C言語 プログラミング

sizeofで変数のサイズを取得するときの注意点

C言語でよく見かける記述「sizeof」。変数のサイズを取得するときに使うものですが、C言語ユーザーなら動的メモリ確保などで一度は見たことがあるはず。

そんなsizeofに関するとっても大事な注意点をふと思い出したので、備忘録としてまとめることにしました。

同じサイズのはずが違うサイズに?

sizeofの注意点が一番わかりやすいのが、こんなプログラムを書いたとき。

このプログラムでは、array1とarray2という配列を同じ大きさ(10バイト分)で確保したあと、両者の大きさをsizeofで取得して表示しているだけです。違うのは配列の確保の仕方だけでarray1は静的に、array2は動的に確保しています。

感覚的にはどちらも同じ大きさになるはずですが、実行結果はこうなります。

size of array1 = 10
size of array2 = 8

どちらも10バイト確保したはずですが、array2の結果が8バイトと出ています。なんだかおかしい気もしますが、実はこれがsizeofの罠だったりします。

sizeofの正体がポイント

sizeofは演算子

先のような結果になってしまう訳は、コンパイラのバグではなくsizeofの正体にあります。

sizeofはコード上では”sizeof(変数)”の形で書くので、関数っぽい見え方になっていますが、実はその正体は「演算子」です。「+」とか「/」とかの仲間ということですね。

C言語の世界では、演算子はコンパイル時にその結果が決まります。つまり、sizeofの結果は実行時に決まるわけではなく、コンパイルの時点ですでに決まっているのです。

確保の仕方で結果も変わる

sizeofが演算子であることを念頭にソースを見返してみると、次のことが言えます。

array1:10バイトを静的に確保 → コンパイル時に10バイト確保
array2:10バイトを動的に確保 → 実行時に10バイト確保

array1はコンパイル時点ですでに10バイトの配列と分かりますが、array2は実行してみるまでサイズが分からないので、あくまでもchar型のポインタ(ただのアドレス)として扱われます。

そのため、sizeofで両者のサイズを取得すると、array1は10バイトで確定ですが、array2はアドレスのサイズ(私の環境では8バイト)となるわけです。

ということで、sizeofが演算子であることを知らずに「サイズを知りたい = sizeof」と覚えてしまうと、思わぬバグを埋め込む危険があるので注意しましょうというお話しでした。

ではでは

関連記事

Linux

2019/10/6

Docker + Growiでイントラ向けWikiを立ち上げる

チーム開発をしていくうえで、課題の1つになるのが情報共有です。チームの歴史が長いと経験値は溜まっていきますが、それらが情報として整理されていないとメンバー交代時などに大きなコストが発生します。 そこで、イントラ向けのナレッジベース(Wiki)を探していたところ、Growiという良さげなOSSを見つけたので、お試し環境を立ち上げてみることにしました。手元の環境はUbuntu18.04ですが、Linuxであれば大体同じような手順になると思います。 目次1 Dockerのインストール2 Growiの準備2.1 ...

この記事を読む

Linux

2019/8/14

カゴヤVPSで自分専用の開発環境を立ち上げてみた

どこからでもアクセスできる自分専用の開発環境が欲しい…。 そんな願いを叶えるべく、VPSのことを調べていたのですが、いままで「なんか難しそう…」と尻込みしていました。しかし、最近は値段も安くて扱いやすいVPSも増えてきたので、この機会に試してみることにしました。 ということで、今回はVPSを契約して最低限の環境を立ち上げるまでの備忘録です。 目次1 VPSについて1.1 VPSって何?1.2 カゴヤのVPSを契約してみた2 手順1:インスタンスを立ち上げる3 手順2:インスタンスにSSH接続する4 手順3 ...

この記事を読む

Windows

2019/5/5

Windows10で不要なブートエントリを削除する

Windowsのブートまわりで少しハマったので覚え書きです。 私のメインPCはWindows10とUbuntuのデュアルブートだったのですが、とある事情でUbuntuを削除しWindowsのみの構成に戻すことにしました。ちなみに、デュアルブート時の環境はこんな感じ(だったはず)。 元に戻したくなったときのことを考え、別HDD(ドライブB)にUbuntuとGRUBを入れ、GRUB経由でWindowsとUbuntuを立ち上げる形にしていました。 そのため、起動ドライブをWindowsのドライブ(ドライブA)に ...

この記事を読む

C言語 プログラミング

2018/12/25

mmapの下処理にftruncate関数を利用する

以前このブログで公開した記事の中に、C言語のmmap関数の使い方についてまとめた記事がありました。 Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~  3 shares 3 users 4 pocketsファイルの読み書きにmmapを使ってみるプログラムのループ中でファイルに何かしらのデータを書き込むとき、そのたびにwriteをしていたのではディスクへのI/Oが頻発してしまい、パフォーマンスに影響することがあります。「C言語だとそんなときはmmapを使うと良い」と ...

この記事を読む

Mac Linux

2018/12/2

Mac mini (2012) にUbuntu18.04をインストールしてみた

今年のアップデートにより、ついに旧型となってしまったMac mini(2012年モデル)。私の自宅にも箱に収められたままひっそりと眠るMac miniがありました。 約6年前のモデルと言うことで、最近のマシンから見ればスペック的に見劣りするPCになってしまいましたが、Linux機として運用するならまだまだ輝けるはず! ということで、今回はMac miniをUbuntu専用マシンとして復活させてみたので、その備忘録です。 目次1 用意するもの2 Ubuntuのインストール3 インストール後のセットアップ3. ...

この記事を読む

-C言語, プログラミング

Copyright© Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~ , 2019 All Rights Reserved.