C言語

ファイルの読み書きにmmapを使ってみる

プログラムのループ中でファイルに何かしらのデータを書き込むとき、そのたびにwriteをしていたのではディスクへのI/Oが頻発してしまい、パフォーマンスに影響することがあります。

「C言語だとそんなときはmmapを使うと良い」という話を聞いたのですが、そのときの私は「mmap?なにそれ(´・ω・)」という状態だったので、ちょっと調べて使ってみることにしました。

mmapとは?

そもそもmmapって何?ということですが、私の浅い理解では「ファイルをメモリ上にマッピングして、そのメモリ上を読み書きすれば良い状態にする」という理解に落ち着きました。確かにこれならディスクへのI/Oを減らすことに利用できそうです。

mmapを使ったread

まずはファイルのreadを試してみます。読み出すファイルとして適当に以下のテキストファイルを作成。

This is test file for using mmap.
mmap is useful for read/write file.

今回はファイルの中身をただはき出すだけのプログラムにしたいと思います。

サンプルプログラム

mmapを使うための作法でちょくちょくつまずきましたが、以下のプログラムで読み出せました。ポイントはマッピングするときのサイズをページサイズの整数倍にすることでしょうか。

実行結果

コンパイル後の実行結果は以下の通り、ちゃんとファイルの中身を読み出せました(・∀・)

$ gcc read_test.c -o read_test
$ ./read_test
This is test file for using mmap.
mmap is useful for read/write file.

mmapを使ったwrite

次はmmapを使ったwriteです。先ほどのテキストと同じ内容のファイルを作ってみたいと思います。

サンプルプログラム

作ったサンプルはこんな感じ。

注意点としては、ファイル作成時に下処理が必要になることと、ファイルの実体に書き込むためにmsyncを呼ぶ必要があるということです。逆に、msyncを呼ぶまではファイルに書き込まれないため、最後に1発だけ呼ぶようにすればディスクへのI/Oを減らせます

実行結果

実行結果はこんな感じ。ちゃんとファイル出力もできました。

$ gcc write_test.c -o write_test
$ ./write_test
$ cat writeFile
This is test file for using mmap.
mmap is useful for read/write file.

まとめ

mmapを初めて使ってみましたが、一度マッピングしてしまえばあとは普通のメモリと同じように扱えるので便利ですね。特にファイルのwriteに関しては処理のオーバーヘッドを減らしたりするのに役立ちそうです。

ではでは

-C言語