日記

RaspberryPi3+小型ディスプレイを買ってみた

お手軽なLinux環境としておなじみのRaspberryPi(ラズパイ)ですが、手元にあるのはラズパイ2なので最新型ではありません。この先色々と遊んでみるためにも、最新のラズパイを触ってみたいと思い、ラズパイ3を購入してみることにしました。

加えて、今回は外付けの小型液晶ディスプレイも購入しました。ラズパイと組み合わせればそれだけの1つのPCとして成立するので楽しみです(・∀・)

ラズパイ本体

ラズパイ3本体(写真右)をラズパイ2(写真左)と見比べてみましたが、ほとんど見分けが付きません。基板にプリントされたロゴの位置が違うくらい?です。

見た目に違いはなくとも性能自体は着実に向上しており、その分消費電力も大きくなりました。そのため、私が購入したセットにはCPUとGPU用のヒートシンクが付属しています。下写真のようにチップにペタッと貼り付けてあげれば準備完了です。

液晶ディスプレイ本体

今回私が購入した液晶ディスプレイは「オソヨー」というメーカーのディスプレイです。Amazonで約3000円ほどで購入できるので、かなりコスパは高いと思います。

ラズパイと接続するためのHDMIコネクタとタッチペンも付属しているので、買ってすぐ使い始められるのもグッドです。

ラズパイ本体と接続してみた様子がこんな感じになります。お互いのサイズがぴったりなので、見た目にはかなり収まりが良いです。

起動してみた!

ハードの準備が整ったのでさっそく起動させてみます。

色々とSDカードのイメージを準備するのが面倒だったので、手抜きをしてラズパイ2に挿しているSDカードをそのまま挿してみたところ、特に問題なく起動してしまいました。WiFi周りの設定がそのままで良いのか心配だったのですが、sshでもログインもできたので大丈夫そうです。

もし最初からイメージを作りたい場合は、以前の記事を参考にしてみてください。

ディスプレイの解像度的にちょっと見にくいですが、ブート時のコンソールログもちゃんと表示されています。ハードの処理速度も上がったせいか、若干起動も速くなったように感じます(・∀・)

ちなみに、写真だと画面に傷が付いているように見えますが、これは液晶保護フィルムを剥がさずに使っているためなので、液晶そのものが傷ついている訳ではありません。

まとめ

まだコンソールのログが画面に出ただけですが、個人的にはかなり感動してしまいました。ラズパイ2に比べて処理速度も向上しているため、できることの幅も広がりそうです。今後も色々とラズパイを使って遊んでみたいと思います。

ではではノシ

広告の表示がブロックされています。
広告の表示がブロックされています。

関連記事

C++ 自作物

2020/8/14

言語処理系をつくろう(第7回):比較演算子を実装する

自作の言語処理系開発日記の第7回です。前回までで変数の実装が終わったので、ここからはいよいよ制御構文を実装…と思ったのですが、制御のためには比較演算子を実装する必要がありました。 ということで、今回は比較演算子を実装していきます。基本的には四則演算と変わりないのであまり難しくはありません。 目次1 比較演算子の仕様2 実装してみる2.1 トークナイザ2.2 構文解析器2.3 コード生成器2.4 実行系(仮想マシン) 比較演算子の仕様 比較演算子を実装する前に、その仕様について少し考えておきます。 比較演算 ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/14

言語処理系をつくろう(第6回):変数を実装する

自作の言語処理系開発日記、第6回です。 これまでは四則演算など、電卓レベルの機能実装に取り組んでいましたが、いよいよ変数を扱えるようにしていきたいと思います。これでかなりプログラミング言語っぽくなるかも(・∀・) 今回は新しい仕組みを入れたりと、割と修正がごちゃごちゃしてしまったので、うまくまとめきれていません。ごめんなさい…。 目次1 変数の実装について2 実装してみる2.1 トークナイザ2.2 構文解析器2.3 コード生成器2.4 実行系(仮想マシン) 変数の実装について これまでは即値しか扱っていな ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/14

言語処理系をつくろう(第5回):連続した式の実行

自作の言語処理系開発日記の第5回です。 前回までで括弧を含んだ四則演算ができるようになりましたが、このままでは単なる電卓止まりです。ということで、今回は複数の式を連続して実行できる仕組みを実装していきたいと思います。 目次1 生成規則を考える2 実装してみる2.1 構文解析器2.2 コード生成 生成規則を考える これまでは入力全体を1つの式として解釈していましたが、今回は式の区切りを定義して複数の式として解釈できるようにします。 C言語だと「;」や「,」が区切り文字として使われますが、開発中の言語(roo ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/14

言語処理系をつくろう(第4回):括弧付き計算と単項演算子

自作の言語処理系開発日記の第4回です。前回までで乗除算を実装できたので、この調子でもう少し複雑な計算に対応したいと思います。今回はそれぞれの実装が少ないので、一気に2つのステップを進めます。 目次1 括弧を含む計算1.1 生成規則をいじる2 単項演算子(+と-)2.1 生成規則をいじる 括弧を含む計算 これまでの実装では、乗除算は必ず加減算に先立って実行されます。しかし、それでは不十分なので、括弧を含む計算(例:(1+2)*3)を実行できるようにします。 生成規則をいじる 今回も構文解析器の生成規則を修正 ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/14

言語処理系をつくろう(第3回):乗除算を実装する

自作の言語処理系開発日記の第3回です。前回は加減算を実装したので、今回は乗除算の実装にチャレンジしていきます。 目次1 実装してみる1.1 構文解析器 実装してみる 今回の実装において、トークナイザ・コード生成器・実行系(仮想マシン)については加減算のときと変わりません。単純に各種定義を追加して、それを扱えるようにしてあげるだけです。 一方、構文解析器についてはちょっとややこしいので、そこだけ解説します。 構文解析器 加減算では演算の優先順位がなかったので、単純に左結合(=左から順に計算していく)で処理し ...

この記事を読む

-日記

© 2020 Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~