Windows

VisualStudio2017+freeglutでOpenGLを使えるようにする

VisualStudio2017でOpenGLを使ってみたかったのですが、ちょっと手順的にややこしいこともあったので、その備忘録です。

freeglutを準備する

OpenGL自体はWindowsに入っているので、ほとんどの場合で新規インストールすることは不要です。ですが、OpenGLはシステムに依存しない実装になっているので、システムに依存した処理(ウインドウへの描画など)をするにはちょっと不便。

そこで、システムに依存する部分を一手に引き受けてくれる便利ライブラリである「freeglut」を使うことにします。

freeglutのダウンロード

freeglutはこちらからダウンロード可能です。2017/11/03現在での最新は3.0.0でした。ちなみに、ダウンロードできるのはtarball形式になっているので、別途解凍ソフト(7-Zip)などを用意してあげましょう。

CMakeのインストール

ダウンロードしたfreeglutはライブラリ本体ではなくソースコードなので、手元でfreeglutをビルドしてあげる必要があります。

今回はCMakeというツールを使うので、こちらからCMake本体をダウンロードして事前にインストールしておきましょう。

freeglutのビルド用にソリューションを作成する

freeglutをビルドするための下準備として、解凍したfreeglutのフォルダ直下に「build」というフォルダを作成しておきます。こうしておくと、ビルド時の成果物をひとまとめにできて後々便利です。

続いて、CMakeを起動したらソースの場所に解凍したfreeglutのパス、成果物の出力先に事前に作成したbuildフォルダを指定し、画面下部の「Configure」ボタンをクリック。

すると、以下のような設定の画面が出てくるので「VisualStudio15 2017」を選択して「Finish」をクリックします。

最後に「Generate」をクリックすれば、VisualStudio2017で開けるソリューションファイルが生成されます。

freeglutをビルドする

ソリューションファイルの作成がうまくいっていれば、buildフォルダの下に「freeglut.sln」ができているはずなので、それをVisualStudioで開きます。

ソリューションが開けたら、「ビルド」→「ソリューションのビルド」からfreeglutをビルドします。このとき、ソリューション構成として「Release」と「Debug」の2種類があるので、その両方でビルドしておくと良いです。

VisualStudioから読み込めばOK

ここまででfreeglutのビルドは完了です。あとは以下の3種類のファイルをVisualStudioのプロジェクトから読み込んで使えばOKです。

ファイル Debug用 Release用
DLL ・build/bin/Debug/freeglutd.dll ・build/bin/Release/freeglut.dll
オブジェクトファイル ・build/lib/Debug/freeglut_staticd.lib
・build/lib/Debug/freeglutd.lib
・build/lib/Release/freeglut_static.lib
・build/lib/Release/freeglut.lib
ヘッダファイル ・include/GL/*.h

作成したライブラリをVisualStudioのプロジェクトから読み込む方法はいくつかありますが「私の場合はこうしてるよ!」というのは、また別の記事でまとめたいと思います。

2017/11/5追記

VisualStudioでの外部ライブラリの利用方法を記事にしました。
記事:VisualStudioで外部ライブラリを読み込めるようにする方法

ではではノシ

関連記事

Linux

2020/3/28

SSHで公開鍵認証を設定する方法

これまでに何度かLinuxでサーバーを立てて遊んだりしていますが、毎回忘れてしまうのがSSHの公開鍵認証の設定方法です。一度設定してしまえば頻繁に触るものでもないので、ついつい忘却の彼方へ消えてしまいます(´・ω・`) この先、毎回調べなおすのも面倒なので、これを機に手順をまとめておくことにしました。ちなみに、サーバー(接続される側)がLinuxの想定です。 目次手順1:クライアント側で鍵ペアを作る手順2:サーバーに公開鍵を設定する手順3:SSHサーバーの設定 手順1:クライアント側で鍵ペアを作る まずは ...

この記事を読む

Flutter

2020/3/10

【Flutter】FutureBuilderで非同期にWidgetを生成する

ここ最近、Flutterでアプリを作ってきてある程度の知識がたまってきたので、徐々にこちらでもアウトプットしていこうと思います。 アプリの機能が複雑になってくると、外部との通信や重たい処理の終了を待ってからWidgetを生成したいときがあります。そんなときはFutureBuilderという仕組みを使うと簡単に非同期でWidgetが生成できます。 目次FutureBuilderの使い方builderについて非同期処理の状態を見る非同期処理の結果を取り出すまとめ参考 FutureBuilderの使い方 Fut ...

この記事を読む

日記 自作物

2020/3/7

FlutterでToDoアプリをつくってみた

最近、Flutterを使ったモバイルアプリの開発にハマっているのですが、前回このブログでも紹介した「SaltyStock」というアプリに続き、新しいアプリをリリースしました(・∀・) App Store‎CotoMemo‎CotoMemoはタブ型のToDoアプリです。仕事からプライベートまで、日々のやるべきこと(Coto)を気軽にメモ(Memo)する感覚で整理することができます。【主な機能】・タブによるタスク管理タブ毎にタスク整理ができるので、このアプリ1つで仕事もプライベートもあら... リリースしたの ...

この記事を読む

日記 自作物

2019/12/22

FlutterでiOS/Androidアプリを作ってみた

2019年の密かな目標の1つとして「スマホアプリを作ってリリースする」というのを掲げていたのですが、なんとか年内に達成することができました(・∀・) どうせ作るならiOS/Android両対応がいい!ということで、FlutterというGoogle製のフレームワークを使いました。開発したのは「SaltyStock」というアプリです。長期保有して塩漬け状態になっている株式銘柄を管理するというかなりニッチなアプリです笑。 「個人的にこういうのあったらいいな」というものを作ることができたので、概ね満足です。もし興 ...

この記事を読む

Linux

2020/3/10

Docker + Growiでイントラ向けWikiを立ち上げる

チーム開発をしていくうえで、課題の1つになるのが情報共有です。チームの歴史が長いと経験値は溜まっていきますが、それらが情報として整理されていないとメンバー交代時などに大きなコストが発生します。 そこで、イントラ向けのナレッジベース(Wiki)を探していたところ、Growiという良さげなOSSを見つけたので、お試し環境を立ち上げてみることにしました。手元の環境はUbuntu18.04ですが、Linuxであれば大体同じような手順になると思います。 目次DockerのインストールGrowiの準備接続ポートの変更 ...

この記事を読む

-Windows

Copyright© Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~ , 2020 All Rights Reserved.