RaspberryPi

RaspberryPi3でHDMI出力の解像度を変更する方法

先日購入したRaspberryPi3と小型ディスプレイですが、いざ使ってみるとデフォルトの状態では文字が小さすぎて、何が何だかわかりません。

ラズパイとディスプレイはHDMIで接続されているので、HDMI設定をいじれば見やすくできるはずと思い、試してみることにしました。

出力の解像度を設定する

まず、ラズパイが出力する映像の解像度を変更します。解像度の変更は起動時に読み込まれるconfig.txtの中身をいじればOKです。

vi /boot/config.txt

今回の修正で関係する項目は、フレームバッファのサイズとHDMIの動作モードです。デフォルトではすべてコメントアウトされていましたが、設定としてはVGAで動いているようです。

# uncomment to force a console size. By default it will be display's size minus
# overscan.
#framebuffer_width=1280
#framebuffer_height=720

# uncomment to force a specific HDMI mode (this will force VGA)
#hdmi_group=1
#hdmi_mode=1

これらの項目を今回は以下のようにしました。ディスプレイの解像度が480×320なので、それに合わせて設定しています。

# uncomment to force a console size. By default it will be display's size minus
# overscan.
framebuffer_width=480
framebuffer_height=320

# uncomment to force a specific HDMI mode (this will force VGA)
hdmi_group=2
hdmi_mode=87
hdmi_cvt=480 320 60 1 0 0 0

ちなみに各設定項目の意味はこんな感じです。

設定値 説明
framebuffer_width フレームバッファの横幅
framebuffer_height フレームバッファの高さ
hdmi_group 1=CEA、2=DMT
hdmi_mode HDMIの動作モード(1~86は予約済み)
hdmi_cvt width 横幅
height 高さ
framerate フレームレート
aspect アスペクト比
1=4:3、2=14:9、3=16:9、4=5:4、5=16:10、6=15:9
margins 0=マージン無効、1=マージン有効
interlace 0=プログレッシブ、1=インタレース
rb 0=通常、1=ブランク削除

画面上部のロゴを消す

映像の解像度は変更できましたが、ついでに画面上部に出るラズパイのロゴも非表示にしてしまいます。大きいディスプレイであれば気になりませんが、小さいディスプレイだとちょっとでも表示領域を確保したいので。

ロゴを消すには、カーネル起動時の引数になる「cmdline.txt」を編集します。

vi /boot/cmdline.txt

色々な設定がずらっと1行に並んで書いてあるので、その後ろに「logo.nologo」を追記します。これで準備は完了です。

dwc_otg.lpm_enable=0 console=serial0,115200 console=tty1 root=PARTUUID=34bbc08d-02 rootfstype=ext4 elevator=deadline fsck.repair=yes rootwait logo.nologo

起動させてみた

これらの修正を加えて起動させてみたところ、無事に文字が視認できるようになりました。ロゴも消えているので画面いっぱいに情報を確認できます(・∀・)

その気になれば、ソースコードの編集もできてしまいます。ポータブルな開発環境の完成です笑

ということで、今回の目標達成です。設定を変更すれば様々な解像度のディスプレイに対応できるので、画面表示周りでお困りの方は試してみて下さいm(_ _)m

ではではノシ

広告の表示がブロックされています。
広告の表示がブロックされています。

関連記事

Flutter プログラミング

2021/8/2

【Flutter】アプリ内の設定値を実装する方法

アプリ内で独自の設定を作る場合、そのデータを保持する方法を考える必要があります。 SQL、テキストファイルなど選択肢は多々ありますが、shared_preferencesというパッケージを使えば簡単に実装することができます。 Dart packages  1 User 29 Pocketsshared_preferences | Flutter PackageFlutter plugin for reading and writing simple key-value pairs. Wraps ...

この記事を読む

RaspberryPi Linux

2021/4/18

YoctoでRaspberryPi4のイメージをビルドしてみた

昨今、様々なデバイスでLinuxが動くようになっている中、組み込みLinuxのデファクトスタンダードとなりつつあるのが「Yocto」と呼ばれるビルドシステムです。 組み込みの現場ではその名前を聞くことが増えましたが、まだまだ日本ではドキュメントも乏しくイマイチ掴み所がありません。そこで、まずは使ってみようということでRaspberry Pi4のイメージをビルドしてみることにしました。 目次1 Yoctoとは?2 Raspberry Pi4のイメージを作ってみる2.1 下準備2.2 Yocto本体+ラズパイ ...

この記事を読む

C++ 自作物

2021/8/1

言語処理系をつくろう(第7回):比較演算子を実装する

自作の言語処理系開発日記の第7回です。前回までで変数の実装が終わったので、ここからはいよいよ制御構文を実装…と思ったのですが、制御のためには比較演算子を実装する必要がありました。 ということで、今回は比較演算子を実装していきます。基本的には四則演算と変わりないのであまり難しくはありません。 目次1 比較演算子の仕様2 実装してみる2.1 トークナイザ2.2 構文解析器2.3 コード生成器2.4 実行系(仮想マシン) 比較演算子の仕様 比較演算子を実装する前に、その仕様について少し考えておきます。 比較演算 ...

この記事を読む

C++ 自作物

2021/8/1

言語処理系をつくろう(第6回):変数を実装する

自作の言語処理系開発日記、第6回です。 これまでは四則演算など、電卓レベルの機能実装に取り組んでいましたが、いよいよ変数を扱えるようにしていきたいと思います。これでかなりプログラミング言語っぽくなるかも(・∀・) 今回は新しい仕組みを入れたりと、割と修正がごちゃごちゃしてしまったので、うまくまとめきれていません。ごめんなさい…。 目次1 変数の実装について2 実装してみる2.1 トークナイザ2.2 構文解析器2.3 コード生成器2.4 実行系(仮想マシン) 変数の実装について これまでは即値しか扱っていな ...

この記事を読む

C++ 自作物

2021/8/1

言語処理系をつくろう(第5回):連続した式の実行

自作の言語処理系開発日記の第5回です。 前回までで括弧を含んだ四則演算ができるようになりましたが、このままでは単なる電卓止まりです。ということで、今回は複数の式を連続して実行できる仕組みを実装していきたいと思います。 目次1 生成規則を考える2 実装してみる2.1 構文解析器2.2 コード生成 生成規則を考える これまでは入力全体を1つの式として解釈していましたが、今回は式の区切りを定義して複数の式として解釈できるようにします。 C言語だと「;」や「,」が区切り文字として使われますが、開発中の言語(roo ...

この記事を読む

  • このブログの中の人

Ryo Yoneyama

とある会社でソフトウェアエンジニアをしています。技術的な備忘録を中心にまとめてます。ネタがあれば日記も書きます。

-RaspberryPi

© 2021 Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~