Python Linux

CentOS7にPython3をインストールしてみた

CentOS7でPythonを使おうとしましたが、デフォルトでは2.x系のバージョンしかないらしく、3.x系を使うには別途インストールする必要があるみたいです。

ということで、インストールしてみたのでその覚え書きです。

前準備(必要なパッケージのインストール)

まずは依存関係にあるパッケージをインストールします。

# sudo yum install gcc zlib-devel bzip2 bzip2-devel readline readline-devel sqlite sqlite-devel openssl openssl-devel git

pyenvのインストール

次はpyenvなるものをインストールします。これを使うと2.x系と3.x系の共存が簡単にできたりして便利みたいです。

こちらはgitでリポジトリをcloneしてきます。以下のコマンドだとホームディレクトリ下の.pyenvという場所にcloneされますが、たぶん別の場所でもOKです。

# git clone https://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv

cloneができたら、システムの環境変数にパスを通してあげます。

# vi .bash_profile

今回は~/.pyenvにインストールしたので、こんな感じの内容を追記して保存します。別の場所にインストールした場合は「$HOME/.pyenv」の部分を置き換えてください。

export PYENV_PATH="$HOME/.pyenv"
export PATH="$PATH:$PYENV_PATH/bin"
eval "$(pyenv init -)"

最後に以下のコマンドでbash_profileを反映すれば完了です。

# source .bash_profile

ちゃんとパスが通っていれば、次のコマンドでこんな感じの結果が出力されます。

# pyenv version
system (set by /home/<ユーザー名>/.pyenv/version)

Python3.x系のインストール

さきほどインストールしたpyenvを利用してPython本体をインストールします。
まずは以下のコマンドで利用可能なバージョンを確認。

# pyenv install --list
Available versions:
2.1.3
2.2.3
...
...
3.5.3
3.6.0
3.6-dev
3.7-dev

これを見る限り最新の安定版は3.6.0みたいなので、3.6.0をインストールします。

# pyenv install 3.6.0

インストールしただけだと、システム上はデフォルトで入っている2.x系のままなので、3.6.0に切り替えます。

# pyenv global 3.6.0
# pyenv rehash

次のコマンドを実行して無事にバージョンが3.6.0になっていれば作業完了です。

# python --version
Python 3.6.0

補足:元のバージョン(2.x系)に戻す

上記の手順では2.x系を削除したわけではないので、以下のコマンドでいつでも元に戻せます。

# pyenv global system
# pyenv rehash
# python --version
Python 2.7.5
広告の表示がブロックされています。
広告の表示がブロックされています。

関連記事

C++ 自作物

2020/8/14

言語処理系をつくろう(第7回):比較演算子を実装する

自作の言語処理系開発日記の第7回です。前回までで変数の実装が終わったので、ここからはいよいよ制御構文を実装…と思ったのですが、制御のためには比較演算子を実装する必要がありました。 ということで、今回は比較演算子を実装していきます。基本的には四則演算と変わりないのであまり難しくはありません。 目次1 比較演算子の仕様2 実装してみる2.1 トークナイザ2.2 構文解析器2.3 コード生成器2.4 実行系(仮想マシン) 比較演算子の仕様 比較演算子を実装する前に、その仕様について少し考えておきます。 比較演算 ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/14

言語処理系をつくろう(第6回):変数を実装する

自作の言語処理系開発日記、第6回です。 これまでは四則演算など、電卓レベルの機能実装に取り組んでいましたが、いよいよ変数を扱えるようにしていきたいと思います。これでかなりプログラミング言語っぽくなるかも(・∀・) 今回は新しい仕組みを入れたりと、割と修正がごちゃごちゃしてしまったので、うまくまとめきれていません。ごめんなさい…。 目次1 変数の実装について2 実装してみる2.1 トークナイザ2.2 構文解析器2.3 コード生成器2.4 実行系(仮想マシン) 変数の実装について これまでは即値しか扱っていな ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/14

言語処理系をつくろう(第5回):連続した式の実行

自作の言語処理系開発日記の第5回です。 前回までで括弧を含んだ四則演算ができるようになりましたが、このままでは単なる電卓止まりです。ということで、今回は複数の式を連続して実行できる仕組みを実装していきたいと思います。 目次1 生成規則を考える2 実装してみる2.1 構文解析器2.2 コード生成 生成規則を考える これまでは入力全体を1つの式として解釈していましたが、今回は式の区切りを定義して複数の式として解釈できるようにします。 C言語だと「;」や「,」が区切り文字として使われますが、開発中の言語(roo ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/14

言語処理系をつくろう(第4回):括弧付き計算と単項演算子

自作の言語処理系開発日記の第4回です。前回までで乗除算を実装できたので、この調子でもう少し複雑な計算に対応したいと思います。今回はそれぞれの実装が少ないので、一気に2つのステップを進めます。 目次1 括弧を含む計算1.1 生成規則をいじる2 単項演算子(+と-)2.1 生成規則をいじる 括弧を含む計算 これまでの実装では、乗除算は必ず加減算に先立って実行されます。しかし、それでは不十分なので、括弧を含む計算(例:(1+2)*3)を実行できるようにします。 生成規則をいじる 今回も構文解析器の生成規則を修正 ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/14

言語処理系をつくろう(第3回):乗除算を実装する

自作の言語処理系開発日記の第3回です。前回は加減算を実装したので、今回は乗除算の実装にチャレンジしていきます。 目次1 実装してみる1.1 構文解析器 実装してみる 今回の実装において、トークナイザ・コード生成器・実行系(仮想マシン)については加減算のときと変わりません。単純に各種定義を追加して、それを扱えるようにしてあげるだけです。 一方、構文解析器についてはちょっとややこしいので、そこだけ解説します。 構文解析器 加減算では演算の優先順位がなかったので、単純に左結合(=左から順に計算していく)で処理し ...

この記事を読む

-Python, Linux

© 2020 Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~