Mac Linux

Mac mini (2012) にUbuntu18.04をインストールしてみた

投稿日:

今年のアップデートにより、ついに旧型となってしまったMac mini(2012年モデル)。私の自宅にも箱に収められたままひっそりと眠るMac miniがありました。

約6年前のモデルと言うことで、最近のマシンから見ればスペック的に見劣りするPCになってしまいましたが、Linux機として運用するならまだまだ輝けるはず!

ということで、今回はMac miniをUbuntu専用マシンとして復活させてみたので、その備忘録です。

用意するもの

用意するものは以下の通りです。インストールDVDは事前にUbuntuのイメージをダウンロードして焼いておきましょう。インストール中は有線機器しか使えないので、純正のキーボードやトラックパッドとは別に、マウスやキーボードを用意する必要があります。

  • Ubuntu18.04のインストールDVD
  • 外付けDVDドライブ
  • 有線マウス
  • 有線キーボード
  • 有線LAN環境

Ubuntuのインストール

Ubuntuのインストール自体は簡単です。インストールDVDを入れた外付けドライブを繋いだ状態で、キーボードの「c」を押したまま再起動します。

しばらくするとUbuntuの画面が現れるので、あとは指示に従ってインストールしていきましょう。Ubuntu専用機として生まれ変わらせるので、MacOSは消してクリーンインストールを選択します。私は余計なパッケージを入れたくなかったので、インストールの種類は最小インストールとしました。(ここはお好みで大丈夫です)

インストール後のセットアップ

ここからは追加のセットアップです。今回はリモート接続で操作できるようにしたいので、それに必要な作業を中心に進めます。

内蔵無線LANの有効化

インストール直後では内蔵無線LANが使えません。そこで、以下のコマンドでドライバをインストールします。再起動後、無線LANが使えるようになるので、ここから先は有線LANが不要になります。

SSHサーバーのインストール

コンソールからのリモート接続の手段として、SSH接続を受け付けられるようにします。以下のコマンド1つで完了です。

XRDPのインストールと設定

SSH接続以外にも、GUIのリモートデスクトップでアクセスした方が便利な場合もあります。そこで、RDPのインストールと設定を行います。まずは以下のコマンドでxrdpをインストールします。

インストール直後では証明書へのアクセス権まわりでエラーが出るので、xrdpから証明書にアクセスできるようにします。

続いて、表示周りの設定です。まずはカーソルの描画に関する設定として、xrdpの設定ファイルを書き換えます。

次に、必要な環境変数を設定しておくために、~/.xsessionrcというファイルを作成しておきます。

最後に、リモートアクセス時のカラープロファイル周りの認証確認を回避するために、policykitの設定ファイルを作成しておきます。

ファイルの中身は以下の通りに記述しておきます。

ファイルが作成できたら、polkitを再起動させておきましょう。

以上で設定は完了です。あとはWindowsのリモートデスクトップからIPアドレスを指定して接続できればOKです。

おまけの作業

リモート接続によるGUI操作もできるようになりましたが、表示された画面にはDockがありません。その上、謎の「thinclient_drives」というドライブがマウントされています(´・ω・)

Dockはやはり表示したいところです。謎のドライブについては実害はないですが、気になるので対策しておきます。

Dockを復活させる

Dockを復活させるには、GNOMEのカスタマイズツールである「gnome-tweak-tool」をインストールします。

インストール後、Extensionの設定でUbuntu Dockを有効化すればOKです。

thinclient_drivesを見えなくする

続いて「thinclient_drives」ですが、これはxrdpにより自動的に作られるものだそうです。今回は隠しフォルダとして作成することで、表から見えなくすることにします。それには、xrdpの設定ファイルを書き換えます。

このうち、「FuseMountName=thinclient_drives」の1行を「FuseMountName=.thinclient_drives」に書き換えて保存すればOKです。

以上の設定を終えた結果が以下の通り。ちゃんとDockも見えるようになりました(・∀・)

ということで、無事にMac miniをLinux機として復活させることができました。もちろん、Appleのサポート対象外の作業なので、試す際にはあくまでも自己責任でお願いします。

もし、自宅で古いMac miniを持て余している方で、手軽なLinux機が欲しい方は試してみてはいかがでしょうか?

ではでは

-Mac, Linux

Copyright© Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~ , 2018 All Rights Reserved.