プログラミング

Google Home mini+IFTTTでオリジナルのサービスを作ってみる

ラズパイでGoogle Assistantを体験したことに感動して、Google Home miniを買ってしまいました。まさに未来を体験できるデバイスという感じがしてすごく気に入っています。

Google Home miniだけでも、ラジオを聞いたり天気予報を確認できたりと便利なのですが、IFTTT(イフト)というサービスを使えば自分オリジナルのサービスを作ることができます。うまく使えば文字通りパーソナルアシスタントとして活用できそうということで、早速試してみることにしました(・∀・)

IFTTTって何?

IFTTTとは「If this then that」の略で「コレが起きたらアレをする」を実現してくれるサービスです。つまり、何かのサービスをトリガーにして別のサービスを動かすことができます。

LINEやTwitter、Gmailなど数多くのサービスに対応しており、それらを自由に組み合わせてアプレットとして登録することができます。他の人が作ったアプレットも使うことができるので、それらを見ているだけでも結構楽しいです。

アプレットを作ってみる

サービスの登録

今回は初めてのアプレットとして、Google Home miniとLINEの連携をさせてみたいと思います。まずはアプレットに利用するサービスを登録します。

画面上部のsearchから「Google Assistant」と検索してあげるとGoogleに関連するサービスがずらっと出てきます。Google Home miniと連携するには、この中からGoogle Assistantを選択します。

すると、下画像のようにGoogle Assistantとの接続画面が出てくるので、Connectをクリックして登録します。このとき、Google Home miniに紐付けたGoogleアカウントで認証するようにしましょう。

同じく、LINEについてもサービスの登録をしておきます。LINEについては、サービスの登録後に「LINE Notify」というアカウントが友達に自動で追加されます。IFTTTからの投稿はこのアカウントから届くようです。

新規アプレットの作成

サービスの登録ができたら、「My Applet > New Applet」から新規にアプレットを作成します。

まずはトリガーの設定です。アプレット作成画面の「this」ボタンをクリックして、トリガーとなるサービスにGoogle Assistantを設定します。

すると、以下のような選択肢が表示されますが今回は一番シンプルなトリガーとして「Say a simple phrase」を選択します。

具体的な設定として、今回は「LINEに投稿して」という台詞をトリガーにします。このとき、Google Home miniに話してほしい台詞を登録しておくと、トリガーがかかったときにその台詞を話してくれます。今回は「LINEに投稿しました」という台詞を設定しておきました。

同様に、トリガーを受けたときの動作を「that」ボタンをクリックして設定します。今回はLINEに投稿したいので、サービスからLINEを選択。具体的には「Google Homeからのテスト投稿です」という固定の文字列を投稿するようにしました。

以上でアプレットの作成は完了です。GUIからポチポチ選んでいくだけなので簡単ですね(・∀・)

アプレットを動かしてみる

さっそく作ったアプレットを動かしてみます。Google Home miniに向かって「Ok、Google。LINEに投稿して」と話しかけると…

なんとメッセージが投稿されてきました!ちょっとしたことですが、個人的にはかなり感動です笑。ということでちゃんとアプレットが動いていることを確認できました(・∀・)

まとめ

今回はLINEへの投稿を試してみましたが、他のサービスとの連携も考えてみるとより便利に使えそうです。また、今回のような固定の文字列だけでなく、実際の発話内容を文字列として扱えるような機能もあるようなので、もっと柔軟なサービス作りもできそうですね。

これから勉強して、もっと実用的なアプレットを作ってみたいと思います。

ではではノシ

関連記事

日記 自作物

2020/5/14

GitHubのコントリビューション数をグラフ化してみた

先日、ブログのトップページにGitHubの草を表示してみたという記事をあげました。 Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~ブログ内にGithubの草を生やしてみた今回はちょっとした小ネタです。お気づきの方もいるかもしれませんが、PC限定でブログのページ上部にGithubのコントリビューションを表示してみました。俗にいう「草を生やす」というやつです。特に深い意図はありませんが、これがあるだけでぐっと技術系ブログ色が... GitHubの草(コントリビューション)は日々の活動が可視化されるので、個 ...

この記事を読む

RaspberryPi

2020/5/6

Raspberry Pi4上のUbuntu ServerでCPUクロックを制限する方法

Raspberry Pi4は消費電力が大きく発熱がちょっと心配です。そのため、用途によっては意図的にCPUの動作クロックを絞って消費電力と発熱を抑えるという運用もアリかと思います。 CPUクロックの設定方法の多くはRaspbianを例に挙げていますが、Ubuntu Serverでも同じ方法で設定できたので、備忘録として残しておきたいと思います。 動作環境は、 ・Raspberry Pi4本体:モデルB(メモリ4GB) ・OS:Ubuntu Server 20.04 です。 目次CPU状態のチェッククロック ...

この記事を読む

RaspberryPi Linux

2020/5/2

RaspberryPi4でUbuntu Server 20.04を動かしてみた

新しい遊び道具として、RaspberryPi4(ModelB 4GBメモリ)を買いました。 前モデルと比べて大幅に性能アップしているということで、学習用のLinux環境としても実用的なものになりそうです。ということで、今回はRaspbian(ラズパイの標準OS)ではなく、Ubuntu Serverをインストールして使ってみたいと思います(・∀・) 目次OSイメージのダウンロードSDカードにイメージを書き込む初期起動+設定固定IPアドレスを設定する OSイメージのダウンロード まずはUbuntu Serve ...

この記事を読む

日記

2020/5/14

ブログ内にGithubの草を生やしてみた

今回はちょっとした小ネタです。 お気づきの方もいるかもしれませんが、PC限定でブログのページ上部にGithubのコントリビューションを表示してみました。俗にいう「草を生やす」というやつです。 特に深い意図はありませんが、これがあるだけでぐっと技術系ブログ色が強まるので、遊び半分で組み込んでみました。そこまで難しくないので、その方法を紹介しようと思います。 目次生やすだけなら簡単ちょっとひと工夫画像の取得はwget+Cronであとはブログ内に貼るだけ後日談:自分でグラフをつくってみました 生やすだけなら簡単 ...

この記事を読む

Flutter

2020/4/12

【Flutter】リリースチャンネルについて調べてみた

この記事を書いている2020/04/12時点で、FlutterのiOS実機ビルドが以下のようなエラーで通らなくなっています(´・ω・) Building for iOS, but the linked and embedded framework 'App.framework' was built for iOS Simulator. どうやら、最新のXcode11.4とstableチャンネルの組み合わせが原因らしく、Flutterのチャンネルを切り替えてあげればOKとのことでした。 とりあえず、stab ...

この記事を読む

-プログラミング

© 2020 Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~