C言語 自作物 プログラミング

C言語で超簡単なhttpサーバーを実装してみる

最近、ネットワークプログラミングに興味が出てきたので、その一端に触れるためにHTTPサーバーを実装してみることにしました。

もちろん、有名なサーバーレベルのものは自分では作れるはずもないので、あくまでも自己学習の1つとして簡易的なものを作っていきます。

今回の目標

最初から難しい目標を立てても挫折しそうなので、まずはリクエストに対して「HTTP 200 OK」を返すことだけを目標にします。階段を1段ずつ登っていく感じで「楽しくプログラミング」がモットーです(・∀・)

実装してみた

Google先生をはじめとするいろんな情報に頼って実装してみたのがこちら。今後の開発も考えて、コードはGitHubで管理することにしました。

ソースコード:https://github.com/corgi0901/simple-server

解説

プログラムの簡単な解説です。

1. ソケットを作る

最初に通信のためのソケットを作ります。ソケットというのは通信の口みたいなもので、このソケットを読み書きすることで通信を実現できます。

ちなみに、第1引数の「AF_INET」はIPv4による接続を表し、第2引数の「SOCK_STREAM」はバイトストリーム形式の通信を表しています。

2.ソケットにアドレスを割り当てる

作成したソケットにアドレスを割り当てます。「ソケットに名前を付ける」とイメージすればわかりやすいかも。

割り当てる具体的な情報は、sockaddr_in構造体に定義しておきます。今回はIPv4で8080番ポートを指定しています。アドレスは特に指定しないのでINADDR_ANYです。

3.接続を待ち受ける

bindしたソケットに対してlistenで接続を待ちます。第2引数は接続待ちキューの最大長ですが、今回は適当に5を指定します。

4.接続を受け付ける

接続要求に対してacceptで受け付けます。acceptの戻り値として接続済みのソケットが返ってきます。

このとき、第2引数のclientには接続元のアドレス情報が格納されます。

5.データを書き込む

acceptで受け取ったソケットに対してデータを書き込みます。今回はどんな接続に対しても「HTTP1.1 200 OK」を返しています。

これで、リクエストに対して返事を返すことができます。

実際に通信してみた

作成したサーバープログラムに対してブラウザからリクエストを送り、そのレスポンスを見てみます。

Chromeの開発者ツールで確認したところ、確かに「200 OK」の結果が返せています(・∀・) 何の実用性もないですが、思った通りに動くと嬉しいですね!

わずか50行ほどのソースでサーバープログラムの一端に触れることができました。もう少し実用的なものになるように、今後少しずつ手を入れていきたいと思います。

ではではノシ

関連記事

日記 自作物

2020/5/14

GitHubのコントリビューション数をグラフ化してみた

先日、ブログのトップページにGitHubの草を表示してみたという記事をあげました。 Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~ブログ内にGithubの草を生やしてみた今回はちょっとした小ネタです。お気づきの方もいるかもしれませんが、PC限定でブログのページ上部にGithubのコントリビューションを表示してみました。俗にいう「草を生やす」というやつです。特に深い意図はありませんが、これがあるだけでぐっと技術系ブログ色が... GitHubの草(コントリビューション)は日々の活動が可視化されるので、個 ...

この記事を読む

RaspberryPi

2020/5/6

Raspberry Pi4上のUbuntu ServerでCPUクロックを制限する方法

Raspberry Pi4は消費電力が大きく発熱がちょっと心配です。そのため、用途によっては意図的にCPUの動作クロックを絞って消費電力と発熱を抑えるという運用もアリかと思います。 CPUクロックの設定方法の多くはRaspbianを例に挙げていますが、Ubuntu Serverでも同じ方法で設定できたので、備忘録として残しておきたいと思います。 動作環境は、 ・Raspberry Pi4本体:モデルB(メモリ4GB) ・OS:Ubuntu Server 20.04 です。 目次CPU状態のチェッククロック ...

この記事を読む

RaspberryPi Linux

2020/5/2

RaspberryPi4でUbuntu Server 20.04を動かしてみた

新しい遊び道具として、RaspberryPi4(ModelB 4GBメモリ)を買いました。 前モデルと比べて大幅に性能アップしているということで、学習用のLinux環境としても実用的なものになりそうです。ということで、今回はRaspbian(ラズパイの標準OS)ではなく、Ubuntu Serverをインストールして使ってみたいと思います(・∀・) 目次OSイメージのダウンロードSDカードにイメージを書き込む初期起動+設定固定IPアドレスを設定する OSイメージのダウンロード まずはUbuntu Serve ...

この記事を読む

日記

2020/5/14

ブログ内にGithubの草を生やしてみた

今回はちょっとした小ネタです。 お気づきの方もいるかもしれませんが、PC限定でブログのページ上部にGithubのコントリビューションを表示してみました。俗にいう「草を生やす」というやつです。 特に深い意図はありませんが、これがあるだけでぐっと技術系ブログ色が強まるので、遊び半分で組み込んでみました。そこまで難しくないので、その方法を紹介しようと思います。 目次生やすだけなら簡単ちょっとひと工夫画像の取得はwget+Cronであとはブログ内に貼るだけ後日談:自分でグラフをつくってみました 生やすだけなら簡単 ...

この記事を読む

Flutter

2020/4/12

【Flutter】リリースチャンネルについて調べてみた

この記事を書いている2020/04/12時点で、FlutterのiOS実機ビルドが以下のようなエラーで通らなくなっています(´・ω・) Building for iOS, but the linked and embedded framework 'App.framework' was built for iOS Simulator. どうやら、最新のXcode11.4とstableチャンネルの組み合わせが原因らしく、Flutterのチャンネルを切り替えてあげればOKとのことでした。 とりあえず、stab ...

この記事を読む

-C言語, 自作物, プログラミング

© 2020 Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~