RaspberryPi

Raspberry Pi4上のUbuntu ServerでCPUクロックを制限する方法

Raspberry Pi4は消費電力が大きく発熱がちょっと心配です。そのため、用途によっては意図的にCPUの動作クロックを絞って消費電力と発熱を抑えるという運用もアリかと思います。

CPUクロックの設定方法の多くはRaspbianを例に挙げていますが、Ubuntu Serverでも同じ方法で設定できたので、備忘録として残しておきたいと思います。

動作環境は、
・Raspberry Pi4本体:モデルB(メモリ4GB)
・OS:Ubuntu Server 20.04
です。

CPU状態のチェック

手順として必須ではないですが、現状のCPU状態をチェックしてみます。まずはcpufrequtilsというパッケージをインストールします。

$ sudo apt-get install cpufrequtils

インストール後、cpufreq-infoというコマンドを実行すると、以下のように現在のCPUの状態が表示されます。Raspberry Pi4はCPUコアが4つあるので、CPU0~CPU3まで表示されるようです。

ryo@ubuntu:~/workspace$ cpufreq-info
cpufrequtils 008: cpufreq-info (C) Dominik Brodowski 2004-2009
Report errors and bugs to cpufreq@vger.kernel.org, please.
analyzing CPU 0:
driver: BCM2835 CPUFreq
CPUs which run at the same hardware frequency: 0 1 2 3
CPUs which need to have their frequency coordinated by software: 0 1 2 3
maximum transition latency: 355 us.
hardware limits: 600 MHz - 1.50 GHz
available frequency steps: 600 MHz, 1.50 GHz
available cpufreq governors: conservative, ondemand, userspace, powersave, performance, schedutil
current policy: frequency should be within 600 MHz and 1.50 GHz.
The governor "ondemand" may decide which speed to use
within this range.
current CPU frequency is 600 MHz.
cpufreq stats: 600 MHz:99.47%, 1.50 GHz:0.53% (4164)
...
analyzing CPU 3:
driver: BCM2835 CPUFreq
CPUs which run at the same hardware frequency: 0 1 2 3
CPUs which need to have their frequency coordinated by software: 0 1 2 3
maximum transition latency: 355 us.
hardware limits: 600 MHz - 1.50 GHz
available frequency steps: 600 MHz, 1.50 GHz
available cpufreq governors: conservative, ondemand, userspace, powersave, performance, schedutil
current policy: frequency should be within 600 MHz and 1.50 GHz.
The governor "ondemand" may decide which speed to use
within this range.
current CPU frequency is 1.50 GHz.
cpufreq stats: 600 MHz:99.47%, 1.50 GHz:0.53% (4165)

このうち、hardware limitsがCPUクロックの制御範囲を示します。current policyという項目がondemand(デフォルト値)になっていると、この範囲内でCPUクロックが自動調整されます。

current CPU frequencyを見てみると、CPU0は600MHz、CPU3は1.5GHzで動いているのが分かります。たしかに負荷に応じて動的にクロックを変化させていそうです。

クロック数の上下限値の設定

今回は、上述したhardware limitsの範囲を設定し、最低/最大ともにクロックを下げてみようと思います。方法はRaspbianの場合と同じく、/boot/firmware/config.txtというファイルを編集します。

$ sudo vi /boot/firmware/config.txt

上下限値だけであれば、末尾にarm_freqarm_freq_minの設定を追記すればOKです。

# 最大周波数
arm_freq=1000
# 最低周波数
arm_freq_min=500

後ろに続く数値がクロックの値ですが、単位はMHzです。上記の場合だと、最大クロック=1000MHz(1GHz)、最低は500MHzになります。

あとはシステムを再起動すれば設定が適用されます。

$ sudo reboot

あたらめてCPU状態をチェック

あらためて、CPUのhardware limitsをチェックしてみましょう。

ryo@ubuntu:~/workspace$ cpufreq-info | grep "hardware limits"
hardware limits: 500 MHz - 1000 MHz
hardware limits: 500 MHz - 1000 MHz
hardware limits: 500 MHz - 1000 MHz
hardware limits: 500 MHz - 1000 MHz

