日記 自作物

GitHubのコントリビューション数をグラフ化してみた

先日、ブログのトップページにGitHubの草を表示してみたという記事をあげました。

GitHubの草(コントリビューション)は日々の活動が可視化されるので、個人的にはとても良い仕組みだと思っています。しかし、週末くらいしか家でコードを書かない私のような人にとっては、土日ばかりに草が生えて残りはスカスカという悲しい感じに(´・ω・)

そこで、コントリビューションを週単位でまとめて表示する仕組みがあればよいのでは!ということで作ってみることにしました。

どこからデータを取ってくるか?

コントリビューションのデータは、GitHubが公開しているAPIを使えば取得可能です。しかし、サポートしているのが公開リポジトリに対するコントリビューションのみらしく、プライベートでひっそりと開発している人間にはあまり嬉しくありません。

そこで代替として、GitHubのページからデータを拾い上げて集計することにしました。

https://github.com/users/<UserID>/contributionsにアクセスすると以下のようなページが表示されます。UserIDは適宜ご自身のGitHubアカウント名に置き換えてください。このうち、上部にあるグラフにコントリビューション情報が埋め込まれているので、それを拾い集める形としました。

Pythonで実装してみる

軽く調べたところ、データの抽出にはPythonのBeautifulSoupというライブラリを使うと楽とのこと。肝心のページの取得にはurllib、グラフ描画はPillowというライブラリでできることも分かったので、全てPythonで完結できそうです。

ページの取得

ページの取得にはurllibrequestモジュールを使います。指定したURLから取ってくるだけであれば、こんな簡単に実装できます。

from urllib import request

username = "corgi0901"
url = "https://github.com/users/" + username + "/contributions"
response = request.urlopen(url)

データ抽出

続いて、取得したページから必要なデータを取り出します。上述したコード中のresponseを引数に渡してBeautifulSoupを初期化したあと、検索条件を指定すれば、該当する要素をかき集めることができます。

今回対象としているページでは、コントリビューション情報は「rectかつclassday」となっている要素です。そして、さらにその要素を紐解くと、data-dateに日付、data-countにコントリビューションの数が入っています。

試しに、各日付のコントリビューション数を表示するプログラムを書くとこんな感じになります。

from urllib import request
from bs4 import BeautifulSoup

# ページを取得
username = "corgi0901"
url = "https://github.com/users/" + username + "/contributions"
response = request.urlopen(url)

# BeautifulSoup初期化
soup = BeautifulSoup(response, "html.parser")
response.close()

# コントリビューション情報を抽出
contributions = soup.find_all("rect", class_="day")

# 各日付毎にコントリビューション数を表示
for day in contributions:
    date = day.get("data-date")
    count = day.get("data-count")
    print(date, ":", count)

実行結果はこんな感じです。過去1年分のコントリビューション数が取得できました。

2019-05-12 : 0
2019-05-13 : 0
2019-05-14 : 0
2019-05-15 : 2
2019-05-16 : 0
~ 途中省略 ~
2020-05-07 : 7
2020-05-08 : 0
2020-05-09 : 0
2020-05-10 : 2
2020-05-11 : 0

グラフの描画

情報が取得できれば、あとはグラフを描画するだけです。Pillowというライブラリを使えば、画像の描画からテキストの埋め込みまで行うことができます。

以下のドキュメントなどを参考にしながら実装しました。実際のコードは少しごちゃごちゃしちゃったので割愛します。

あれこれ試行錯誤した結果、最終的に以下のような画像を吐き出すことができました。週単位でコントリビューション数を集計した結果を棒グラフとして表示しています。

1週間単位の成果がグラフになるので、これなら「草を絶やさない」ことも簡単です。週に1度はコミットすれば草が生えます笑。せっかくなので、このブログのトップページにあるグラフもこれに置き換えました。

おまけ:サービス公開してみた

今回の目的は達成しましたが、昨今の諸事情で時間があったので、「Weekly Grass」という名前でWebサービス化してみることにしました。前からちょっと気になっていたFlaskでサーバーサイドを実装し、Herokuでデプロイしています。

