RaspberryPi

RaspberryPi2でDockerを動かしてみた

つい最近、お仕事でDockerに触る機会があったのですが、いざ触ってみると面白いということで、さっそく自宅でも動かしてみました。

Dockerはホスト自体が仮想環境だと動かすことができないそうなので、今回は手持ちのRaspberryPi2をホストとして試してみたいと思います。

Dockerって何?

まずDockerって何?という話ですが、一言で言うと仮想化環境の1つです。仮想化といえば、VirtualBoxやVMWareが有名ですが、Dockerはこれらと少し毛色が違います。

VirtualBoxやVMWareは、PCのハードウェアすべてを仮想化することでアプリケーションを実行するため、何でもかんでも仮想化するために多くのリソースを割きます。

一方、Dockerは「コンテナ」と呼ばれる一種のプロセスとしてアプリケーションを実行するので、リソースは少なくて済みます。また、コンテナ内の環境はその中に閉じているので、Docker内のアプリケーションはあたかも別PCの中で動いているように見える、ということらしいです。

ざっくりとはこんな感じですが、こちらのページの解説が図解付きでとってもわかりやすいです。

Docker環境のインストール

まずはラズパイ上にDocker環境を作ります。ホストがラズパイの場合は「docker-hypriot」というものを使う必要があるようです。

デフォルトでは提供されていないパッケージなので、手動でリポジトリの追加をした上でインストールします。

# apt-get install -y apt-transport-https
$ wget -q https://packagecloud.io/gpg.key -O - | sudo apt-key add -
# apt-get update
# apt-get install -y docker-hypriot

インストールが出来たら、Dockerのサービスを起動します。これで、Docker環境自体は準備完了です。

# systemctl start docker

Dockerイメージのダウンロード

Dockerのサービスが起動できたら、次はその上で動かす仮想環境のイメージ(Dockerイメージ)が必要になります。

Dockerイメージは自分で作ることもできますが、今回はまず動かすことが目的なので、先人が作ってくれたイメージを使います。Dockerにはイメージを配布する公式リポジトリがあり、そこからイメージをダウンロードできます。

busyboxなどのアプリケーションからOSそのものまで、様々なイメージが提供されていますが、ラズパイ用のイメージはまだまだ少ないようです。

そのなかでも、今回はWebサーバーの1つ「nginx」のイメージを使ってみることにします。以下のコマンドでイメージをpullしてきます。

# docker pull tobi312/rpi-nginx

Dockerコンテナの起動

イメージの用意ができたら、コンテナを起動してみます。

まずは事前準備としてtobi312/rpi-nginxのコンテナに必要なファイルをホスト上に用意してあげます。

$ mkdir -p /home/ryo/docker/{.ssl,html} && mkdir -p /home/ryo/docker/.config/nginx && touch /home/ryo/docker/.config/nginx/default.conf
$ vi /home/ryo/docker/html/index.html
Hello nginx on docker !

次に、「docker run」コマンドでコンテナを起動します。

# docker run --name nginx -d -p 80:80 -p 443:443 -v /home/ryo/docker/.ssl:/etc/nginx/ssl:ro -v /home/ryo/docker/.config/nginx:/etc/nginx/conf.d:ro -v /home/ryo/docker/html:/var/www/html tobi312/rpi-nginx

ここでは、80番と443番ポートをポートフォワーディングして、先ほど作成したファイルをコンテナ内にマウントしています。そのため、コンテナ内でnginxが動いていれば、ラズパイ本体の80/443番ポートへのアクセスでページが表示されるはずです。

ちゃんと作成したhtmlが表示されていますね。なんとかラズパイ上でDockerを動かすことができました。

Docker自体に慣れれば、いろんな環境をお手軽に構築できるのでかなり便利そうです。これからも色々と遊んでみたいと思います。

ではではノシ

参考ページ

以下のページを参考にさせていただきました。

広告の表示がブロックされています。
広告の表示がブロックされています。

関連記事

Flutter プログラミング

2021/8/2

【Flutter】アプリ内の設定値を実装する方法

アプリ内で独自の設定を作る場合、そのデータを保持する方法を考える必要があります。 SQL、テキストファイルなど選択肢は多々ありますが、shared_preferencesというパッケージを使えば簡単に実装することができます。 Dart packages  1 User 29 Pocketsshared_preferences | Flutter PackageFlutter plugin for reading and writing simple key-value pairs. Wraps ...

この記事を読む

RaspberryPi Linux

2021/4/18

YoctoでRaspberryPi4のイメージをビルドしてみた

昨今、様々なデバイスでLinuxが動くようになっている中、組み込みLinuxのデファクトスタンダードとなりつつあるのが「Yocto」と呼ばれるビルドシステムです。 組み込みの現場ではその名前を聞くことが増えましたが、まだまだ日本ではドキュメントも乏しくイマイチ掴み所がありません。そこで、まずは使ってみようということでRaspberry Pi4のイメージをビルドしてみることにしました。 目次1 Yoctoとは?2 Raspberry Pi4のイメージを作ってみる2.1 下準備2.2 Yocto本体+ラズパイ ...

この記事を読む

C++ 自作物

2021/8/1

言語処理系をつくろう(第7回):比較演算子を実装する

自作の言語処理系開発日記の第7回です。前回までで変数の実装が終わったので、ここからはいよいよ制御構文を実装…と思ったのですが、制御のためには比較演算子を実装する必要がありました。 ということで、今回は比較演算子を実装していきます。基本的には四則演算と変わりないのであまり難しくはありません。 目次1 比較演算子の仕様2 実装してみる2.1 トークナイザ2.2 構文解析器2.3 コード生成器2.4 実行系(仮想マシン) 比較演算子の仕様 比較演算子を実装する前に、その仕様について少し考えておきます。 比較演算 ...

この記事を読む

C++ 自作物

2021/8/1

言語処理系をつくろう(第6回):変数を実装する

自作の言語処理系開発日記、第6回です。 これまでは四則演算など、電卓レベルの機能実装に取り組んでいましたが、いよいよ変数を扱えるようにしていきたいと思います。これでかなりプログラミング言語っぽくなるかも(・∀・) 今回は新しい仕組みを入れたりと、割と修正がごちゃごちゃしてしまったので、うまくまとめきれていません。ごめんなさい…。 目次1 変数の実装について2 実装してみる2.1 トークナイザ2.2 構文解析器2.3 コード生成器2.4 実行系(仮想マシン) 変数の実装について これまでは即値しか扱っていな ...

この記事を読む

C++ 自作物

2021/8/1

言語処理系をつくろう(第5回):連続した式の実行

自作の言語処理系開発日記の第5回です。 前回までで括弧を含んだ四則演算ができるようになりましたが、このままでは単なる電卓止まりです。ということで、今回は複数の式を連続して実行できる仕組みを実装していきたいと思います。 目次1 生成規則を考える2 実装してみる2.1 構文解析器2.2 コード生成 生成規則を考える これまでは入力全体を1つの式として解釈していましたが、今回は式の区切りを定義して複数の式として解釈できるようにします。 C言語だと「;」や「,」が区切り文字として使われますが、開発中の言語(roo ...

この記事を読む

  • このブログの中の人

Ryo Yoneyama

とある会社でソフトウェアエンジニアをしています。技術的な備忘録を中心にまとめてます。ネタがあれば日記も書きます。

-RaspberryPi

© 2021 Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~