C言語 Linux

ccacheでビルドを高速化してみた

C言語でモジュールを書いていて、直す→ビルド→直す→ビルド…を繰り返しているとビルドの待ち時間が増えてイライラということがよくあります。

そもそも「そんなにチマチマ直すな!」と言われればそれまでなのですが、一気に直してまとめて動作確認だと、バグっているときにどこが悪かったのか分からなくなるので、あまり好きではありません。

そんなこともあり、ビルドの時間をちょっとでも短くしたいなぁと思っていた矢先、ccacheなるツールの存在を知ったので使ってみることにしました(・∀・)

ccacheって何?

まずccacheって何?という話ですが、公式ページによると以下のように紹介されています。

ccache is a compiler cache. It speeds up recompilation by caching previous compilations and detecting when the same compilation is being done again. Supported languages are C, C++, Objective-C and Objective-C++.

ざっくりまとめると、「コンパイル時にキャッシュを作って、次のビルドはそのキャッシュを使って高速化する」ということだそうです。つまり、同じコードを繰り返しビルドするなら前の成果物を使いましょう、というものですね。

ccacheをインストール

今回はソースコードからccacheをインストールしてみます。2017/3/27の時点で最新は3.3.4でした。

$ tar zxvf ccache-3.3.4.tar.gz
$ cd ccache-3.3.4
$ ./configure
$ make
# make install

「ccaceh -s」のコマンドでキャッシュの統計情報が見れればOKです。もちろん、インストール直後はキャッシュがないのでどれも0になります。

$ ccache -s
cache directory /home/corgi/.ccache
primary config /home/corgi/.ccache/ccache.conf
secondary config (readonly) /usr/local/etc/ccache.conf
cache hit (direct) 0
cache hit (preprocessed) 0
cache miss 0
cache hit rate 0.00 %
cleanups performed 0
files in cache 0 ← キャッシュは空
cache size 0.0 kB
max cache size 5.0 GB ← キャッシュの最大サイズ(デフォルトは5GB)

ccacheの使い方

ccacheの使い方は大きく分けて2つあるようです。

ccacheでコンパイラをラップする

お手軽にccacheを使うならこの方法がオススメです。gccの先頭にccacheを付けて以下のような形でビルドします。

$ ccache gcc hoge.c

これだけで内部的にキャッシュを使ったビルドができるようになります。もちろん、最初の1回はキャッシュがないので高速化の効果はありません。

シンボリックリンクを張る

先の方法は明示的にccacheを有効にする方法でしたが、「いつでもccacheを有効にしたいんだ!」という場合には次のようにすればOKです。

# ls -s /usr/local/bin/ccache /usr/local/bin/gcc

gccの名前でccacheにシンボリックリンクを張るとそれ以降、gccを実行するだけで常にccacheが有効になります。

一度設定してしまえば良いので便利ではありますが、キャッシュを作るほどでもないプログラムでもキャッシュを作ってしまうため、パフォーマンス低下やストレージの圧迫がちょっと心配かも。

ホントに速くなるのか?

気になる効果を検証するために、今回はlighttpd(軽量httpサーバ)のビルド時間を計測してみました。lighttpdを選んだのは、それなりに大きくて複雑なプログラムの方が効果が見やすいと思ったからです。

条件 ビルド時間
ccacheなし 26秒
ccacheあり(1回目) 25秒
ccacheあり(2回目) 10秒

たしかに「ccacheあり」の時は2回目のビルドが約2.5倍に高速化できていることが分かります。より大きなプログラムだともっと顕著に効果が現れるかもしれません。

まとめ

実験により、ccacheによるビルドの高速化を確かめることができました。ある程度大きなプログラムでないと高速化の効果は薄いと思いますが、使い方によっては開発効率の向上に役立つと思います。

NFSにより複数台のPCでキャッシュを共有できる仕組みも備わっているため、チームでの開発にも導入できると幸せになれるかも。そちらは別の機会に試してみたいと思います(・∀・)

ではではノシ

広告の表示がブロックされています。
広告の表示がブロックされています。

関連記事

C++ 自作物

2020/8/14

言語処理系をつくろう(第7回):比較演算子を実装する

自作の言語処理系開発日記の第7回です。前回までで変数の実装が終わったので、ここからはいよいよ制御構文を実装…と思ったのですが、制御のためには比較演算子を実装する必要がありました。 ということで、今回は比較演算子を実装していきます。基本的には四則演算と変わりないのであまり難しくはありません。 目次1 比較演算子の仕様2 実装してみる2.1 トークナイザ2.2 構文解析器2.3 コード生成器2.4 実行系(仮想マシン) 比較演算子の仕様 比較演算子を実装する前に、その仕様について少し考えておきます。 比較演算 ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/14

言語処理系をつくろう(第6回):変数を実装する

自作の言語処理系開発日記、第6回です。 これまでは四則演算など、電卓レベルの機能実装に取り組んでいましたが、いよいよ変数を扱えるようにしていきたいと思います。これでかなりプログラミング言語っぽくなるかも(・∀・) 今回は新しい仕組みを入れたりと、割と修正がごちゃごちゃしてしまったので、うまくまとめきれていません。ごめんなさい…。 目次1 変数の実装について2 実装してみる2.1 トークナイザ2.2 構文解析器2.3 コード生成器2.4 実行系(仮想マシン) 変数の実装について これまでは即値しか扱っていな ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/14

言語処理系をつくろう(第5回):連続した式の実行

自作の言語処理系開発日記の第5回です。 前回までで括弧を含んだ四則演算ができるようになりましたが、このままでは単なる電卓止まりです。ということで、今回は複数の式を連続して実行できる仕組みを実装していきたいと思います。 目次1 生成規則を考える2 実装してみる2.1 構文解析器2.2 コード生成 生成規則を考える これまでは入力全体を1つの式として解釈していましたが、今回は式の区切りを定義して複数の式として解釈できるようにします。 C言語だと「;」や「,」が区切り文字として使われますが、開発中の言語(roo ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/14

言語処理系をつくろう(第4回):括弧付き計算と単項演算子

自作の言語処理系開発日記の第4回です。前回までで乗除算を実装できたので、この調子でもう少し複雑な計算に対応したいと思います。今回はそれぞれの実装が少ないので、一気に2つのステップを進めます。 目次1 括弧を含む計算1.1 生成規則をいじる2 単項演算子(+と-)2.1 生成規則をいじる 括弧を含む計算 これまでの実装では、乗除算は必ず加減算に先立って実行されます。しかし、それでは不十分なので、括弧を含む計算(例:(1+2)*3)を実行できるようにします。 生成規則をいじる 今回も構文解析器の生成規則を修正 ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/14

言語処理系をつくろう(第3回):乗除算を実装する

自作の言語処理系開発日記の第3回です。前回は加減算を実装したので、今回は乗除算の実装にチャレンジしていきます。 目次1 実装してみる1.1 構文解析器 実装してみる 今回の実装において、トークナイザ・コード生成器・実行系(仮想マシン)については加減算のときと変わりません。単純に各種定義を追加して、それを扱えるようにしてあげるだけです。 一方、構文解析器についてはちょっとややこしいので、そこだけ解説します。 構文解析器 加減算では演算の優先順位がなかったので、単純に左結合(=左から順に計算していく)で処理し ...

この記事を読む

  • このブログの中の人
アバター

Ryo Yoneyama

とある会社でソフトウェアエンジニアをしています。技術的な備忘録を中心にまとめてます。ネタがあれば日記も書きます。

-C言語, Linux

© 2020 Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~