RaspberryPi

RaspberryPi3でGoogle Assistantを試してみた

最近流行の音声アシスタントですが、実は専用デバイスを持っていなくてもRaspberryPiがあればお手軽に体験することができます。ということで、今回はRaspberryPiでGoogle Assistantを試してみたので、その体験記録です(・∀・)

ハードウェアの準備

まずはハードウェアの準備をします。ラズパイでGoogle Assistantを体験するためには、音声入力と音声出力の2つができればOKです。今回は下写真のように音声入力としてUSBマイク、出力としてモバイルスピーカーを用意しました。

ラズパイでマイクとスピーカーを使えるようにする方法については以下の記事にまとめているので、よろしければ参考にしてみてください。

Google Assistantのセットアップ

ハードの準備ができたら、続いてGoogle Assistantのセットアップをしていきます。セットアップ手順は公式ページの手順に従えばOKです。

先の手順で音声周りの準備が完了していれば、実際のセットアップは3と4(画像中の赤枠)のみで大丈夫です。途中、Google APIにアクセスするためにGoogleアカウントが必要になるので、持っていない人は用意しておきましょう。

話しかけてみよう!

セットアップができたら、あとはマイクに向かって話しかけるだけです。いまのところ、ラズパイ上で動かせるGoogle Assistantは日本語に非対応なので、英語で話しかける必要があります。

私自身、英語には全く自信がないので認識してくれるか心配でしたが、かなり拙い英語でもちゃんと返事を返してくれました。例えば、

私:「OK,Google. Who are you?」
ラズパイ:「I'm google assistant. I can...」

という風に「OK,Google」のかけ声をトリガーに色々とお話しすることができます。話しかけてから返事を返すまでのスピードもかなり速く、発音も自然なのでかなりビックリしました。まさに未来という感じですね(・∀・)

まとめ

もしラズパイをお持ちで音声アシスタントが気になっている方は、ぜひ試してみると面白いと思います。英語だけなのがちょっと残念ですが、機能の一端に触れるだけであれば十分に楽しめますよ!

かくいう私は、この体験に感動して本家のGoogle Home miniを買ってしまいました。Google Home miniはちゃんと日本語にも対応していますし、外部サービスと組み合わせて面白いことがたくさんできるので、夢も広がりますね(・∀・)

いろいろと触ってみて面白いことができたら、このブログでも紹介したいと思います。

ではではノシ

広告の表示がブロックされています。
広告の表示がブロックされています。

関連記事

C++ 自作物

2020/8/14

言語処理系をつくろう(第7回):比較演算子を実装する

自作の言語処理系開発日記の第7回です。前回までで変数の実装が終わったので、ここからはいよいよ制御構文を実装…と思ったのですが、制御のためには比較演算子を実装する必要がありました。 ということで、今回は比較演算子を実装していきます。基本的には四則演算と変わりないのであまり難しくはありません。 目次1 比較演算子の仕様2 実装してみる2.1 トークナイザ2.2 構文解析器2.3 コード生成器2.4 実行系(仮想マシン) 比較演算子の仕様 比較演算子を実装する前に、その仕様について少し考えておきます。 比較演算 ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/14

言語処理系をつくろう(第6回):変数を実装する

自作の言語処理系開発日記、第6回です。 これまでは四則演算など、電卓レベルの機能実装に取り組んでいましたが、いよいよ変数を扱えるようにしていきたいと思います。これでかなりプログラミング言語っぽくなるかも(・∀・) 今回は新しい仕組みを入れたりと、割と修正がごちゃごちゃしてしまったので、うまくまとめきれていません。ごめんなさい…。 目次1 変数の実装について2 実装してみる2.1 トークナイザ2.2 構文解析器2.3 コード生成器2.4 実行系(仮想マシン) 変数の実装について これまでは即値しか扱っていな ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/14

言語処理系をつくろう(第5回):連続した式の実行

自作の言語処理系開発日記の第5回です。 前回までで括弧を含んだ四則演算ができるようになりましたが、このままでは単なる電卓止まりです。ということで、今回は複数の式を連続して実行できる仕組みを実装していきたいと思います。 目次1 生成規則を考える2 実装してみる2.1 構文解析器2.2 コード生成 生成規則を考える これまでは入力全体を1つの式として解釈していましたが、今回は式の区切りを定義して複数の式として解釈できるようにします。 C言語だと「;」や「,」が区切り文字として使われますが、開発中の言語(roo ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/14

言語処理系をつくろう(第4回):括弧付き計算と単項演算子

自作の言語処理系開発日記の第4回です。前回までで乗除算を実装できたので、この調子でもう少し複雑な計算に対応したいと思います。今回はそれぞれの実装が少ないので、一気に2つのステップを進めます。 目次1 括弧を含む計算1.1 生成規則をいじる2 単項演算子(+と-)2.1 生成規則をいじる 括弧を含む計算 これまでの実装では、乗除算は必ず加減算に先立って実行されます。しかし、それでは不十分なので、括弧を含む計算(例:(1+2)*3)を実行できるようにします。 生成規則をいじる 今回も構文解析器の生成規則を修正 ...

この記事を読む

C++ 自作物

2020/8/14

言語処理系をつくろう(第3回):乗除算を実装する

自作の言語処理系開発日記の第3回です。前回は加減算を実装したので、今回は乗除算の実装にチャレンジしていきます。 目次1 実装してみる1.1 構文解析器 実装してみる 今回の実装において、トークナイザ・コード生成器・実行系(仮想マシン)については加減算のときと変わりません。単純に各種定義を追加して、それを扱えるようにしてあげるだけです。 一方、構文解析器についてはちょっとややこしいので、そこだけ解説します。 構文解析器 加減算では演算の優先順位がなかったので、単純に左結合(=左から順に計算していく)で処理し ...

この記事を読む

-RaspberryPi

© 2020 Corgi Lab. ~備忘録のための技術ブログ~