C言語 Linux

ccacheでビルドを高速化してみた

C言語でモジュールを書いていて、直す→ビルド→直す→ビルド…を繰り返しているとビルドの待ち時間が増えてイライラということがよくあります。

そもそも「そんなにチマチマ直すな!」と言われればそれまでなのですが、一気に直してまとめて動作確認だと、バグっているときにどこが悪かったのか分からなくなるので、あまり好きではありません。

そんなこともあり、ビルドの時間をちょっとでも短くしたいなぁと思っていた矢先、ccacheなるツールの存在を知ったので使ってみることにしました(・∀・)

ccacheって何?

まずccacheって何?という話ですが、公式ページによると以下のように紹介されています。

ccache is a compiler cache. It speeds up recompilation by caching previous compilations and detecting when the same compilation is being done again. Supported languages are C, C++, Objective-C and Objective-C++.

ざっくりまとめると、「コンパイル時にキャッシュを作って、次のビルドはそのキャッシュを使って高速化する」ということだそうです。つまり、同じコードを繰り返しビルドするなら前の成果物を使いましょう、というものですね。

ccacheをインストール

今回はソースコードからccacheをインストールしてみます。2017/3/27の時点で最新は3.3.4でした。

$ tar zxvf ccache-3.3.4.tar.gz
$ cd ccache-3.3.4
$ ./configure
$ make
# make install

「ccaceh -s」のコマンドでキャッシュの統計情報が見れればOKです。もちろん、インストール直後はキャッシュがないのでどれも0になります。

$ ccache -s
cache directory /home/corgi/.ccache
primary config /home/corgi/.ccache/ccache.conf
secondary config (readonly) /usr/local/etc/ccache.conf
cache hit (direct) 0
cache hit (preprocessed) 0
cache miss 0
cache hit rate 0.00 %
cleanups performed 0
files in cache 0 ← キャッシュは空
cache size 0.0 kB
max cache size 5.0 GB ← キャッシュの最大サイズ(デフォルトは5GB)

ccacheの使い方

ccacheの使い方は大きく分けて2つあるようです。

ccacheでコンパイラをラップする

お手軽にccacheを使うならこの方法がオススメです。gccの先頭にccacheを付けて以下のような形でビルドします。

$ ccache gcc hoge.c

これだけで内部的にキャッシュを使ったビルドができるようになります。もちろん、最初の1回はキャッシュがないので高速化の効果はありません。

シンボリックリンクを張る

先の方法は明示的にccacheを有効にする方法でしたが、「いつでもccacheを有効にしたいんだ!」という場合には次のようにすればOKです。

# ls -s /usr/local/bin/ccache /usr/local/bin/gcc

gccの名前でccacheにシンボリックリンクを張るとそれ以降、gccを実行するだけで常にccacheが有効になります。

一度設定してしまえば良いので便利ではありますが、キャッシュを作るほどでもないプログラムでもキャッシュを作ってしまうため、パフォーマンス低下やストレージの圧迫がちょっと心配かも。

ホントに速くなるのか?

気になる効果を検証するために、今回はlighttpd(軽量httpサーバ)のビルド時間を計測してみました。lighttpdを選んだのは、それなりに大きくて複雑なプログラムの方が効果が見やすいと思ったからです。

条件 ビルド時間
ccacheなし 26秒
ccacheあり(1回目) 25秒
ccacheあり(2回目) 10秒

たしかに「ccacheあり」の時は2回目のビルドが約2.5倍に高速化できていることが分かります。より大きなプログラムだともっと顕著に効果が現れるかもしれません。

まとめ

実験により、ccacheによるビルドの高速化を確かめることができました。ある程度大きなプログラムでないと高速化の効果は薄いと思いますが、使い方によっては開発効率の向上に役立つと思います。

NFSにより複数台のPCでキャッシュを共有できる仕組みも備わっているため、チームでの開発にも導入できると幸せになれるかも。そちらは別の機会に試してみたいと思います(・∀・)

ではではノシ

関連記事

日記 自作物

2020/5/14

GitHubのコントリビューション数をグラフ化してみた

先日、ブログのトップページにGitHubの草を表示してみたという記事をあげました。 Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~ブログ内にGithubの草を生やしてみた今回はちょっとした小ネタです。お気づきの方もいるかもしれませんが、PC限定でブログのページ上部にGithubのコントリビューションを表示してみました。俗にいう「草を生やす」というやつです。特に深い意図はありませんが、これがあるだけでぐっと技術系ブログ色が... GitHubの草(コントリビューション)は日々の活動が可視化されるので、個 ...

この記事を読む

RaspberryPi

2020/5/6

Raspberry Pi4上のUbuntu ServerでCPUクロックを制限する方法

Raspberry Pi4は消費電力が大きく発熱がちょっと心配です。そのため、用途によっては意図的にCPUの動作クロックを絞って消費電力と発熱を抑えるという運用もアリかと思います。 CPUクロックの設定方法の多くはRaspbianを例に挙げていますが、Ubuntu Serverでも同じ方法で設定できたので、備忘録として残しておきたいと思います。 動作環境は、 ・Raspberry Pi4本体:モデルB(メモリ4GB) ・OS:Ubuntu Server 20.04 です。 目次CPU状態のチェッククロック ...

この記事を読む

RaspberryPi Linux

2020/5/2

RaspberryPi4でUbuntu Server 20.04を動かしてみた

新しい遊び道具として、RaspberryPi4(ModelB 4GBメモリ)を買いました。 前モデルと比べて大幅に性能アップしているということで、学習用のLinux環境としても実用的なものになりそうです。ということで、今回はRaspbian(ラズパイの標準OS)ではなく、Ubuntu Serverをインストールして使ってみたいと思います(・∀・) 目次OSイメージのダウンロードSDカードにイメージを書き込む初期起動+設定固定IPアドレスを設定する OSイメージのダウンロード まずはUbuntu Serve ...

この記事を読む

日記

2020/5/14

ブログ内にGithubの草を生やしてみた

今回はちょっとした小ネタです。 お気づきの方もいるかもしれませんが、PC限定でブログのページ上部にGithubのコントリビューションを表示してみました。俗にいう「草を生やす」というやつです。 特に深い意図はありませんが、これがあるだけでぐっと技術系ブログ色が強まるので、遊び半分で組み込んでみました。そこまで難しくないので、その方法を紹介しようと思います。 目次生やすだけなら簡単ちょっとひと工夫画像の取得はwget+Cronであとはブログ内に貼るだけ後日談:自分でグラフをつくってみました 生やすだけなら簡単 ...

この記事を読む

Flutter

2020/4/12

【Flutter】リリースチャンネルについて調べてみた

この記事を書いている2020/04/12時点で、FlutterのiOS実機ビルドが以下のようなエラーで通らなくなっています(´・ω・) Building for iOS, but the linked and embedded framework 'App.framework' was built for iOS Simulator. どうやら、最新のXcode11.4とstableチャンネルの組み合わせが原因らしく、Flutterのチャンネルを切り替えてあげればOKとのことでした。 とりあえず、stab ...

この記事を読む

-C言語, Linux

© 2020 Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~