C言語 プログラミング

mmapの下処理にftruncate関数を利用する

以前このブログで公開した記事の中に、C言語のmmap関数の使い方についてまとめた記事がありました。

そして大変ありがたいことに、この記事を読んでくださった方から1つの質問をいただきました。その質問が次のとおり。

この記事についてなのですが、下処理の部分でlseekとwriteではなくftruncate関数を使うことはできないのでしょうか。

恥ずかしながら、ftruncate関数の存在を知らなかったので即答ができなかったのですが、勉強のためにもあらためて調べてみることにしました。

mmapの下処理について

質問の中にあった「下処理」ですが、これはmmapによるファイル書き込みのサンプルコード中、以下の3行のことです。

これらの処理自体は何者かというと、ファイルの実体を作成する処理になります。lseekで所望のファイルサイズ(map_size)の分だけファイルポインタ(fd)を進め、そこに0を書き込みます。その後にファイルポインタを先頭に戻すことで、指定したサイズ分のファイルができあがるという仕組みです。

ftruncate関数を使ってみる

ここからが本題です。まず、ftruncate関数の説明はこのManページで見ることができます。ポイントを挙げると以下のような感じでしょうか。

  • fd で参照されるファイルを指定したバイトの長さになるように延長する、もしくは切り詰める
  • ファイルオフセットは変更されない
  • ファイルは書き込み用に開いていなければならない

たしかに、この関数なら上述した3行のコードを関数1つで置き換えできそうです。ファイルポインタを進めてデータを書き込む代わりに、ファイルそのものを伸張する形になるかと思います。ということで、さっそく試してみました。下記サンプルコードの23行目が置き換えた部分になります。

このコードを実行した結果、作成されたファイルの中身は以下のようになりました。置き換え前と同じ結果なので特に問題なさそうです。調べている途中、いくつかのサイトでもmmapの下処理にftruncateを使う例が紹介されていたので、割とよく使われる方法なのかもしれません。

This is test file for using mmap.
mmap is useful for read/write file.

処理系次第では動かない?

1点だけ注意が必要かなと感じたのは、ファイルの伸張に対する挙動が処理系によって異なるということです。Manページの記載によると、

XSI 非準拠のシステムの場合、POSIX 標準は ftruncate() に対して length がファイルの長さより長かった場合、エラーを返すかファイルを伸張するかの二つの動作を許容している。

とあります。つまり、処理系によってはファイルの伸張がエラーになる場合があるので、そのときはmmapの下処理にftruncateを使うことができません。

ということで簡単ではありましたが、ftruncate関数によるファイル実体作成の検証でした。mmapと組み合わせて使うときには1つの関数の下処理が済んでしまうので、とても楽でよいですね。大変勉強になりました。あらためて、質問いただきありがとうございました。

ではでは

関連記事

日記 自作物

2020/5/14

GitHubのコントリビューション数をグラフ化してみた

先日、ブログのトップページにGitHubの草を表示してみたという記事をあげました。 Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~ブログ内にGithubの草を生やしてみた今回はちょっとした小ネタです。お気づきの方もいるかもしれませんが、PC限定でブログのページ上部にGithubのコントリビューションを表示してみました。俗にいう「草を生やす」というやつです。特に深い意図はありませんが、これがあるだけでぐっと技術系ブログ色が... GitHubの草(コントリビューション)は日々の活動が可視化されるので、個 ...

この記事を読む

RaspberryPi

2020/5/6

Raspberry Pi4上のUbuntu ServerでCPUクロックを制限する方法

Raspberry Pi4は消費電力が大きく発熱がちょっと心配です。そのため、用途によっては意図的にCPUの動作クロックを絞って消費電力と発熱を抑えるという運用もアリかと思います。 CPUクロックの設定方法の多くはRaspbianを例に挙げていますが、Ubuntu Serverでも同じ方法で設定できたので、備忘録として残しておきたいと思います。 動作環境は、 ・Raspberry Pi4本体:モデルB(メモリ4GB) ・OS:Ubuntu Server 20.04 です。 目次CPU状態のチェッククロック ...

この記事を読む

RaspberryPi Linux

2020/5/2

RaspberryPi4でUbuntu Server 20.04を動かしてみた

新しい遊び道具として、RaspberryPi4(ModelB 4GBメモリ)を買いました。 前モデルと比べて大幅に性能アップしているということで、学習用のLinux環境としても実用的なものになりそうです。ということで、今回はRaspbian(ラズパイの標準OS)ではなく、Ubuntu Serverをインストールして使ってみたいと思います(・∀・) 目次OSイメージのダウンロードSDカードにイメージを書き込む初期起動+設定固定IPアドレスを設定する OSイメージのダウンロード まずはUbuntu Serve ...

この記事を読む

日記

2020/5/14

ブログ内にGithubの草を生やしてみた

今回はちょっとした小ネタです。 お気づきの方もいるかもしれませんが、PC限定でブログのページ上部にGithubのコントリビューションを表示してみました。俗にいう「草を生やす」というやつです。 特に深い意図はありませんが、これがあるだけでぐっと技術系ブログ色が強まるので、遊び半分で組み込んでみました。そこまで難しくないので、その方法を紹介しようと思います。 目次生やすだけなら簡単ちょっとひと工夫画像の取得はwget+Cronであとはブログ内に貼るだけ後日談:自分でグラフをつくってみました 生やすだけなら簡単 ...

この記事を読む

Flutter

2020/4/12

【Flutter】リリースチャンネルについて調べてみた

この記事を書いている2020/04/12時点で、FlutterのiOS実機ビルドが以下のようなエラーで通らなくなっています(´・ω・) Building for iOS, but the linked and embedded framework 'App.framework' was built for iOS Simulator. どうやら、最新のXcode11.4とstableチャンネルの組み合わせが原因らしく、Flutterのチャンネルを切り替えてあげればOKとのことでした。 とりあえず、stab ...

この記事を読む

-C言語, プログラミング

© 2020 Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~