Windows

Windows10で不要なブートエントリを削除する

Windowsのブートまわりで少しハマったので覚え書きです。

私のメインPCはWindows10とUbuntuのデュアルブートだったのですが、とある事情でUbuntuを削除しWindowsのみの構成に戻すことにしました。ちなみに、デュアルブート時の環境はこんな感じ(だったはず)。

元に戻したくなったときのことを考え、別HDD(ドライブB)にUbuntuとGRUBを入れ、GRUB経由でWindowsとUbuntuを立ち上げる形にしていました。

そのため、起動ドライブをWindowsのドライブ(ドライブA)に変えれば、Windowsだけが起動するはずと思っていたのですが、何やらうまくいきません(´・ω・)

Windowsを起動してもOS選択画面が表示され、WindowsかUbuntuかどちらか選べと出てきます。色々と調べたところ、どうやらBOOTMGRのブートエントリにUbuntuの情報が残っているようです。これでは意味が無いので、不要なブートエントリを削除することにしました。

手順1:ブートエントリのIDを確認する

まずは削除したいブートエントリのIDを確認します。まずは管理者権限でコマンドプロンプトを開き、以下のbcdeditコマンドを実行します。

bcdedit /enum firmware

普通ではこれでUbuntuのブートエントリを確認できるはずなのですが、なぜか私の環境では出てきませんでした…。ということで、表示項目を全項目に広げエントリを探します。さきほどのfirmwareをallに変えて再実行します。

bcdedit /enum all

すると、リアルモードブートセクターという項目にUbuntuのエントリを見つけることができました。

エントリとして表示されている情報の内、identifierの16進数部分(上画像の赤枠)をテキストにコピーして覚えておきます。これがこのブートエントリのIDです。

手順2:ブートエントリを削除する

続いて、先の手順で確認したIDを指定してブートエントリを削除します。これもbcdeditのコマンドでdeleteオプションを指定するだけです。

bcdedit /delete {<手順1で覚えたブートエントリのID>}

下記画像のように、コマンドを実行後「この操作を正しく終了しました」の表示が出ればOKです。

これであとはWindowsを再起動すれば、無事にOS選択画面を経由せずにWindowsが起動できるはずです。今回はアイテムを1つ削除するだけでしたが、2つ以上のアイテムを削除したい場合もこの手順を繰り返せばOKです。

あまりブート周りの仕組みに詳しくないので不安でしたが、なんとか直ってくれて良かったです。お困りの方は参考にと言いたいところですが、お試しの際はあくまでも自己責任でお願いいたしますm(_ _)m

ではではノシ

広告の表示がブロックされています。
広告の表示がブロックされています。

関連記事

C言語 自作物 Linux プログラミング

wordleもどきのCUIアプリをつくってみた

最近、wordleという英単語当てゲームで遊んでいます。シンプルなゲームながら、通勤時間の暇つぶしや友人とのスコア比べなど意外と中毒性があり面白いです。 普通に英単語の勉強にもなるので、もっとたくさん ...

RaspberryPi Linux

Raspberry Pi4+Ubuntu ServerでGitLabを動かしてみる

お仕事でGitLabに触れる機会があったので、学習用に自宅にもGitLabが欲しくなりました。 手元にあるRaspberry Pi4+Dockerならお手軽に立ち上げられるはずと着手したものの、意外と ...

Flutter プログラミング

【Flutter】アプリ内の設定値を実装する方法

アプリ内で独自の設定を作る場合、そのデータを保持する方法を考える必要があります。 SQL、テキストファイルなど選択肢は多々ありますが、shared_preferencesというパッケージを使えば簡単に ...

RaspberryPi Linux

YoctoでRaspberryPi4のイメージをビルドしてみた

昨今、様々なデバイスでLinuxが動くようになっている中、組み込みLinuxのデファクトスタンダードとなりつつあるのが「Yocto」と呼ばれるビルドシステムです。 組み込みの現場ではその名前を聞くこと ...

C++ 自作物

言語処理系をつくろう(第7回):比較演算子を実装する

自作の言語処理系開発日記の第7回です。前回までで変数の実装が終わったので、ここからはいよいよ制御構文を実装…と思ったのですが、制御のためには比較演算子を実装する必要がありました。 ということで、今回は ...

Ryo Yoneyama

とある会社でソフトウェアエンジニアをしています。技術的な備忘録を中心にまとめてます。ネタがあれば日記も書きます。

    -Windows