開発ツール Linux

vim+ctagsでコードのタグジャンプをする方法

お仕事でチーム内の人が書いたコードやオープンソースのコードなど、ある程度のボリュームがあるコードを読むときはサクサクと関数の定義に飛べたりすると便利です。

そこで、ctagsというツールを使えば、vimでもサクサクとコードが読めちゃうかもということで試してみました。

ctagsのインストール

ctagsが入っていなければ、CentOS7では以下のコマンドでインストールできます。

# sudo yum install ctags

ソースコードのtagsファイルを生成する

ソースコードのあるディレクトリに移動して以下のコマンドを実行すると、ソースコードのtagsファイルが生成されます。

# cd <ソースのあるディレクトリ>
# ctags -R

tagsファイルというのは、ソースコード中で「○○の定義は××の△△にあるよ」という情報の一覧みたいなものです。これをvimから利用してあげれば、ある関数の定義にパッと飛んだりすることができます。

vimでtagsファイルを読み込む

tagsファイルができたらvimで以下のコマンドを実行し、tagsファイルを読み込みます。デフォルトではカレントディレクトリのtagsファイルを読み込みますが、tabsファイルの場所を指定して読み込むことも可能です。

:set tags または :set tags=./tags

コマンド実行後、次のようなメッセージが出ていればOKです。

tags=./tags,./TAGS,tags,TAGS

タグジャンプしてみる

ここまでくれば、vimでソースコードのタグジャンプができるようになります。ざっくりとした使い方は以下の通り。

「Ctrl+]」:定義にジャンプ
「Ctrl+o」または「Ctrl+t」または「:pop」:元の場所に戻る

実際に使ってみるとかなり快適です。これまでチマチマと関数名で検索して定義を探して…ということをしていたので、一気にコード読みが楽になりました。

作業の効率化という面でもかなり効果ありそうです(・∀・)

ではではノシ

-開発ツール, Linux