Mac Linux

Mac mini (2012) にUbuntu18.04をインストールしてみた

今年のアップデートにより、ついに旧型となってしまったMac mini(2012年モデル)。私の自宅にも箱に収められたままひっそりと眠るMac miniがありました。

約6年前のモデルと言うことで、最近のマシンから見ればスペック的に見劣りするPCになってしまいましたが、Linux機として運用するならまだまだ輝けるはず!

ということで、今回はMac miniをUbuntu専用マシンとして復活させてみたので、その備忘録です。

用意するもの

用意するものは以下の通りです。インストールDVDは事前にUbuntuのイメージをダウンロードして焼いておきましょう。インストール中は有線機器しか使えないので、純正のキーボードやトラックパッドとは別に、マウスやキーボードを用意する必要があります。

  • Ubuntu18.04のインストールDVD
  • 外付けDVDドライブ
  • 有線マウス
  • 有線キーボード
  • 有線LAN環境

Ubuntuのインストール

Ubuntuのインストール自体は簡単です。インストールDVDを入れた外付けドライブを繋いだ状態で、キーボードの「c」を押したまま再起動します。

しばらくするとUbuntuの画面が現れるので、あとは指示に従ってインストールしていきましょう。Ubuntu専用機として生まれ変わらせるので、MacOSは消してクリーンインストールを選択します。私は余計なパッケージを入れたくなかったので、インストールの種類は最小インストールとしました。(ここはお好みで大丈夫です)

インストール後のセットアップ

ここからは追加のセットアップです。今回はリモート接続で操作できるようにしたいので、それに必要な作業を中心に進めます。

内蔵無線LANの有効化

インストール直後では内蔵無線LANが使えません。そこで、以下のコマンドでドライバをインストールします。再起動後、無線LANが使えるようになるので、ここから先は有線LANが不要になります。

SSHサーバーのインストール

コンソールからのリモート接続の手段として、SSH接続を受け付けられるようにします。以下のコマンド1つで完了です。

XRDPのインストールと設定

SSH接続以外にも、GUIのリモートデスクトップでアクセスした方が便利な場合もあります。そこで、RDPのインストールと設定を行います。まずは以下のコマンドでxrdpをインストールします。

インストール直後では証明書へのアクセス権まわりでエラーが出るので、xrdpから証明書にアクセスできるようにします。

続いて、表示周りの設定です。まずはカーソルの描画に関する設定として、xrdpの設定ファイルを書き換えます。

次に、必要な環境変数を設定しておくために、~/.xsessionrcというファイルを作成しておきます。

最後に、リモートアクセス時のカラープロファイル周りの認証確認を回避するために、policykitの設定ファイルを作成しておきます。

ファイルの中身は以下の通りに記述しておきます。

ファイルが作成できたら、polkitを再起動させておきましょう。

以上で設定は完了です。あとはWindowsのリモートデスクトップからIPアドレスを指定して接続できればOKです。

おまけの作業

リモート接続によるGUI操作もできるようになりましたが、表示された画面にはDockがありません。その上、謎の「thinclient_drives」というドライブがマウントされています(´・ω・)

Dockはやはり表示したいところです。謎のドライブについては実害はないですが、気になるので対策しておきます。

Dockを復活させる

Dockを復活させるには、GNOMEのカスタマイズツールである「gnome-tweak-tool」をインストールします。

インストール後、Extensionの設定でUbuntu Dockを有効化すればOKです。

thinclient_drivesを見えなくする

続いて「thinclient_drives」ですが、これはxrdpにより自動的に作られるものだそうです。今回は隠しフォルダとして作成することで、表から見えなくすることにします。それには、xrdpの設定ファイルを書き換えます。

このうち、「FuseMountName=thinclient_drives」の1行を「FuseMountName=.thinclient_drives」に書き換えて保存すればOKです。

以上の設定を終えた結果が以下の通り。ちゃんとDockも見えるようになりました(・∀・)

ということで、無事にMac miniをLinux機として復活させることができました。もちろん、Appleのサポート対象外の作業なので、試す際にはあくまでも自己責任でお願いします。

もし、自宅で古いMac miniを持て余している方で、手軽なLinux機が欲しい方は試してみてはいかがでしょうか?

ではでは

関連記事

Linux

2020/3/28

SSHで公開鍵認証を設定する方法

これまでに何度かLinuxでサーバーを立てて遊んだりしていますが、毎回忘れてしまうのがSSHの公開鍵認証の設定方法です。一度設定してしまえば頻繁に触るものでもないので、ついつい忘却の彼方へ消えてしまいます(´・ω・`) この先、毎回調べなおすのも面倒なので、これを機に手順をまとめておくことにしました。ちなみに、サーバー(接続される側)がLinuxの想定です。 目次手順1:クライアント側で鍵ペアを作る手順2:サーバーに公開鍵を設定する手順3:SSHサーバーの設定 手順1:クライアント側で鍵ペアを作る まずは ...

この記事を読む

Flutter

2020/3/10

【Flutter】FutureBuilderで非同期にWidgetを生成する

ここ最近、Flutterでアプリを作ってきてある程度の知識がたまってきたので、徐々にこちらでもアウトプットしていこうと思います。 アプリの機能が複雑になってくると、外部との通信や重たい処理の終了を待ってからWidgetを生成したいときがあります。そんなときはFutureBuilderという仕組みを使うと簡単に非同期でWidgetが生成できます。 目次FutureBuilderの使い方builderについて非同期処理の状態を見る非同期処理の結果を取り出すまとめ参考 FutureBuilderの使い方 Fut ...

この記事を読む

日記 自作物

2020/3/7

FlutterでToDoアプリをつくってみた

最近、Flutterを使ったモバイルアプリの開発にハマっているのですが、前回このブログでも紹介した「SaltyStock」というアプリに続き、新しいアプリをリリースしました(・∀・) App Store‎CotoMemo‎CotoMemoはタブ型のToDoアプリです。仕事からプライベートまで、日々のやるべきこと(Coto)を気軽にメモ(Memo)する感覚で整理することができます。【主な機能】・タブによるタスク管理タブ毎にタスク整理ができるので、このアプリ1つで仕事もプライベートもあら... リリースしたの ...

この記事を読む

日記 自作物

2019/12/22

FlutterでiOS/Androidアプリを作ってみた

2019年の密かな目標の1つとして「スマホアプリを作ってリリースする」というのを掲げていたのですが、なんとか年内に達成することができました(・∀・) どうせ作るならiOS/Android両対応がいい!ということで、FlutterというGoogle製のフレームワークを使いました。開発したのは「SaltyStock」というアプリです。長期保有して塩漬け状態になっている株式銘柄を管理するというかなりニッチなアプリです笑。 「個人的にこういうのあったらいいな」というものを作ることができたので、概ね満足です。もし興 ...

この記事を読む

Linux

2020/3/10

Docker + Growiでイントラ向けWikiを立ち上げる

チーム開発をしていくうえで、課題の1つになるのが情報共有です。チームの歴史が長いと経験値は溜まっていきますが、それらが情報として整理されていないとメンバー交代時などに大きなコストが発生します。 そこで、イントラ向けのナレッジベース(Wiki)を探していたところ、Growiという良さげなOSSを見つけたので、お試し環境を立ち上げてみることにしました。手元の環境はUbuntu18.04ですが、Linuxであれば大体同じような手順になると思います。 目次DockerのインストールGrowiの準備接続ポートの変更 ...

この記事を読む

-Mac, Linux

Copyright© Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~ , 2020 All Rights Reserved.