Mac Linux

Mac mini (2012) にUbuntu18.04をインストールしてみた

今年のアップデートにより、ついに旧型となってしまったMac mini(2012年モデル)。私の自宅にも箱に収められたままひっそりと眠るMac miniがありました。

約6年前のモデルと言うことで、最近のマシンから見ればスペック的に見劣りするPCになってしまいましたが、Linux機として運用するならまだまだ輝けるはず!

ということで、今回はMac miniをUbuntu専用マシンとして復活させてみたので、その備忘録です。

用意するもの

用意するものは以下の通りです。インストールDVDは事前にUbuntuのイメージをダウンロードして焼いておきましょう。インストール中は有線機器しか使えないので、純正のキーボードやトラックパッドとは別に、マウスやキーボードを用意する必要があります。

  • Ubuntu18.04のインストールDVD
  • 外付けDVDドライブ
  • 有線マウス
  • 有線キーボード
  • 有線LAN環境

Ubuntuのインストール

Ubuntuのインストール自体は簡単です。インストールDVDを入れた外付けドライブを繋いだ状態で、キーボードの「c」を押したまま再起動します。

しばらくするとUbuntuの画面が現れるので、あとは指示に従ってインストールしていきましょう。Ubuntu専用機として生まれ変わらせるので、MacOSは消してクリーンインストールを選択します。私は余計なパッケージを入れたくなかったので、インストールの種類は最小インストールとしました。(ここはお好みで大丈夫です)

インストール後のセットアップ

ここからは追加のセットアップです。今回はリモート接続で操作できるようにしたいので、それに必要な作業を中心に進めます。

内蔵無線LANの有効化

インストール直後では内蔵無線LANが使えません。そこで、以下のコマンドでドライバをインストールします。再起動後、無線LANが使えるようになるので、ここから先は有線LANが不要になります。

# ドライバのインストール
$ sudo apt install firmware-b43-installer

# 再起動
$ sudo reboot

SSHサーバーのインストール

コンソールからのリモート接続の手段として、SSH接続を受け付けられるようにします。以下のコマンド1つで完了です。

$ sudo apt install openssh-server

XRDPのインストールと設定

SSH接続以外にも、GUIのリモートデスクトップでアクセスした方が便利な場合もあります。そこで、RDPのインストールと設定を行います。まずは以下のコマンドでxrdpをインストールします。

$ sudo apt install xrdp

インストール直後では証明書へのアクセス権まわりでエラーが出るので、xrdpから証明書にアクセスできるようにします。

$ sudo adduser xrdp ssl-cert

続いて、表示周りの設定です。まずはカーソルの描画に関する設定として、xrdpの設定ファイルを書き換えます。

$ sudo sed -e 's/^new_cursors=true/new_cursors=false/g' -i /etc/xrdp/xrdp.ini
$ sudo systemctl restart xrdp

次に、必要な環境変数を設定しておくために、~/.xsessionrcというファイルを作成しておきます。

$ D=/usr/share/ubuntu:/usr/local/share:/usr/share:/var/lib/snapd/desktop
$ cat <<EOF > ~/.xsessionrc
export GNOME_SHELL_SESSION_MODE=ubuntu
export XDG_CURRENT_DESKTOP=ubuntu:GNOME
export XDG_DATA_DIRS=${D}
export XDG_CONFIG_DIRS=/etc/xdg/xdg-ubuntu:/etc/xdg
EOF

最後に、リモートアクセス時のカラープロファイル周りの認証確認を回避するために、policykitの設定ファイルを作成しておきます。

$ sudo vi /etc/polkit-1/localauthority/50-local.d/45-allow-colord.pkla

ファイルの中身は以下の通りに記述しておきます。

[Allow Colord all Users]
Identity=unix-user:*
Action=org.freedesktop.color-manager.create-device;org.freedesktop.color-manager.create-profile;org.freedesktop.color-manager.delete-device;org.freedesktop.color-manager.delete-profile;org.freedesktop.color-manager.modify-device;org.freedesktop.color-manager.modify-profile
ResultAny=no
ResultInactive=no
ResultActive=yes

ファイルが作成できたら、polkitを再起動させておきましょう。

$ sudo systemctl restart polkit

以上で設定は完了です。あとはWindowsのリモートデスクトップからIPアドレスを指定して接続できればOKです。

おまけの作業

リモート接続によるGUI操作もできるようになりましたが、表示された画面にはDockがありません。その上、謎のthinclient_drivesというドライブがマウントされています(´・ω・)

