Windows

VisualStudio2017+freeglutでOpenGLを使えるようにする

VisualStudio2017でOpenGLを使ってみたかったのですが、ちょっと手順的にややこしいこともあったので、その備忘録です。

freeglutを準備する

OpenGL自体はWindowsに入っているので、ほとんどの場合で新規インストールすることは不要です。ですが、OpenGLはシステムに依存しない実装になっているので、システムに依存した処理(ウインドウへの描画など)をするにはちょっと不便。

そこで、システムに依存する部分を一手に引き受けてくれる便利ライブラリである「freeglut」を使うことにします。

freeglutのダウンロード

freeglutはこちらからダウンロード可能です。2017/11/03現在での最新は3.0.0でした。ちなみに、ダウンロードできるのはtarball形式になっているので、別途解凍ソフト(7-Zip)などを用意してあげましょう。

CMakeのインストール

ダウンロードしたfreeglutはライブラリ本体ではなくソースコードなので、手元でfreeglutをビルドしてあげる必要があります。

今回はCMakeというツールを使うので、こちらからCMake本体をダウンロードして事前にインストールしておきましょう。

freeglutのビルド用にソリューションを作成する

freeglutをビルドするための下準備として、解凍したfreeglutのフォルダ直下に「build」というフォルダを作成しておきます。こうしておくと、ビルド時の成果物をひとまとめにできて後々便利です。

続いて、CMakeを起動したらソースの場所に解凍したfreeglutのパス、成果物の出力先に事前に作成したbuildフォルダを指定し、画面下部の「Configure」ボタンをクリック。

すると、以下のような設定の画面が出てくるので「VisualStudio15 2017」を選択して「Finish」をクリックします。

最後に「Generate」をクリックすれば、VisualStudio2017で開けるソリューションファイルが生成されます。

freeglutをビルドする

ソリューションファイルの作成がうまくいっていれば、buildフォルダの下に「freeglut.sln」ができているはずなので、それをVisualStudioで開きます。

ソリューションが開けたら、「ビルド」→「ソリューションのビルド」からfreeglutをビルドします。このとき、ソリューション構成として「Release」と「Debug」の2種類があるので、その両方でビルドしておくと良いです。

VisualStudioから読み込めばOK

ここまででfreeglutのビルドは完了です。あとは以下の3種類のファイルをVisualStudioのプロジェクトから読み込んで使えばOKです。

ファイル Debug用 Release用
DLL ・build/bin/Debug/freeglutd.dll ・build/bin/Release/freeglut.dll
オブジェクトファイル ・build/lib/Debug/freeglut_staticd.lib
・build/lib/Debug/freeglutd.lib
・build/lib/Release/freeglut_static.lib
・build/lib/Release/freeglut.lib
ヘッダファイル ・include/GL/*.h

作成したライブラリをVisualStudioのプロジェクトから読み込む方法はいくつかありますが「私の場合はこうしてるよ!」というのは、また別の記事でまとめたいと思います。

2017/11/5追記

VisualStudioでの外部ライブラリの利用方法を記事にしました。
記事:VisualStudioで外部ライブラリを読み込めるようにする方法

ではではノシ

関連記事

Linux

2019/10/6

Docker + Growiでイントラ向けWikiを立ち上げる

チーム開発をしていくうえで、課題の1つになるのが情報共有です。チームの歴史が長いと経験値は溜まっていきますが、それらが情報として整理されていないとメンバー交代時などに大きなコストが発生します。 そこで、イントラ向けのナレッジベース(Wiki)を探していたところ、Growiという良さげなOSSを見つけたので、お試し環境を立ち上げてみることにしました。手元の環境はUbuntu18.04ですが、Linuxであれば大体同じような手順になると思います。 目次1 Dockerのインストール2 Growiの準備2.1 ...

この記事を読む

Linux

2019/8/14

カゴヤVPSで自分専用の開発環境を立ち上げてみた

どこからでもアクセスできる自分専用の開発環境が欲しい…。 そんな願いを叶えるべく、VPSのことを調べていたのですが、いままで「なんか難しそう…」と尻込みしていました。しかし、最近は値段も安くて扱いやすいVPSも増えてきたので、この機会に試してみることにしました。 ということで、今回はVPSを契約して最低限の環境を立ち上げるまでの備忘録です。 目次1 VPSについて1.1 VPSって何?1.2 カゴヤのVPSを契約してみた2 手順1:インスタンスを立ち上げる3 手順2:インスタンスにSSH接続する4 手順3 ...

この記事を読む

Windows

2019/5/5

Windows10で不要なブートエントリを削除する

Windowsのブートまわりで少しハマったので覚え書きです。 私のメインPCはWindows10とUbuntuのデュアルブートだったのですが、とある事情でUbuntuを削除しWindowsのみの構成に戻すことにしました。ちなみに、デュアルブート時の環境はこんな感じ(だったはず)。 元に戻したくなったときのことを考え、別HDD(ドライブB)にUbuntuとGRUBを入れ、GRUB経由でWindowsとUbuntuを立ち上げる形にしていました。 そのため、起動ドライブをWindowsのドライブ(ドライブA)に ...

この記事を読む

C言語 プログラミング

2018/12/25

mmapの下処理にftruncate関数を利用する

以前このブログで公開した記事の中に、C言語のmmap関数の使い方についてまとめた記事がありました。 Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~  3 shares 3 users 4 pocketsファイルの読み書きにmmapを使ってみるプログラムのループ中でファイルに何かしらのデータを書き込むとき、そのたびにwriteをしていたのではディスクへのI/Oが頻発してしまい、パフォーマンスに影響することがあります。「C言語だとそんなときはmmapを使うと良い」と ...

この記事を読む

Mac Linux

2018/12/2

Mac mini (2012) にUbuntu18.04をインストールしてみた

今年のアップデートにより、ついに旧型となってしまったMac mini(2012年モデル)。私の自宅にも箱に収められたままひっそりと眠るMac miniがありました。 約6年前のモデルと言うことで、最近のマシンから見ればスペック的に見劣りするPCになってしまいましたが、Linux機として運用するならまだまだ輝けるはず! ということで、今回はMac miniをUbuntu専用マシンとして復活させてみたので、その備忘録です。 目次1 用意するもの2 Ubuntuのインストール3 インストール後のセットアップ3. ...

この記事を読む

-Windows

Copyright© Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~ , 2019 All Rights Reserved.