C言語 自作物 プログラミング

自作プログラミング言語「particle」を作ってみた

夏休み中くらいから、個人プロジェクトとしてコツコツと作ってきたものが、それなりの形になってきたので世間の目にさらしてみることにしました。

作っていたものは自作のプログラミング言語です。名前を「particle」と言います。プログラミング言語といっても、電卓以下のことしかできませんし、世間一般でいう言語からすれば粒にも満たないので、粒=particleとしました。

ひとまずの目標として、自作した処理系を使ってフィボナッチ数の計算はできるようになったので、個人的にはプログラミング言語といっても良いレベルまでは達成できたかと思っています。ざっくりとした言語仕様についてはリポジトリのREADMEに記載しているので、興味のある方は見てみてください。

ちなみに、この言語でフィボナッチ数を計算する関数を書くとこんな感じになります。

最初は個人的な勉強のために作りはじめたのですが、それなりに開発を進めていくと、既存のプログラミング言語の偉大さや言語処理系の作りの基礎的な部分が理解できたりと、勉強になることも多く、純粋に楽しいものですね(・∀・)

まだデータも符号付き整数しか扱えないというまさに粒仕様ですが、これからもコツコツ個人プロジェクトとして開発は続けていきたいと思っています。

また進捗あれば記事にしようかと思っているので、期待せずお待ちくださいm(_ _)m

ではではノシ

関連記事

C++ 自作物

2020/8/4

言語処理系をつくろう(第4回):括弧付き計算と単項演算子

自作の言語処理系開発日記の第4回です。前回までで乗除算を実装できたので、この調子でもう少し複雑な計算に対応したいと思います。今回はそれぞれの実装が少ないので、一気に2つのステップを進めます。 目次括弧を含む計算生成規則をいじる単項演算子(+と-)生成規則をいじる 括弧を含む計算 これまでの実装では、乗除算は必ず加減算に先立って実行されます。しかし、それでは不十分なので、括弧を含む計算(例:(1+2)*3)を実行できるようにします。 生成規則をいじる 今回も構文解析器の生成規則を修正することで、括弧付きの計 ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/4

言語処理系をつくろう(第3回):乗除算を実装する

自作の言語処理系開発日記の第3回です。前回は加減算を実装したので、今回は乗除算の実装にチャレンジしていきます。 目次実装してみる構文解析器 実装してみる 今回の実装において、トークナイザ・コード生成器・実行系(仮想マシン)については加減算のときと変わりません。単純に各種定義を追加して、それを扱えるようにしてあげるだけです。 一方、構文解析器についてはちょっとややこしいので、そこだけ解説します。 構文解析器 加減算では演算の優先順位がなかったので、単純に左結合(=左から順に計算していく)で処理していけばOK ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/2

言語処理系をつくろう(第2回):加減算を実装する

自作の言語処理系開発日記の第2回です。前回は処理系全体の骨格と、数値の読み込みを実装しました。今回は次のステップとして、加減算を扱えるようにしたいと思います。 目次実装してみるトークナイザ構文解析器コード生成器+実行系(仮想マシン) 実装してみる トークナイザ 前回までのトークナイザでは数値しか扱うことができないので、「+」や「-」などの記号をトークン化できるようにします。 まずは、トークン定義を追加します。加算と減算それぞれで追加しても良いのですが、後段の構文解析で特に区別する必要がないので、演算子とい ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/2

言語処理系をつくろう(第1回):数値を読み込む

前回からはじめた自作の言語処理系開発日記の第1回目です。今回から実際のコードを書いていきたいと思います。 前回の記事でも紹介したとおり、全体の構成は以下のような感じです。 今回は、それぞれの仕組みの骨格と簡単な機能の実装を進めていくことにします。 目次今回の目標実装してみるトークナイザ構文解析器コード生成器仮想マシン(実行系)実装コード全体 今回の目標 はじめの1歩として実装するのは、数値の読み込みです。1つの数字を読み込んでそれを実行結果とするだけの機能を実装します。機能としてはシンプルですが、中身自体 ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/1

言語処理系をつくろう(第0回):イントロ編

今回から連載企画として、自作の言語処理系の開発日記を書いていこうと思います。 以前、プログラミング言語もどきとして「particle」というものを作ったのですが、進めていく内に手詰まりになって頓挫してしまいました。 しかし、最近「低レイヤを知りたい人のためのCコンパイラ作成入門」というオンラインブックを見て「作りたい欲」が高まってきたので、あらためて挑戦してみることにしました。 開発過程のコードはGithubでオープンにしていくつもりです。モチベーション維持のためにも、その詳細をこのブログで紹介しながら進 ...

この記事を読む

-C言語, 自作物, プログラミング

© 2020 Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~