それっぽい見た目にはなって個人的には満足です。無料アカウントで動かしているので、異常にアクセスが遅いときもありますし、飽きたら閉めるかもしれません。

もし興味のある方は今のうちに触ってみて下さいm(_ _)m

2021/2/23追記

GitHubの仕様が変わったらしく、コントリビューションデータの取得にしばらく失敗していました…。ちゃんと直したのでいまは取得できるはず。スクレイピングはこういうのが辛いですね笑。

ではでは

広告の表示がブロックされています。
広告の表示がブロックされています。

関連記事

Flutter プログラミング

2021/8/2

【Flutter】アプリ内の設定値を実装する方法

アプリ内で独自の設定を作る場合、そのデータを保持する方法を考える必要があります。 SQL、テキストファイルなど選択肢は多々ありますが、shared_preferencesというパッケージを使えば簡単に実装することができます。 Dart packages  2 Users 31 Pocketsshared_preferences | Flutter PackageFlutter plugin for reading and writing simple key-value pairs. Wraps ...

この記事を読む

RaspberryPi Linux

2021/4/18

YoctoでRaspberryPi4のイメージをビルドしてみた

昨今、様々なデバイスでLinuxが動くようになっている中、組み込みLinuxのデファクトスタンダードとなりつつあるのが「Yocto」と呼ばれるビルドシステムです。 組み込みの現場ではその名前を聞くことが増えましたが、まだまだ日本ではドキュメントも乏しくイマイチ掴み所がありません。そこで、まずは使ってみようということでRaspberry Pi4のイメージをビルドしてみることにしました。 目次1 Yoctoとは?2 Raspberry Pi4のイメージを作ってみる2.1 下準備2.2 Yocto本体+ラズパイ ...

この記事を読む

C++ 自作物

2021/8/1

言語処理系をつくろう(第7回):比較演算子を実装する

自作の言語処理系開発日記の第7回です。前回までで変数の実装が終わったので、ここからはいよいよ制御構文を実装…と思ったのですが、制御のためには比較演算子を実装する必要がありました。 ということで、今回は比較演算子を実装していきます。基本的には四則演算と変わりないのであまり難しくはありません。 目次1 比較演算子の仕様2 実装してみる2.1 トークナイザ2.2 構文解析器2.3 コード生成器2.4 実行系(仮想マシン) 比較演算子の仕様 比較演算子を実装する前に、その仕様について少し考えておきます。 比較演算 ...

この記事を読む

C++ 自作物

2021/8/1

言語処理系をつくろう(第6回):変数を実装する

自作の言語処理系開発日記、第6回です。 これまでは四則演算など、電卓レベルの機能実装に取り組んでいましたが、いよいよ変数を扱えるようにしていきたいと思います。これでかなりプログラミング言語っぽくなるかも(・∀・) 今回は新しい仕組みを入れたりと、割と修正がごちゃごちゃしてしまったので、うまくまとめきれていません。ごめんなさい…。 目次1 変数の実装について2 実装してみる2.1 トークナイザ2.2 構文解析器2.3 コード生成器2.4 実行系(仮想マシン) 変数の実装について これまでは即値しか扱っていな ...

この記事を読む

C++ 自作物

2021/8/1

言語処理系をつくろう(第5回):連続した式の実行

自作の言語処理系開発日記の第5回です。 前回までで括弧を含んだ四則演算ができるようになりましたが、このままでは単なる電卓止まりです。ということで、今回は複数の式を連続して実行できる仕組みを実装していきたいと思います。 目次1 生成規則を考える2 実装してみる2.1 構文解析器2.2 コード生成 生成規則を考える これまでは入力全体を1つの式として解釈していましたが、今回は式の区切りを定義して複数の式として解釈できるようにします。 C言語だと「;」や「,」が区切り文字として使われますが、開発中の言語(roo ...

この記事を読む

  • このブログの中の人

Ryo Yoneyama

とある会社でソフトウェアエンジニアをしています。技術的な備忘録を中心にまとめてます。ネタがあれば日記も書きます。

-日記, 自作物

© 2021 Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~