日記 自作物

GitHubのコントリビューション数をグラフ化してみた

先日、ブログのトップページにGitHubの草を表示してみたという記事をあげました。

GitHubの草(コントリビューション)は日々の活動が可視化されるので、個人的にはとても良い仕組みだと思っています。しかし、週末くらいしか家でコードを書かない私のような人にとっては、土日ばかりに草が生えて残りはスカスカという悲しい感じに(´・ω・)

そこで、コントリビューションを週単位でまとめて表示する仕組みがあればよいのでは!ということで作ってみることにしました。

どこからデータを取ってくるか?

コントリビューションのデータは、GitHubが公開しているAPIを使えば取得可能です。しかし、サポートしているのが公開リポジトリに対するコントリビューションのみらしく、プライベートでひっそりと開発している人間にはあまり嬉しくありません。

そこで代替として、GitHubのページからデータを拾い上げて集計することにしました。

https://github.com/users/<UserID>/contributionsにアクセスすると以下のようなページが表示されます。UserIDは適宜ご自身のGitHubアカウント名に置き換えてください。このうち、上部にあるグラフにコントリビューション情報が埋め込まれているので、それを拾い集める形としました。

Pythonで実装してみる

軽く調べたところ、データの抽出にはPythonのBeautifulSoupというライブラリを使うと楽とのこと。肝心のページの取得にはurllib、グラフ描画はPillowというライブラリでできることも分かったので、全てPythonで完結できそうです。

ページの取得

ページの取得にはurllibrequestモジュールを使います。指定したURLから取ってくるだけであれば、こんな簡単に実装できます。

データ抽出

続いて、取得したページから必要なデータを取り出します。上述したコード中のresponseを引数に渡してBeautifulSoupを初期化したあと、検索条件を指定すれば、該当する要素をかき集めることができます。

今回対象としているページでは、コントリビューション情報は「rectかつclassday」となっている要素です。そして、さらにその要素を紐解くと、data-dateに日付、data-countにコントリビューションの数が入っています。

試しに、各日付のコントリビューション数を表示するプログラムを書くとこんな感じになります。

実行結果はこんな感じです。過去1年分のコントリビューション数が取得できました。

2019-05-12 : 0
2019-05-13 : 0
2019-05-14 : 0
2019-05-15 : 2
2019-05-16 : 0
~ 途中省略 ~
2020-05-07 : 7
2020-05-08 : 0
2020-05-09 : 0
2020-05-10 : 2
2020-05-11 : 0

グラフの描画

情報が取得できれば、あとはグラフを描画するだけです。Pillowというライブラリを使えば、画像の描画からテキストの埋め込みまで行うことができます。

以下のドキュメントなどを参考にしながら実装しました。実際のコードは少しごちゃごちゃしちゃったので割愛します。

あれこれ試行錯誤した結果、最終的に以下のような画像を吐き出すことができました。週単位でコントリビューション数を集計した結果を棒グラフとして表示しています。

1週間単位の成果がグラフになるので、これなら「草を絶やさない」ことも簡単です。週に1度はコミットすれば草が生えます笑。せっかくなので、このブログのトップページにあるグラフもこれに置き換えました。

おまけ:サービス公開してみた

今回の目的は達成しましたが、昨今の諸事情で時間があったので、「Weekly Grass」という名前でWebサービス化してみることにしました。前からちょっと気になっていたFlaskでサーバーサイドを実装し、Herokuでデプロイしています。

それっぽい見た目にはなって個人的には満足です。無料アカウントで動かしているので、異常にアクセスが遅いときもありますし、飽きたら閉めるかもしれません。

もし興味のある方は今のうちに触ってみて下さいm(_ _)m

ではでは

関連記事

C++ 自作物

2020/8/4

言語処理系をつくろう(第4回):括弧付き計算と単項演算子

自作の言語処理系開発日記の第4回です。前回までで乗除算を実装できたので、この調子でもう少し複雑な計算に対応したいと思います。今回はそれぞれの実装が少ないので、一気に2つのステップを進めます。 目次括弧を含む計算生成規則をいじる単項演算子(+と-)生成規則をいじる 括弧を含む計算 これまでの実装では、乗除算は必ず加減算に先立って実行されます。しかし、それでは不十分なので、括弧を含む計算(例:(1+2)*3)を実行できるようにします。 生成規則をいじる 今回も構文解析器の生成規則を修正することで、括弧付きの計 ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/4

言語処理系をつくろう(第3回):乗除算を実装する

自作の言語処理系開発日記の第3回です。前回は加減算を実装したので、今回は乗除算の実装にチャレンジしていきます。 目次実装してみる構文解析器 実装してみる 今回の実装において、トークナイザ・コード生成器・実行系(仮想マシン)については加減算のときと変わりません。単純に各種定義を追加して、それを扱えるようにしてあげるだけです。 一方、構文解析器についてはちょっとややこしいので、そこだけ解説します。 構文解析器 加減算では演算の優先順位がなかったので、単純に左結合(=左から順に計算していく)で処理していけばOK ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/2

言語処理系をつくろう(第2回):加減算を実装する

自作の言語処理系開発日記の第2回です。前回は処理系全体の骨格と、数値の読み込みを実装しました。今回は次のステップとして、加減算を扱えるようにしたいと思います。 目次実装してみるトークナイザ構文解析器コード生成器+実行系(仮想マシン) 実装してみる トークナイザ 前回までのトークナイザでは数値しか扱うことができないので、「+」や「-」などの記号をトークン化できるようにします。 まずは、トークン定義を追加します。加算と減算それぞれで追加しても良いのですが、後段の構文解析で特に区別する必要がないので、演算子とい ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/2

言語処理系をつくろう(第1回):数値を読み込む

前回からはじめた自作の言語処理系開発日記の第1回目です。今回から実際のコードを書いていきたいと思います。 前回の記事でも紹介したとおり、全体の構成は以下のような感じです。 今回は、それぞれの仕組みの骨格と簡単な機能の実装を進めていくことにします。 目次今回の目標実装してみるトークナイザ構文解析器コード生成器仮想マシン(実行系)実装コード全体 今回の目標 はじめの1歩として実装するのは、数値の読み込みです。1つの数字を読み込んでそれを実行結果とするだけの機能を実装します。機能としてはシンプルですが、中身自体 ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/1

言語処理系をつくろう(第0回):イントロ編

今回から連載企画として、自作の言語処理系の開発日記を書いていこうと思います。 以前、プログラミング言語もどきとして「particle」というものを作ったのですが、進めていく内に手詰まりになって頓挫してしまいました。 しかし、最近「低レイヤを知りたい人のためのCコンパイラ作成入門」というオンラインブックを見て「作りたい欲」が高まってきたので、あらためて挑戦してみることにしました。 開発過程のコードはGithubでオープンにしていくつもりです。モチベーション維持のためにも、その詳細をこのブログで紹介しながら進 ...

この記事を読む

-日記, 自作物

© 2020 Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~