ちゃんと全CPUに対して、500MHz~1000MHzの動作範囲が適用されていますね。これで大きな負荷がかかったとしても、消費電力はある程度抑えられそうです。

定常的な高負荷が起こらないようなサーバー用途であれば、この設定をしてもそこまでパフォーマンスには影響しないと思います。「ちょっとでも電気代をお安くしたい!」などあれば、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

ではでは

関連記事

C++ 自作物

2020/8/4

言語処理系をつくろう(第4回):括弧付き計算と単項演算子

自作の言語処理系開発日記の第4回です。前回までで乗除算を実装できたので、この調子でもう少し複雑な計算に対応したいと思います。今回はそれぞれの実装が少ないので、一気に2つのステップを進めます。 目次括弧を含む計算生成規則をいじる単項演算子(+と-)生成規則をいじる 括弧を含む計算 これまでの実装では、乗除算は必ず加減算に先立って実行されます。しかし、それでは不十分なので、括弧を含む計算(例:(1+2)*3)を実行できるようにします。 生成規則をいじる 今回も構文解析器の生成規則を修正することで、括弧付きの計 ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/4

言語処理系をつくろう(第3回):乗除算を実装する

自作の言語処理系開発日記の第3回です。前回は加減算を実装したので、今回は乗除算の実装にチャレンジしていきます。 目次実装してみる構文解析器 実装してみる 今回の実装において、トークナイザ・コード生成器・実行系(仮想マシン)については加減算のときと変わりません。単純に各種定義を追加して、それを扱えるようにしてあげるだけです。 一方、構文解析器についてはちょっとややこしいので、そこだけ解説します。 構文解析器 加減算では演算の優先順位がなかったので、単純に左結合(=左から順に計算していく)で処理していけばOK ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/2

言語処理系をつくろう(第2回):加減算を実装する

自作の言語処理系開発日記の第2回です。前回は処理系全体の骨格と、数値の読み込みを実装しました。今回は次のステップとして、加減算を扱えるようにしたいと思います。 目次実装してみるトークナイザ構文解析器コード生成器+実行系(仮想マシン) 実装してみる トークナイザ 前回までのトークナイザでは数値しか扱うことができないので、「+」や「-」などの記号をトークン化できるようにします。 まずは、トークン定義を追加します。加算と減算それぞれで追加しても良いのですが、後段の構文解析で特に区別する必要がないので、演算子とい ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/2

言語処理系をつくろう(第1回):数値を読み込む

前回からはじめた自作の言語処理系開発日記の第1回目です。今回から実際のコードを書いていきたいと思います。 前回の記事でも紹介したとおり、全体の構成は以下のような感じです。 今回は、それぞれの仕組みの骨格と簡単な機能の実装を進めていくことにします。 目次今回の目標実装してみるトークナイザ構文解析器コード生成器仮想マシン(実行系)実装コード全体 今回の目標 はじめの1歩として実装するのは、数値の読み込みです。1つの数字を読み込んでそれを実行結果とするだけの機能を実装します。機能としてはシンプルですが、中身自体 ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/1

言語処理系をつくろう(第0回):イントロ編

今回から連載企画として、自作の言語処理系の開発日記を書いていこうと思います。 以前、プログラミング言語もどきとして「particle」というものを作ったのですが、進めていく内に手詰まりになって頓挫してしまいました。 しかし、最近「低レイヤを知りたい人のためのCコンパイラ作成入門」というオンラインブックを見て「作りたい欲」が高まってきたので、あらためて挑戦してみることにしました。 開発過程のコードはGithubでオープンにしていくつもりです。モチベーション維持のためにも、その詳細をこのブログで紹介しながら進 ...

この記事を読む

-RaspberryPi

© 2020 Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~