RaspberryPi

RaspberryPi2でDockerを動かしてみた

2017/10/13

つい最近、お仕事でDockerに触る機会があったのですが、いざ触ってみると面白いということで、さっそく自宅でも動かしてみました。

Dockerはホスト自体が仮想環境だと動かすことができないそうなので、今回は手持ちのRaspberryPi2をホストとして試してみたいと思います。

Dockerって何?

まずDockerって何?という話ですが、一言で言うと仮想化環境の1つです。仮想化といえば、VirtualBoxやVMWareが有名ですが、Dockerはこれらと少し毛色が違います。

VirtualBoxやVMWareは、PCのハードウェアすべてを仮想化することでアプリケーションを実行するため、何でもかんでも仮想化するために多くのリソースを割きます。

一方、Dockerは「コンテナ」と呼ばれる一種のプロセスとしてアプリケーションを実行するので、リソースは少なくて済みます。また、コンテナ内の環境はその中に閉じているので、Docker内のアプリケーションはあたかも別PCの中で動いているように見える、ということらしいです。

ざっくりとはこんな感じですが、こちらのページの解説が図解付きでとってもわかりやすいです。

Docker環境のインストール

まずはラズパイ上にDocker環境を作ります。ホストがラズパイの場合は「docker-hypriot」というものを使う必要があるようです。

デフォルトでは提供されていないパッケージなので、手動でリポジトリの追加をした上でインストールします。

インストールが出来たら、Dockerのサービスを起動します。これで、Docker環境自体は準備完了です。

Dockerイメージのダウンロード

Dockerのサービスが起動できたら、次はその上で動かす仮想環境のイメージ(Dockerイメージ)が必要になります。

Dockerイメージは自分で作ることもできますが、今回はまず動かすことが目的なので、先人が作ってくれたイメージを使います。Dockerにはイメージを配布する公式リポジトリがあり、そこからイメージをダウンロードできます。

busyboxなどのアプリケーションからOSそのものまで、様々なイメージが提供されていますが、ラズパイ用のイメージはまだまだ少ないようです。

そのなかでも、今回はWebサーバーの1つ「nginx」のイメージを使ってみることにします。以下のコマンドでイメージをpullしてきます。

Dockerコンテナの起動

イメージの用意ができたら、コンテナを起動してみます。

まずは事前準備としてtobi312/rpi-nginxのコンテナに必要なファイルをホスト上に用意してあげます。

次に、「docker run」コマンドでコンテナを起動します。

ここでは、80番と443番ポートをポートフォワーディングして、先ほど作成したファイルをコンテナ内にマウントしています。そのため、コンテナ内でnginxが動いていれば、ラズパイ本体の80/443番ポートへのアクセスでページが表示されるはずです。

ちゃんと作成したhtmlが表示されていますね。なんとかラズパイ上でDockerを動かすことができました。

Docker自体に慣れれば、いろんな環境をお手軽に構築できるのでかなり便利そうです。これからも色々と遊んでみたいと思います。

ではではノシ

参考ページ

以下のページを参考にさせていただきました。

-RaspberryPi