Linux

Linuxで独自コマンドを定義する方法

最近覚えたLinuxの便利ワザについて備忘録です。

コマンドラインでLinuxの操作をする場合、コマンドを順に実行して作業を進めていくわけですが、人によっては定型文化している作業もあるのではないでしょうか?

私の場合、「ディレクトリを作ってそこに移動する」なんていう操作がまさにそれで、以下のようにmkdirとcdコマンドで済ませていました。

$ mkdir test
$ cd test

しかし、何回かこの操作をしているうちに「毎回2つコマンド叩くの面倒くさい…」と思いはじめたので、独自コマンドを定義する方法を調べてみることにしました。

aliasで解決?

まずはじめにやってみたのがaliasを使う方法です。aliasとは「コマンドに別名をつける」というイメージです。

実際に、以下のようにすると「ディレクトリを作ってそこに移動する」を1つのコマンドで定義できます。今回はmcdirという名前で定義してみました。

$ pwd
/home/corgi
$ alias mcdir='mkdir test && cd test'
$ mcdir
$ pwd
/home/corgi/test ← testの作成+移動ができた

これで解決か!と思いきや、これには大きな弱点が…。見て分かるように、この方法だとディレクトリ名を指定できません。必ず「test」という名前でディレクトリができてしまいます。

私が求めているのは「ディレクトリ名を指定して作成+移動」なので、aliasではちょっと無理そう(´・ω・)

関数定義で解決!

引数を指定したコマンドを定義する場合、aliasではなく関数定義を使えばOKだということがわかりました。

今回の場合、関数定義でコマンドを定義するとこんな感じになります。

$ pwd
/home/corgi
$ mcdir()
> {
> mkdir $1 && cd $1
> }
$ mcdir test
$ pwd
/home/corgi/test ← testの作成+移動ができた

さきほどのaliasと違って、シェルスクリプトのような形でコマンドを定義することができます。なんとかこれでやりたいことが実現できました(・∀・)

永続化も忘れずに

aliasまたは関数定義で定義したコマンドは、あくまでも一時的な定義なので、再起動やログオフによって消えてしまいます。

これらの定義を永続化したい場合は、ホームディレクトリ下の「.bash_profile」に定義をそのまま書いてあげればOKです。

$ vi ~/.bash_profile
$ source ~/.bash_profile

これで好きなコマンドをいつでも使える形で定義することができました。使いこなせば作業効率アップにもつながるので、積極的に使ってみたいと思います。

ではではノシ

広告の表示がブロックされています。
広告の表示がブロックされています。

関連記事

C++ 自作物

2020/8/14

言語処理系をつくろう(第7回):比較演算子を実装する

自作の言語処理系開発日記の第7回です。前回までで変数の実装が終わったので、ここからはいよいよ制御構文を実装…と思ったのですが、制御のためには比較演算子を実装する必要がありました。 ということで、今回は比較演算子を実装していきます。基本的には四則演算と変わりないのであまり難しくはありません。 目次1 比較演算子の仕様2 実装してみる2.1 トークナイザ2.2 構文解析器2.3 コード生成器2.4 実行系(仮想マシン) 比較演算子の仕様 比較演算子を実装する前に、その仕様について少し考えておきます。 比較演算 ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/14

言語処理系をつくろう(第6回):変数を実装する

自作の言語処理系開発日記、第6回です。 これまでは四則演算など、電卓レベルの機能実装に取り組んでいましたが、いよいよ変数を扱えるようにしていきたいと思います。これでかなりプログラミング言語っぽくなるかも(・∀・) 今回は新しい仕組みを入れたりと、割と修正がごちゃごちゃしてしまったので、うまくまとめきれていません。ごめんなさい…。 目次1 変数の実装について2 実装してみる2.1 トークナイザ2.2 構文解析器2.3 コード生成器2.4 実行系(仮想マシン) 変数の実装について これまでは即値しか扱っていな ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/14

言語処理系をつくろう(第5回):連続した式の実行

自作の言語処理系開発日記の第5回です。 前回までで括弧を含んだ四則演算ができるようになりましたが、このままでは単なる電卓止まりです。ということで、今回は複数の式を連続して実行できる仕組みを実装していきたいと思います。 目次1 生成規則を考える2 実装してみる2.1 構文解析器2.2 コード生成 生成規則を考える これまでは入力全体を1つの式として解釈していましたが、今回は式の区切りを定義して複数の式として解釈できるようにします。 C言語だと「;」や「,」が区切り文字として使われますが、開発中の言語(roo ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/14

言語処理系をつくろう(第4回):括弧付き計算と単項演算子

自作の言語処理系開発日記の第4回です。前回までで乗除算を実装できたので、この調子でもう少し複雑な計算に対応したいと思います。今回はそれぞれの実装が少ないので、一気に2つのステップを進めます。 目次1 括弧を含む計算1.1 生成規則をいじる2 単項演算子(+と-)2.1 生成規則をいじる 括弧を含む計算 これまでの実装では、乗除算は必ず加減算に先立って実行されます。しかし、それでは不十分なので、括弧を含む計算(例:(1+2)*3)を実行できるようにします。 生成規則をいじる 今回も構文解析器の生成規則を修正 ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/14

言語処理系をつくろう(第3回):乗除算を実装する

自作の言語処理系開発日記の第3回です。前回は加減算を実装したので、今回は乗除算の実装にチャレンジしていきます。 目次1 実装してみる1.1 構文解析器 実装してみる 今回の実装において、トークナイザ・コード生成器・実行系(仮想マシン)については加減算のときと変わりません。単純に各種定義を追加して、それを扱えるようにしてあげるだけです。 一方、構文解析器についてはちょっとややこしいので、そこだけ解説します。 構文解析器 加減算では演算の優先順位がなかったので、単純に左結合(=左から順に計算していく)で処理し ...

この記事を読む

-Linux

© 2020 Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~