RaspberryPi

RaspberryPi2でDockerイメージをビルドしてみる

前回の記事ではラズパイ上でDockerイメージからコンテナを作ってみましたが、今回はDockerイメージそのものをビルドして、オリジナルのDockerイメージを作ってみたいと思います。目標はhttpサーバーのlighttpdを動かせるイメージを作ることにしました。

Dockerfileの準備

Dockerイメージをビルドするには、そのイメージのレシピになるDockerfileを作る必要があります。逆に、Dockerfileさえ作ればそれだけで準備は完了です。

今回作ったDockerfileはこんな感じになりました。このDockerfileの解説は後ほど。

Dockerイメージのビルド

次は、Dockerfileからイメージをビルドします。イメージのビルドには「docker build」コマンドを使います。

今回はカレントディレクトリのDockerfileを使い、「rpi-lighttpd」という名前でイメージをビルドしたいのでこうなります。

ビルドには少し時間がかかるので、のんびり待ちます。ビルド後「docker images」コマンドで確認すると、たしかに「rpi-lighttpd」というイメージが出来ていました。

Dockerイメージの起動

あとは前回と同様、イメージからコンテナを作成して起動します。

コンテナ起動後、ラズパイの80番ポートにアクセスしたときに、以下のようなlighttpdのトップページが表示されれば実験成功です。

なんとか自分でDockerイメージをビルドして動かすことができました(・∀・)

Dockerfileの解説

作成したDockerfileの簡単な解説です。

Dockerfileは命令を羅列する形で記述します。ここで紹介する以外にも色々な命令が用意されていますが、詳しくはDockerのリファレンスを見てみてください。

FROM命令

作成するイメージの元となるイメージを指定します。Dockerは既存のイメージに対して拡張と修正をすることで新しいイメージを作ることができます。この仕組みのおかげで、Dockerfileには差分だけを記述すればよいので、必要最低限の記述で必要なイメージが作れるようになっています。

今回は元イメージとしてラズパイ用のOSである「jsurf/rpi-raspbian」を指定しています。後ろに付いている「latest」はイメージのタグです。この場合は最新版を使うという意味になります。

MAINTAINER命令

Dockerイメージの作者を設定します。特に機能に関わるものではありませんが、イメージの所在を明らかにする意味でもあった方が良さそうです。

RUN命令

おそらく最もよく使われる命令がRUN命令です。指定したコマンドを実行してイメージの中身を触りたいときに使います。コマンド自体はコマンドラインで実行しているものが使えます。

ここでは、パッケージのアップデートとlighttpdのインストールを行っています。&&でつないで1行で書いていますが、それぞれ別々にRUN命令で実行してもOKです。

EXPOSE命令

コンテナがListenするポート番号を設定することができます。コンテナ内のlighttpdで使うために80番ポートをEXPOSEしています。

CMD命令

コンテナが起動したときに実行したいコマンドを指定します。Dockerは仮想環境で特定のアプリケーションを実行する用途で使われることが多いため、CMD命令によりコンテナの起動と同時にそのアプリケーションを起動できるようになっています。

今回はlighttpdを起動させたいので、lighttpdの起動コマンドを設定しています。

まとめ

Dockerfileの書き方さえ覚えてしまえば、既存のイメージをベースに簡単にオリジナルのイメージをビルドできるようになります。

考え方自体はオブジェクト指向の継承に近いので、イメージの階層構造を上手に設計できれば、パッケージ追加などもしやすい仮想環境群を構築できそうです(・∀・)

私自身、もう少し深いところまで勉強して実際に業務に役立てられないか考えてみたいと思います。

ではではノシ

関連記事

Linux

2019/10/6

Docker + Growiでイントラ向けWikiを立ち上げる

チーム開発をしていくうえで、課題の1つになるのが情報共有です。チームの歴史が長いと経験値は溜まっていきますが、それらが情報として整理されていないとメンバー交代時などに大きなコストが発生します。 そこで、イントラ向けのナレッジベース(Wiki)を探していたところ、Growiという良さげなOSSを見つけたので、お試し環境を立ち上げてみることにしました。手元の環境はUbuntu18.04ですが、Linuxであれば大体同じような手順になると思います。 目次1 Dockerのインストール2 Growiの準備2.1 ...

この記事を読む

Linux

2019/8/14

カゴヤVPSで自分専用の開発環境を立ち上げてみた

どこからでもアクセスできる自分専用の開発環境が欲しい…。 そんな願いを叶えるべく、VPSのことを調べていたのですが、いままで「なんか難しそう…」と尻込みしていました。しかし、最近は値段も安くて扱いやすいVPSも増えてきたので、この機会に試してみることにしました。 ということで、今回はVPSを契約して最低限の環境を立ち上げるまでの備忘録です。 目次1 VPSについて1.1 VPSって何?1.2 カゴヤのVPSを契約してみた2 手順1:インスタンスを立ち上げる3 手順2:インスタンスにSSH接続する4 手順3 ...

この記事を読む

Windows

2019/5/5

Windows10で不要なブートエントリを削除する

Windowsのブートまわりで少しハマったので覚え書きです。 私のメインPCはWindows10とUbuntuのデュアルブートだったのですが、とある事情でUbuntuを削除しWindowsのみの構成に戻すことにしました。ちなみに、デュアルブート時の環境はこんな感じ(だったはず)。 元に戻したくなったときのことを考え、別HDD(ドライブB)にUbuntuとGRUBを入れ、GRUB経由でWindowsとUbuntuを立ち上げる形にしていました。 そのため、起動ドライブをWindowsのドライブ(ドライブA)に ...

この記事を読む

C言語 プログラミング

2018/12/25

mmapの下処理にftruncate関数を利用する

以前このブログで公開した記事の中に、C言語のmmap関数の使い方についてまとめた記事がありました。 Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~  3 shares 3 users 4 pocketsファイルの読み書きにmmapを使ってみるプログラムのループ中でファイルに何かしらのデータを書き込むとき、そのたびにwriteをしていたのではディスクへのI/Oが頻発してしまい、パフォーマンスに影響することがあります。「C言語だとそんなときはmmapを使うと良い」と ...

この記事を読む

Mac Linux

2018/12/2

Mac mini (2012) にUbuntu18.04をインストールしてみた

今年のアップデートにより、ついに旧型となってしまったMac mini(2012年モデル)。私の自宅にも箱に収められたままひっそりと眠るMac miniがありました。 約6年前のモデルと言うことで、最近のマシンから見ればスペック的に見劣りするPCになってしまいましたが、Linux機として運用するならまだまだ輝けるはず! ということで、今回はMac miniをUbuntu専用マシンとして復活させてみたので、その備忘録です。 目次1 用意するもの2 Ubuntuのインストール3 インストール後のセットアップ3. ...

この記事を読む

-RaspberryPi

Copyright© Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~ , 2019 All Rights Reserved.