Dockはやはり表示したいところです。謎のドライブについては実害はないですが、気になるので対策しておきます。

Dockを復活させる

Dockを復活させるには、GNOMEのカスタマイズツールであるgnome-tweak-toolをインストールします。

$ sudo apt install gnome-tweak-tool

インストール後、Extensionの設定でUbuntu Dockを有効化すればOKです。

thinclient_drivesを見えなくする

続いてthinclient_drivesですが、これはxrdpにより自動的に作られるものだそうです。今回は隠しフォルダとして作成することで、表から見えなくすることにします。それには、xrdpの設定ファイルを書き換えます。

$ sudo vi /etc/xrdp/sesman.ini

このうち、FuseMountName=thinclient_drivesの1行をFuseMountName=.thinclient_drivesに書き換えて保存すればOKです。

以上の設定を終えた結果が以下の通り。ちゃんとDockも見えるようになりました(・∀・)

ということで、無事にMac miniをLinux機として復活させることができました。もちろん、Appleのサポート対象外の作業なので、試す際にはあくまでも自己責任でお願いします。

もし、自宅で古いMac miniを持て余している方で、手軽なLinux機が欲しい方は試してみてはいかがでしょうか?

ではでは

関連記事

日記 自作物

2020/5/14

GitHubのコントリビューション数をグラフ化してみた

先日、ブログのトップページにGitHubの草を表示してみたという記事をあげました。 Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~ブログ内にGithubの草を生やしてみた今回はちょっとした小ネタです。お気づきの方もいるかもしれませんが、PC限定でブログのページ上部にGithubのコントリビューションを表示してみました。俗にいう「草を生やす」というやつです。特に深い意図はありませんが、これがあるだけでぐっと技術系ブログ色が... GitHubの草(コントリビューション)は日々の活動が可視化されるので、個 ...

この記事を読む

RaspberryPi

2020/5/6

Raspberry Pi4上のUbuntu ServerでCPUクロックを制限する方法

Raspberry Pi4は消費電力が大きく発熱がちょっと心配です。そのため、用途によっては意図的にCPUの動作クロックを絞って消費電力と発熱を抑えるという運用もアリかと思います。 CPUクロックの設定方法の多くはRaspbianを例に挙げていますが、Ubuntu Serverでも同じ方法で設定できたので、備忘録として残しておきたいと思います。 動作環境は、 ・Raspberry Pi4本体:モデルB(メモリ4GB) ・OS:Ubuntu Server 20.04 です。 目次CPU状態のチェッククロック ...

この記事を読む

RaspberryPi Linux

2020/5/2

RaspberryPi4でUbuntu Server 20.04を動かしてみた

新しい遊び道具として、RaspberryPi4(ModelB 4GBメモリ)を買いました。 前モデルと比べて大幅に性能アップしているということで、学習用のLinux環境としても実用的なものになりそうです。ということで、今回はRaspbian(ラズパイの標準OS)ではなく、Ubuntu Serverをインストールして使ってみたいと思います(・∀・) 目次OSイメージのダウンロードSDカードにイメージを書き込む初期起動+設定固定IPアドレスを設定する OSイメージのダウンロード まずはUbuntu Serve ...

この記事を読む

日記

2020/5/14

ブログ内にGithubの草を生やしてみた

今回はちょっとした小ネタです。 お気づきの方もいるかもしれませんが、PC限定でブログのページ上部にGithubのコントリビューションを表示してみました。俗にいう「草を生やす」というやつです。 特に深い意図はありませんが、これがあるだけでぐっと技術系ブログ色が強まるので、遊び半分で組み込んでみました。そこまで難しくないので、その方法を紹介しようと思います。 目次生やすだけなら簡単ちょっとひと工夫画像の取得はwget+Cronであとはブログ内に貼るだけ後日談:自分でグラフをつくってみました 生やすだけなら簡単 ...

この記事を読む

Flutter

2020/4/12

【Flutter】リリースチャンネルについて調べてみた

この記事を書いている2020/04/12時点で、FlutterのiOS実機ビルドが以下のようなエラーで通らなくなっています(´・ω・) Building for iOS, but the linked and embedded framework 'App.framework' was built for iOS Simulator. どうやら、最新のXcode11.4とstableチャンネルの組み合わせが原因らしく、Flutterのチャンネルを切り替えてあげればOKとのことでした。 とりあえず、stab ...

この記事を読む

-Mac, Linux

© 2020 Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~