系開発日記の第5回です。 前回までで括弧を含んだ四則演算ができるようになりましたが、このままでは単なる電卓止まりです。ということで、今回は複数の式を連続して実行できる仕組みを実装していきたいと思います。 目次生成規則を考える実装してみる構文解析器コード生成 生成規則を考える これまでは入力全体を1つの式として解釈していましたが、今回は式の区切りを定義して複数の式として解釈できるようにします。 C言語だと「;」や「,」が区切り文字として使われますが、開発中の言語(rook)では「,」と「\n( ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/4

言語処理系をつくろう(第4回):括弧付き計算と単項演算子

自作の言語処理系開発日記の第4回です。前回までで乗除算を実装できたので、この調子でもう少し複雑な計算に対応したいと思います。今回はそれぞれの実装が少ないので、一気に2つのステップを進めます。 目次括弧を含む計算生成規則をいじる単項演算子(+と-)生成規則をいじる 括弧を含む計算 これまでの実装では、乗除算は必ず加減算に先立って実行されます。しかし、それでは不十分なので、括弧を含む計算(例:(1+2)*3)を実行できるようにします。 生成規則をいじる 今回も構文解析器の生成規則を修正することで、括弧付きの計 ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/4

言語処理系をつくろう(第3回):乗除算を実装する

自作の言語処理系開発日記の第3回です。前回は加減算を実装したので、今回は乗除算の実装にチャレンジしていきます。 目次実装してみる構文解析器 実装してみる 今回の実装において、トークナイザ・コード生成器・実行系(仮想マシン)については加減算のときと変わりません。単純に各種定義を追加して、それを扱えるようにしてあげるだけです。 一方、構文解析器についてはちょっとややこしいので、そこだけ解説します。 構文解析器 加減算では演算の優先順位がなかったので、単純に左結合(=左から順に計算していく)で処理していけばOK ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/2

言語処理系をつくろう(第2回):加減算を実装する

自作の言語処理系開発日記の第2回です。前回は処理系全体の骨格と、数値の読み込みを実装しました。今回は次のステップとして、加減算を扱えるようにしたいと思います。 目次実装してみるトークナイザ構文解析器コード生成器+実行系(仮想マシン) 実装してみる トークナイザ 前回までのトークナイザでは数値しか扱うことができないので、「+」や「-」などの記号をトークン化できるようにします。 まずは、トークン定義を追加します。加算と減算それぞれで追加しても良いのですが、後段の構文解析で特に区別する必要がないので、演算子とい ...

この記事を読む

-日記

© 2020 Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~