C言語 Linux

ccacheでビルドを高速化してみた

C言語でモジュールを書いていて、直す→ビルド→直す→ビルド…を繰り返しているとビルドの待ち時間が増えてイライラということがよくあります。

そもそも「そんなにチマチマ直すな!」と言われればそれまでなのですが、一気に直してまとめて動作確認だと、バグっているときにどこが悪かったのか分からなくなるので、あまり好きではありません。

そんなこともあり、ビルドの時間をちょっとでも短くしたいなぁと思っていた矢先、ccacheなるツールの存在を知ったので使ってみることにしました(・∀・)

ccacheって何?

まずccacheって何?という話ですが、公式ページによると以下のように紹介されています。

ccache is a compiler cache. It speeds up recompilation by caching previous compilations and detecting when the same compilation is being done again. Supported languages are C, C++, Objective-C and Objective-C++.

ざっくりまとめると、「コンパイル時にキャッシュを作って、次のビルドはそのキャッシュを使って高速化する」ということだそうです。つまり、同じコードを繰り返しビルドするなら前の成果物を使いましょう、というものですね。

ccacheをインストール

今回はソースコードからccacheをインストールしてみます。2017/3/27の時点で最新は3.3.4でした。

$ tar zxvf ccache-3.3.4.tar.gz
$ cd ccache-3.3.4
$ ./configure
$ make
# make install

「ccaceh -s」のコマンドでキャッシュの統計情報が見れればOKです。もちろん、インストール直後はキャッシュがないのでどれも0になります。

$ ccache -s
cache directory /home/corgi/.ccache
primary config /home/corgi/.ccache/ccache.conf
secondary config (readonly) /usr/local/etc/ccache.conf
cache hit (direct) 0
cache hit (preprocessed) 0
cache miss 0
cache hit rate 0.00 %
cleanups performed 0
files in cache 0 ← キャッシュは空
cache size 0.0 kB
max cache size 5.0 GB ← キャッシュの最大サイズ(デフォルトは5GB)

ccacheの使い方

ccacheの使い方は大きく分けて2つあるようです。

ccacheでコンパイラをラップする

お手軽にccacheを使うならこの方法がオススメです。gccの先頭にccacheを付けて以下のような形でビルドします。

$ ccache gcc hoge.c

これだけで内部的にキャッシュを使ったビルドができるようになります。もちろん、最初の1回はキャッシュがないので高速化の効果はありません。

シンボリックリンクを張る

先の方法は明示的にccacheを有効にする方法でしたが、「いつでもccacheを有効にしたいんだ!」という場合には次のようにすればOKです。

# ls -s /usr/local/bin/ccache /usr/local/bin/gcc

gccの名前でccacheにシンボリックリンクを張るとそれ以降、gccを実行するだけで常にccacheが有効になります。

一度設定してしまえば良いので便利ではありますが、キャッシュを作るほどでもないプログラムでもキャッシュを作ってしまうため、パフォーマンス低下やストレージの圧迫がちょっと心配かも。

ホントに速くなるのか?

気になる効果を検証するために、今回はlighttpd(軽量httpサーバ)のビルド時間を計測してみました。lighttpdを選んだのは、それなりに大きくて複雑なプログラムの方が効果が見やすいと思ったからです。

条件 ビルド時間
ccacheなし 26秒
ccacheあり(1回目) 25秒
ccacheあり(2回目) 10秒

たしかに「ccacheあり」の時は2回目のビルドが約2.5倍に高速化できていることが分かります。より大きなプログラムだともっと顕著に効果が現れるかもしれません。

まとめ

実験により、ccacheによるビルドの高速化を確かめることができました。ある程度大きなプログラムでないと高速化の効果は薄いと思いますが、使い方によっては開発効率の向上に役立つと思います。

NFSにより複数台のPCでキャッシュを共有できる仕組みも備わっているため、チームでの開発にも導入できると幸せになれるかも。そちらは別の機会に試してみたいと思います(・∀・)

ではではノシ

関連記事

Linux

2020/3/28

SSHで公開鍵認証を設定する方法

これまでに何度かLinuxでサーバーを立てて遊んだりしていますが、毎回忘れてしまうのがSSHの公開鍵認証の設定方法です。一度設定してしまえば頻繁に触るものでもないので、ついつい忘却の彼方へ消えてしまいます(´・ω・`) この先、毎回調べなおすのも面倒なので、これを機に手順をまとめておくことにしました。ちなみに、サーバー(接続される側)がLinuxの想定です。 目次手順1:クライアント側で鍵ペアを作る手順2:サーバーに公開鍵を設定する手順3:SSHサーバーの設定 手順1:クライアント側で鍵ペアを作る まずは ...

この記事を読む

Flutter

2020/3/10

【Flutter】FutureBuilderで非同期にWidgetを生成する

ここ最近、Flutterでアプリを作ってきてある程度の知識がたまってきたので、徐々にこちらでもアウトプットしていこうと思います。 アプリの機能が複雑になってくると、外部との通信や重たい処理の終了を待ってからWidgetを生成したいときがあります。そんなときはFutureBuilderという仕組みを使うと簡単に非同期でWidgetが生成できます。 目次FutureBuilderの使い方builderについて非同期処理の状態を見る非同期処理の結果を取り出すまとめ参考 FutureBuilderの使い方 Fut ...

この記事を読む

日記 自作物

2020/3/7

FlutterでToDoアプリをつくってみた

最近、Flutterを使ったモバイルアプリの開発にハマっているのですが、前回このブログでも紹介した「SaltyStock」というアプリに続き、新しいアプリをリリースしました(・∀・) App Store‎CotoMemo‎CotoMemoはタブ型のToDoアプリです。仕事からプライベートまで、日々のやるべきこと(Coto)を気軽にメモ(Memo)する感覚で整理することができます。【主な機能】・タブによるタスク管理タブ毎にタスク整理ができるので、このアプリ1つで仕事もプライベートもあら... リリースしたの ...

この記事を読む

日記 自作物

2019/12/22

FlutterでiOS/Androidアプリを作ってみた

2019年の密かな目標の1つとして「スマホアプリを作ってリリースする」というのを掲げていたのですが、なんとか年内に達成することができました(・∀・) どうせ作るならiOS/Android両対応がいい!ということで、FlutterというGoogle製のフレームワークを使いました。開発したのは「SaltyStock」というアプリです。長期保有して塩漬け状態になっている株式銘柄を管理するというかなりニッチなアプリです笑。 「個人的にこういうのあったらいいな」というものを作ることができたので、概ね満足です。もし興 ...

この記事を読む

Linux

2020/3/10

Docker + Growiでイントラ向けWikiを立ち上げる

チーム開発をしていくうえで、課題の1つになるのが情報共有です。チームの歴史が長いと経験値は溜まっていきますが、それらが情報として整理されていないとメンバー交代時などに大きなコストが発生します。 そこで、イントラ向けのナレッジベース(Wiki)を探していたところ、Growiという良さげなOSSを見つけたので、お試し環境を立ち上げてみることにしました。手元の環境はUbuntu18.04ですが、Linuxであれば大体同じような手順になると思います。 目次DockerのインストールGrowiの準備接続ポートの変更 ...

この記事を読む

-C言語, Linux

Copyright© Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~ , 2020 All Rights Reserved.