RaspberryPi

vsftpdでRaspberryPiへのファイル転送を楽にする

ラズパイは手軽に遊べてとっても楽しいのですが、ファイル転送に手間がかかるのが玉に瑕です。私の場合、ラズパイにはSSHでアクセスしている都合上、ファイル転送もネットワーク経由でしたいものです。

ファイル転送といえばFTPということで、今回はラズパイにFTPサーバーを立ててファイル転送を楽にしてみたいと思います(・∀・)

vsftpdをインストール

ちょっと調べてみたところ、ラズパイで動くFTPサーバーとしては「vsftpd」が有名みたいです。ということで、apt-getコマンドでサクッとインストールします。

$ sudo apt-get install vsftpd

毎回手動で立ち上げるのも面倒なので、ラズパイの起動時にvsftpdも自動起動するようにしてあげます。サービスの自動起動はsystemctlコマンドで設定できます。

$ sudo systemctl enable vsftpd

一度再起動してみて、vsftpdのサービスが立ち上がっていれば(状態がactiveになっていれば)インストールは完了です。

$ systemctl status vsftpd
vsftpd.service - vsftpd FTP server
Loaded: loaded (/lib/systemd/system/vsftpd.service; enabled)
Active: active (running) since Wed 2017-07-26 22:29:44 JST; 48s ago
Process: 714 ExecStartPre=/bin/mkdir -p /var/run/vsftpd/empty (code=exited, status=0/SUCCESS)
Main PID: 724 (vsftpd)
CGroup: /system.slice/vsftpd.service
mq724 /usr/sbin/vsftpd /etc/vsftpd.conf

FTPクライアントから接続してみる

さっそくFTPで接続してみましょう。適当なFTPクライアント(FFFTPとか)でラズパイのアドレスを指定して接続します。ユーザー名とパスワードはラズパイに普段ログインにしているものでOKです。

以下のように、ラズパイ内のファイルが見えれば接続成功です。

ファイル作成を有効にしておく

これで自由にファイル転送ができるようになったかと思いきや、デフォルトの設定だと「Permission denied」のエラーが出てファイルを作成することができません。そこで、vsftpdの設定を一部変更してあげます。

$ sudo vi /etc/vsftpd.conf

変更する項目は「write_enable」です。デフォルトではコメントアウトされているので、それを外して「write_enable=YES」を有効にしてあげます。変更ができたら、vsftpdを再起動して設定を反映させます。

$ sudo systemctl restart vsftpd

これでファイル作成もできるようになりました(・∀・)

他にも色々な設定があるので、用途や目的に応じてお好みの設定に変更するのが良いと思います。具体的な設定項目はRedhatのオンラインマニュアルが参考になりそう。

ということで、ラズパイのファイル転送にお悩みの方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。SSHと組み合わせれば完全にネットワーク経由でラズパイが操作できるので、とても便利ですよ。

ではではノシ

広告の表示がブロックされています。
広告の表示がブロックされています。

関連記事

Flutter プログラミング

2021/8/2

【Flutter】アプリ内の設定値を実装する方法

アプリ内で独自の設定を作る場合、そのデータを保持する方法を考える必要があります。 SQL、テキストファイルなど選択肢は多々ありますが、shared_preferencesというパッケージを使えば簡単に実装することができます。 Dart packages  1 User 29 Pocketsshared_preferences | Flutter PackageFlutter plugin for reading and writing simple key-value pairs. Wraps ...

この記事を読む

RaspberryPi Linux

2021/4/18

YoctoでRaspberryPi4のイメージをビルドしてみた

昨今、様々なデバイスでLinuxが動くようになっている中、組み込みLinuxのデファクトスタンダードとなりつつあるのが「Yocto」と呼ばれるビルドシステムです。 組み込みの現場ではその名前を聞くことが増えましたが、まだまだ日本ではドキュメントも乏しくイマイチ掴み所がありません。そこで、まずは使ってみようということでRaspberry Pi4のイメージをビルドしてみることにしました。 目次1 Yoctoとは?2 Raspberry Pi4のイメージを作ってみる2.1 下準備2.2 Yocto本体+ラズパイ ...

この記事を読む

C++ 自作物

2021/8/1

言語処理系をつくろう(第7回):比較演算子を実装する

自作の言語処理系開発日記の第7回です。前回までで変数の実装が終わったので、ここからはいよいよ制御構文を実装…と思ったのですが、制御のためには比較演算子を実装する必要がありました。 ということで、今回は比較演算子を実装していきます。基本的には四則演算と変わりないのであまり難しくはありません。 目次1 比較演算子の仕様2 実装してみる2.1 トークナイザ2.2 構文解析器2.3 コード生成器2.4 実行系(仮想マシン) 比較演算子の仕様 比較演算子を実装する前に、その仕様について少し考えておきます。 比較演算 ...

この記事を読む

C++ 自作物

2021/8/1

言語処理系をつくろう(第6回):変数を実装する

自作の言語処理系開発日記、第6回です。 これまでは四則演算など、電卓レベルの機能実装に取り組んでいましたが、いよいよ変数を扱えるようにしていきたいと思います。これでかなりプログラミング言語っぽくなるかも(・∀・) 今回は新しい仕組みを入れたりと、割と修正がごちゃごちゃしてしまったので、うまくまとめきれていません。ごめんなさい…。 目次1 変数の実装について2 実装してみる2.1 トークナイザ2.2 構文解析器2.3 コード生成器2.4 実行系(仮想マシン) 変数の実装について これまでは即値しか扱っていな ...

この記事を読む

C++ 自作物

2021/8/1

言語処理系をつくろう(第5回):連続した式の実行

自作の言語処理系開発日記の第5回です。 前回までで括弧を含んだ四則演算ができるようになりましたが、このままでは単なる電卓止まりです。ということで、今回は複数の式を連続して実行できる仕組みを実装していきたいと思います。 目次1 生成規則を考える2 実装してみる2.1 構文解析器2.2 コード生成 生成規則を考える これまでは入力全体を1つの式として解釈していましたが、今回は式の区切りを定義して複数の式として解釈できるようにします。 C言語だと「;」や「,」が区切り文字として使われますが、開発中の言語(roo ...

この記事を読む

  • このブログの中の人

Ryo Yoneyama

とある会社でソフトウェアエンジニアをしています。技術的な備忘録を中心にまとめてます。ネタがあれば日記も書きます。

-RaspberryPi

© 2021 Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~