RaspberryPi

RaspberryPi2でDockerイメージをビルドしてみる

前回の記事ではラズパイ上でDockerイメージからコンテナを作ってみましたが、今回はDockerイメージそのものをビルドして、オリジナルのDockerイメージを作ってみたいと思います。目標はhttpサーバーのlighttpdを動かせるイメージを作ることにしました。

Dockerfileの準備

Dockerイメージをビルドするには、そのイメージのレシピになるDockerfileを作る必要があります。逆に、Dockerfileさえ作ればそれだけで準備は完了です。

今回作ったDockerfileはこんな感じになりました。このDockerfileの解説は後ほど。

Dockerイメージのビルド

次は、Dockerfileからイメージをビルドします。イメージのビルドには「docker build」コマンドを使います。

今回はカレントディレクトリのDockerfileを使い、「rpi-lighttpd」という名前でイメージをビルドしたいのでこうなります。

ビルドには少し時間がかかるので、のんびり待ちます。ビルド後「docker images」コマンドで確認すると、たしかに「rpi-lighttpd」というイメージが出来ていました。

Dockerイメージの起動

あとは前回と同様、イメージからコンテナを作成して起動します。

コンテナ起動後、ラズパイの80番ポートにアクセスしたときに、以下のようなlighttpdのトップページが表示されれば実験成功です。

なんとか自分でDockerイメージをビルドして動かすことができました(・∀・)

Dockerfileの解説

作成したDockerfileの簡単な解説です。

Dockerfileは命令を羅列する形で記述します。ここで紹介する以外にも色々な命令が用意されていますが、詳しくはDockerのリファレンスを見てみてください。

FROM命令

作成するイメージの元となるイメージを指定します。Dockerは既存のイメージに対して拡張と修正をすることで新しいイメージを作ることができます。この仕組みのおかげで、Dockerfileには差分だけを記述すればよいので、必要最低限の記述で必要なイメージが作れるようになっています。

今回は元イメージとしてラズパイ用のOSである「jsurf/rpi-raspbian」を指定しています。後ろに付いている「latest」はイメージのタグです。この場合は最新版を使うという意味になります。

MAINTAINER命令

Dockerイメージの作者を設定します。特に機能に関わるものではありませんが、イメージの所在を明らかにする意味でもあった方が良さそうです。

RUN命令

おそらく最もよく使われる命令がRUN命令です。指定したコマンドを実行してイメージの中身を触りたいときに使います。コマンド自体はコマンドラインで実行しているものが使えます。

ここでは、パッケージのアップデートとlighttpdのインストールを行っています。&&でつないで1行で書いていますが、それぞれ別々にRUN命令で実行してもOKです。

EXPOSE命令

コンテナがListenするポート番号を設定することができます。コンテナ内のlighttpdで使うために80番ポートをEXPOSEしています。

CMD命令

コンテナが起動したときに実行したいコマンドを指定します。Dockerは仮想環境で特定のアプリケーションを実行する用途で使われることが多いため、CMD命令によりコンテナの起動と同時にそのアプリケーションを起動できるようになっています。

今回はlighttpdを起動させたいので、lighttpdの起動コマンドを設定しています。

まとめ

Dockerfileの書き方さえ覚えてしまえば、既存のイメージをベースに簡単にオリジナルのイメージをビルドできるようになります。

考え方自体はオブジェクト指向の継承に近いので、イメージの階層構造を上手に設計できれば、パッケージ追加などもしやすい仮想環境群を構築できそうです(・∀・)

私自身、もう少し深いところまで勉強して実際に業務に役立てられないか考えてみたいと思います。

ではではノシ

関連記事

日記 自作物

2020/5/14

GitHubのコントリビューション数をグラフ化してみた

先日、ブログのトップページにGitHubの草を表示してみたという記事をあげました。 Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~ブログ内にGithubの草を生やしてみた今回はちょっとした小ネタです。お気づきの方もいるかもしれませんが、PC限定でブログのページ上部にGithubのコントリビューションを表示してみました。俗にいう「草を生やす」というやつです。特に深い意図はありませんが、これがあるだけでぐっと技術系ブログ色が... GitHubの草(コントリビューション)は日々の活動が可視化されるので、個 ...

この記事を読む

RaspberryPi

2020/5/6

Raspberry Pi4上のUbuntu ServerでCPUクロックを制限する方法

Raspberry Pi4は消費電力が大きく発熱がちょっと心配です。そのため、用途によっては意図的にCPUの動作クロックを絞って消費電力と発熱を抑えるという運用もアリかと思います。 CPUクロックの設定方法の多くはRaspbianを例に挙げていますが、Ubuntu Serverでも同じ方法で設定できたので、備忘録として残しておきたいと思います。 動作環境は、 ・Raspberry Pi4本体:モデルB(メモリ4GB) ・OS:Ubuntu Server 20.04 です。 目次CPU状態のチェッククロック ...

この記事を読む

RaspberryPi Linux

2020/5/2

RaspberryPi4でUbuntu Server 20.04を動かしてみた

新しい遊び道具として、RaspberryPi4(ModelB 4GBメモリ)を買いました。 前モデルと比べて大幅に性能アップしているということで、学習用のLinux環境としても実用的なものになりそうです。ということで、今回はRaspbian(ラズパイの標準OS)ではなく、Ubuntu Serverをインストールして使ってみたいと思います(・∀・) 目次OSイメージのダウンロードSDカードにイメージを書き込む初期起動+設定固定IPアドレスを設定する OSイメージのダウンロード まずはUbuntu Serve ...

この記事を読む

日記

2020/5/14

ブログ内にGithubの草を生やしてみた

今回はちょっとした小ネタです。 お気づきの方もいるかもしれませんが、PC限定でブログのページ上部にGithubのコントリビューションを表示してみました。俗にいう「草を生やす」というやつです。 特に深い意図はありませんが、これがあるだけでぐっと技術系ブログ色が強まるので、遊び半分で組み込んでみました。そこまで難しくないので、その方法を紹介しようと思います。 目次生やすだけなら簡単ちょっとひと工夫画像の取得はwget+Cronであとはブログ内に貼るだけ後日談:自分でグラフをつくってみました 生やすだけなら簡単 ...

この記事を読む

Flutter

2020/4/12

【Flutter】リリースチャンネルについて調べてみた

この記事を書いている2020/04/12時点で、FlutterのiOS実機ビルドが以下のようなエラーで通らなくなっています(´・ω・) Building for iOS, but the linked and embedded framework 'App.framework' was built for iOS Simulator. どうやら、最新のXcode11.4とstableチャンネルの組み合わせが原因らしく、Flutterのチャンネルを切り替えてあげればOKとのことでした。 とりあえず、stab ...

この記事を読む

-RaspberryPi

© 2020 Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~